2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013/10/31

コワーキングスペース初体験

1
昨日は日帰り東京出張。

アポイントは昼からだったので、午前中
コワーキングスペースなるものを
初体験してきました。→コワーキングスペースとは


せっかくなので、人気一番と言われるPoRTALという
場所に訪れたのですが、、→→→コチラ



まあーーーー、オシャレ、オシャレ至れり尽くせり!!!

古いビルをワンフロアすべて使って、写真のような
カフェっぽい空間なのに、ちゃんとした仕事場という
夢のような場所でした。



そんなもん、会社で仕事するのと変わらんじゃん、と
おっしゃる向きもあるでしょうが、受験生がスタバや
図書館行くように「独りでやるより他人がいた方が
集中出来る」という不思議モードが人間誰しもあります。

さらに壁一面がホワイトボードだったり、プロジェクター付き
オシャレ会議室もあるので、フリーで仕事してる人なら
お客様を招くことも出来て、実戦的。


ふだん出張に行くとコーヒーショップかファミレス
パソコン広げることになりますが、肩身の狭さも無いし
雑然としたうるささも無いのでゴクラク♪


Image1
ボクが陣取った広〜いテーブル。
二時間くらいいましたが、かなり進みました(^o^)





3
時間貸しという意味では漫画喫茶やネットカフェも同じですが
このPoTALさんでは、キッチンを借りてコーヒーを淹れたり
冷蔵庫から勝手に飲み物飲めるようになります。

「飲み物代はどうすればいいですか?」と聞いたら
こちらに入れておいてくださいと、貯金箱が置いてあるだけ。

つまり利用者同士が善意を持ち合って共有するという
ゆる〜〜い一体感があるので、なにか盗られるような不安感も、
オマエ誰、みたいな排他的空気もありません。


東京出張の多い開発部メンバーにも早速教えようかと
思いましたが、席についての電話はNGなのでウチの
メンバーには不向き(^_^;)

時間無制限の3回トライアルが、なんと1050円だし
会員になってもお安い設定なので
次回出張時もぜひ使わせてもらいます。



2013/10/30

油断禁物!

1
開発部の連中にはいつも
「iPhone・iPad・MacBookは絶対壊すな盗まれるな」
「トイレに行くときは胸ポケット押さえて落下防止」
「車内放置絶対禁止。電車内でトイレや電話かける時も
カバンに収納して持ち歩け」と厳命してあります。

モノとして盗難・破損ももったいないのですが
お客様の情報が入ったものに万が一があったらと思うと
「絶対にあってはならない」ことなので
厳しく厳しく言い続けています。。が。。。。


昨日、事務所内でトイレに行こうと歩きつつ
階段の踊り場で靴紐がほどけていることに気づき
うっかりしゃがんだ瞬間。。。。



「カツーン」



「カツーン」



と、2〜3回バウンドしながら愛用のiPodが
階段の下までスローモーション映像で落下していきました(^_^;)


そのときイヤホンを差して音楽を聴いていたのですが、
イヤホンジャックで止まる様子もなく
あっさり胸ポケットから抜けていきました。


幸い動くことは動くし、音楽だけしか使わないので
戒めのために看板用のラミネートフィルムで
応急修理したまま使い続けることにします。

ホント、事故は一瞬の油断で起きます。
用心、用心!ふだんネチネチ言ってるだけに深く反省!

2013/10/29

おりょ

5
おりょ。チワワじゃないですか。。




4
おりょりょりょ、後ろのヒゲ面は。。。。





3
話が長くなるので書けませんが、親類の家で
飼えなくなったチワワを飼う事になりました(^_^;)





2
日曜日から数えて三日目。

慣れない環境で疲れ果て、見ず知らずのボクの
ヒザでようやく眠るようになりました。

正直なんだかなー的感はありますが、
この子に理不尽させるようなことは
できないのでヨシダ家、GRIT!のアイドルとして
大切にしてやろうと思います。

名は文太と言います。
どうぞよろしくお願いします(^o^)

2013/10/28

なんてこったいJR

Photo
今日はイシカワ&木村の両手に花!、、状態で神戸まで。

お客様先ではうまくいったのですが、この切符が10月中旬から大迷惑。

今までJR東海のカードを持っていれば、パソコンやケータイから
予約が出来、駅で切符を受け取って改札へ、という流れができてました。


ところが、今月中旬から「カードで特急券は買えますが、乗車券は買えません」
と、なんとも不可解な措置が施されることに。。。

JRのクレジットカード+ICチップを埋め込んだカードも
併せ持てば乗車券も買えるのですが、それで買えるのは一人分。

今日のように複数で行動するときは、特急券だけ手配しておき
乗車券は窓口か券売機で買わなければならないようです(>_<)

なんでこんな改悪を今ごろ行うのか、
声を上げてくれるマスコミは無いものか、
なにか打てる手はないものか、
新幹線という、他に変わるモノのない
独占企業の悪行にイラつく
出張族なのであります。

せめて理由だけでも教えて!

2013/10/27

神の子

Photo
何年かぶりでプロ野球をナマのテレビ放送で見ました。


いやはや凄いですね、マーくん。

ホントに鳥肌立ちました。

巨人の精緻な野球にも魅了されましたが
今回ばかりは東北楽天がペナントを勝ち得て欲しいと
日本中が思ってますから巨人にはいい勝負をしてもらいつつ
空気を読んで欲しいところです(^o^)。

2013/10/25

3
毎朝の散歩は6時頃ですが、だんだん夜明けが遅くなってきました。

今週からついにフリースを着ています。




1
家に帰ればトマト&ホウレンソウのジュースを
「不味い〜」と一気飲みしてから新聞チェック。

こんなに規則正しく生活し、野菜もビタミンもきちんと
取ってるのに風邪をひくとは。。。

たるんどる!としか言えませんね。
すっかり回復したので、今日も張り切って参ります。

2013/10/24

風邪引きたがり?

Photo
はい〜〜、今年1回目の風邪ひきましたー。

世の中、大半の社長さんは気合い十分で、風邪引かないと
おっしゃられる方が多いんですが、ワタクシの場合は
家族から「風邪ひきたがってるんじゃない?(^o^)」と
バカにされるほど、ちょっと調子が悪いと熱を測り
「ほら見ろ37度もあるぞ」と大騒ぎして一冬に3回くらい
お医者さんのお世話になります。

幸い今回は、寝込むほどではなくマスクして
もう回復していますが、みなさん風邪を引いたら
なんとか治そうと民間薬で治そうと粘らず
素直にお医者さんにいきましょう。

さあ今日も一日がんばろー

2013/10/23

取り残されたアーリーアダプター

20131023_105204じゃじゃーん、iPadが薄くなりました〜〜



20131023_105127
じゃじゃじゃ〜ん、iPad miniがレティナになりました〜〜




20131023_105300
じゃじゃじゃじゃ〜〜ん、MacBook Proも電池長持ちになりました〜。




どれもこれもnot badな商品です。個人的にはMacBookProの行方が
気になっていましたが、ついにハードディスクを無くしてしまい
容量を1TBにしようとすると30万円弱ってことになるので、御縁がなくなりました(-_-)


ネット上では「Apple終わった」「つまらん」という記述を見ます。
自分的にもそう思います。

それでもマーケティング的、商売的にはアリ、なんだろうなと思います。

Innovator_theory
イノベーター理論というのが、マーケティングでは良く知られた理屈ですが、
今までのAppleは左から二つ、イノベーターとアーリーアダプターに
狙いを定めて「変革を!」「革新を!」と躍進してきました。

イノベーターは作り手。アーリーアダプターはボクのような新しモノ好きです。

値段もへったくれもなくJobsがポケットから出すモノに熱狂してきました。



ところが、スマホとタブレットではGoogle&サムスンその他の連合軍が
価格の安さでマジョリティを、ごっそり取っています(儲かってるかどうかは別に)


そして一般的に人口の4割、つまりイノベーター+アーリーアダプター
+アーリーマジョリティの左寄りの人が、買うような商品やサービスは
「キャズムを越えた」とされて普及化していきます。



スマホもタブレットもアッという間にキャズム越えをして、一番大きな市場
のシェア獲り合戦になりました。(ラガードの人は押しても引いても買わない人々)




ここで今取り残されちゃったのがアーリーアダプター層。

昔は身の回りの人に自慢するだけで満足していたのが
今はこうしてブログやSNSで世にさらしてナンボの世界になってるので
「俺を満足させろや〜〜」と怨嗟の声が渦巻きます。




渦巻きますが、所詮数的にはマイナーなので、
Appleの商売的にはマジョリティを獲りにいく戦略が正解なのでしょう。


グダグダと書き連ねても、アーリーアダプター魂は満足できないので
なにかしら仕込んでるはずの「次こそ」期待しましょう。

2013/10/22

ふつうの朝のありがたみ

R0001358
自転車で会社に出ると、陽ざしも温度もにおいも
肌に触れる風も、ダイレクトに伝わります。








R0001374
なんてことない、ふつうの朝なのですが
「なんてことない」と思える朝を
迎えられるありがたみを
しみじみ感じています。

2013/10/21

お久しぶり!

Photo
ということで、何年ぶりかでカメラのフィルムを買ってみました。

なにか期待して「フィルムカメラ道再開!」と意気込むワケでもなく
気まぐれで数本だけ買ったので、これが生涯最後になるかもしれません。

フィルムを通すカメラは一頃個人的に大フィーバーしたロシア製カメラLOMO

インターネットの普及と、先代犬Halの成長と、カメラ熱が相まって
まあそりゃあ、常軌を逸する撮り方してて、ついには犬友だちを
全国から集め、LOMOで撮ったグループ展なんぞ開催したことも
いい思い出です。

当時費やした現像代を考えれば、「また買ったのシャチョー」と
揶揄されるデジカメなんて充電だけなので、屁のカッパ程度(^_^;)

今はクロスプロセスという言い方でiPhoneやデジカメの
フィルターとして誰でも風変わりな写真撮れますが、
「ポジフィルムのネガ焼き」と指定して、現像が上がるまで
どう仕上がるかわからない楽しみは格別でした。

今朝の散歩で一本撮ってみました。
お久しぶりのフィルムはどう仕上がるんでしょうか。
楽しみです。

2013/10/20

前撮り

Photo_4
昨日は朝からムスメに付き添って成人式の前撮り(親バカ丸出し過ぎ(^_^;)



着付けが終わった後20分くらいであれこれ撮影してもらったのですが
さすがに毎日撮影されてるだけあって、流れも演出も素人から如何に
表情を引き出すかも、プロのカメラマンらしく上手に撮られてて大変
勉強になりました。


ふだん、GRIT!で撮影するときは車にスタッフが映り込むのを防ぐため
「黒のシャツを着ろ」と指示してあります。でもこうやって人物撮影するときは
スタッフ自身をレフ板役として光を回すように白を着るのが基本です。

でもタテ位置写真を撮るとき、このカメラマンさんは右手が下、
つまりシャッター押す手でカメラも支えていたので、ボクとは逆です。

どちらが正解かは知らないし、場合によっては自分も右手下の
タテ位置撮りをすることもあるので、どうでもいいのですが、ついつい
そういうイヤラしい見方でアレコレとチェックしてしまうのでありました。



ムスメですか?
そりゃあもう可愛くてかわいくて。。(以下親バカ過ぎるので自粛(^o^))

2013/10/18

送別会

Image
今日は土屋くんの送別会。( 写真まんなか)

会社的にはせっかくいろいろ覚えてきて重要な戦力だし
これからという時期なので非常に痛いのだけれど
土屋くん自身の夢をつかむためということで
巣立っていくのを受け入れました。

GRIT!にいろんな人が入って辞めていきます。

輪郭だけ見ると離職率がどうのこうのという
話しになるし、実際のところ心折れて去る人もいます。

それでも辞めてから、ずーっと連絡を保ち続けたり、
仕事をしてもらえたり、なにかしら頼ってくれる
人もかなり多いので必ずしも辞めるイコール『悪』ではないな
とも思います。

新しい仲間も来月には増えるでしょう。

ありがとう、土屋くん。頑張れよ!

Image_2
まだまだちっぽけな会社ですが、熱気と結束力はすごいです。


2013/10/17

アウェーで弱い!?

Image
今日は朝から横浜まで行き、
連泊出張の松浦に拾ってもらい、お客様と打ち合わせ。

そこからレンタカーで千葉まで行って打ち合わせ。

終わって松浦に最寄り駅で降ろしてもらい東京駅まで戻って打ち合わせ。


やってることは電車に乗って話しして、クルマに乗って
松浦とバカ話しに花を咲かせて、お客様と
話しして電車に乗ってまた話しして。

たったこれだけのことなのに、
なんでこんなに疲れるの?というくらいヘトヘト。

開発部のメンバーは毎日よくがんばるなあと
正直思います。

シャチョーでありながら、日帰り出張ごときで
疲れるとは何事かと喝を入れなきゃなりません。


でもアウェーって、それくらい大変なことも
確かです。

大変と言いつつ初めての人と名刺交換して
数十分で共に見える未来が同じ視界になるのが
めちゃくちゃ楽しいんですけどね(^.^)

2013/10/16

前を歩いてみよう

Photo
昨日のようにスタッフ数人と移動したり、
飲み会会場まで行くときなど、ここ何年かで
変化したことがある。

それは、いつもボク一人でポツーンと先頭を歩く現象。

最初のころは振り返ったり、寂しかったり(^_^;)したけど
最近は慣れっこなので、目的地まで考え事しながら歩く。

ある意味、そのスジの親分さんみたい、でもある。


昔は、自分もたぶんそうしていた。

後ろを歩くスタッフにも特にそうしている意識はないはず。
(もちろんシャチョーが怖いから横に並べない人もいるでしょ(^_^;)

先頭を歩くシャチョーの後頭部との距離感をそれぞれに
保ってるだけなんだと思う。



で、わずか数百メートル歩くだけで、数分の開きが出る。
それも役職や、その時の勢いなどで無意識的に
序列のように間隔が空くのだと推測。






なので最近は最後部の人が見失わないように
そういう日は派手目のシャツを着てみたり
人混みのぬい方も後ろを意識してみたり。。。。


シャチョーは、先頭を進むことが当たり前なのだけれど
いつか誰かボクを追い越してエレベーターのボタンを押すなり
ドアを開けるなりできるヤツが出てこないかな、と無いものねだり。
(もちろん自分がそうして欲しいわけでなく、職業人としての意欲を
どこまで気を張って行動するか、という自覚の問題)



人の群れから抜け出るヤツとは、高級品流行品を身につけると
いうことではなく、言うことやることが一流で有り続けることが
大切なのです。

ボクでまだ、おならレベルですから、、ね(^_^;)
みんながんばってみよう!

2013/10/15

もういっちょ良い会社に

Image
今日は、古くからの幹部メンバーで
東京まで『経営計画の作り方』というセミナーに参加。


お金も時間もかかりますが、今の忙しさのまま
その日暮らしを続けても、遠くない未来に行き詰まる
だろうなと思うし、今与えていただいてるチャンスを
キッチリ結果にしてお返しするために、
GRIT!がより良い会社になることが必須です。


シンプルに言うと、シャチョーが吠えてるだけでは
あかん、という頃合いにさしかかってきた。
ということです。

今日学んだことを年明けには発表します。


2013/10/14

転がりたがり

R0001292
昔話です。

学生の頃、最初に住んだのは家賃18000円六畳の下宿で
流しはあるものの共同風呂で、電話は大家さんが
「ヨシダさ〜ん」と取り次いでくれてました。

そのあと、写真のようなアパートに引越し
六畳+三畳+三畳キッチンの風呂付きに出世しました。




そこから、オトコ二人でお金持ちマンションをコネで借りて
シェアしたり、公団に住んだり、先輩のマンションに転がり込んだり
居酒屋に住み込んだりと、ろくでもない荒れ果てた生活をしていました。

その後も犬を飼うため借家に住んだら、犬が家中の柱と壁を
囓りまくって「建て直せ」と言われるかとビビってみたり。。
(結局優しい大家さんで、柱を化粧巻きすることで許してくれました)

およそ経済的にも心の安定も無かった人生を過ごしてきました。



今でこそ、「広いね〜」と言ってもらえるほどの家に
住まわせてもらってますが、ハタチ前から20年ほど
転がり続けてきたためか、独立した洗面所があって
蛇口からお湯が出るということが、夢ではないかと
今でも心から思います。

逆な言い方をすると、「あの頃」でも十分だったので
いっそ身を持ち崩したろかいとヤケに思うことも時にあります。


転がる石にコケむさずと言いますが、転がったほうがいいのか
「こぉうけぇーのぉ−、むぅうーすぅーまぁあでぇー」と
コケが根付くほど、どっしりしたほうがいいのか
アッチへ行ったりコッチへ行ったりの人生ですね。


(特に深い意味はありませんので、みなさまご安心を(^_^)v)

2013/10/13

美学

R0001288
自転車通勤するとき通る車屋さん。

盗難防止のためか、ビッシリギッチリくっつけて停車してあります。

なにも、ここまでこだわらなくても、、と思います。

でも他人の目から見たらどうでもよいことを、
頑なに守り続けることで生まれる成果もあります。

美学と言えばいいのか、流儀と言えばいいのか
わかりませんが、会社という生き物が生き残るために
大切なことだと信じています。


ウチの会社にも「絶対、シャチョーが譲らない」という
理屈を越えたモノがイロイロあるので、それを腹に
飲み込めない人は、ギャップに苦しみます。

それでも、絶対譲りませんので悪しからず(^_^)v




2013/10/12

恋の季節?

R0001229
暑さが終わったせいか、発情期のご近所さんが多いのか
最近のLeo”福”は、散歩でやたらに臭い取りに執着します。

「もう行くよ」とやさしく言おうが引っ張ろうが
どこ吹く風で鼻が埋まりそうなくらい嗅ぎ続けます。

まあ一日、たった2回のレジャータイムなので
できるだけつきあってやりたいとは思いますが、
あんまり仕事をサボると顰蹙を買うので、強引に引きはがします。
        (すごい漢字ですね、ヒンシュク(^_^;)

R0001238
タッタッタッタッとリズムのある早足が、飼い主的には
考え事に一番いいんですけどね。

2013/10/11

自転車の自は自由の自

R0001172
あれこれあって、今週はちょっと乗れてませんが
引き続き自転車「イイね!」は続いています。




R0001177
走る,止まる、曲がる、すべてがクルマより気楽です。

自由に転がせる車が、自転車なんだなーとスイスイ走れます。

電車に乗せられるバッグ買って、片道自転車旅行でも
行こうかしらんと思います。

2013/10/10

ためらう間は無い

R0001252_2
遠来より友来る。

という言葉がありますが、遠来過ぎるやろ〜の
なんとカナダから、犬友だちで、元スタッフで、ヨシダ夫婦ともども
仲の良い女性が、二泊三日で遊びに来てくれました。

「美味しい日本食が食べたい」というので、ふだんなかなか
行けないお気に入りの店へランチしてきました。

一品一品奥深い味を堪能し「はぁ〜満足」と店を後にしたのですが
店主の名前が変わっていたので、「?」と思いつつ
帰ってからHPを見たら、なんと店主さんが今年の3月に
お亡くなりになっていました。

今回遊びに来た友人が日本食と言わなければ
きっと今年行かなかったもしれず、ひょっとしたら
店も無くなっていたかもしれません。

その友人の人となりが猪突猛進型の生き方で
あらゆるハードルを乗り越えてカナダで永住権を取るくらいの
生き方をしてるので、それに引きずられて行った感があります。


「どうしようかな〜」
「やれたらいいな〜」
「でもな〜〜」

と、誰しも時間やお金、家族や職場の環境に縛られつつ
本当ならやりたいことから流されることがいっぱいあると思います。

でも、人との出会いやチャンスは二度と巡ってきません。

亡くなられた店主さんの無念であろう想いや、
友人の障害をヘともしない生き様を見て
「ためらう間は無いな」と改めて下っ腹にチカラが入りました。


※ただ美味しいだけでなく、料理って人柄が表れるんだな、と
 思わせてもらえる素晴らしい店なのでぜひどうぞ→コチラ
 (店主さんのブログ見てください)









2013/10/09

マーケティングとは

5
犬の散歩中、家の近所で見つけたシャア専用モデル。
(なにそれ?という方は>>コチラ

赤じゃないのね。と、コレ買う人が近所にいたことが正直不思議。

商売人なら体系的に学ぶか現場で叩き上げるかは別にして
避けては通れない、「マーケティング」

マーケティングって日本語に訳すと何?と問うと、たいてい
「市場調査、・・?」「市場分析、・・・?」と曖昧な答えで帰ってきます。


ひとくくりで示せる日本語としては統一されてません。

ボクの中でマーケティングとは「売れる仕組み作り」という言葉です。

ちょっと前まで「売る仕組み」だと思ってました。


でも「売る」と「売れる」は、大きく違います。

「売る」というのは、販売者の意志。

「売れる」というのは、買う側の選択。



その選択をしてもらうための仕組み作りが、「マーケティング」です。

単純に言えば「あ、そうそう、それが欲しかったんだよ」と
スッと手を出してもらえるように仕掛ける、とも言えます。


写真のシャア専用モデルが売れてるか売れてないか
マーケティング的に成功してるか否かは、データが無いので
なんとも言えませんが、個人的に「そんなの誰が買うんじゃい」と
スルーしてたネットのニュースが目の前にリアルとして現れた、
しかも赤じゃ無くて地味カラーだという「事実」に
マーケティングって、やっぱり底なしなんだなと思います。
(コレって本物か?という疑念も残りますが(^_^;)

もうひとつ加えると、いくら売る側がチカラこめても
「買いたい」という衝動を起こしてもらえなければ
売れないということです。それは会社でも店でも
営業マンでも同じです。

そういう国と時代に私たちは生きているのです。



2013/10/08

フィルター効果

2
なんでもない落ち葉もフィルターをかけて撮ると
なんとなく「それっぽく」見えます



4
似たり寄ったりですが、本人の自己満足でいいんです(^o^)




1_2
瞬間瞬間でアート気分になれるので朝からシアワセです。

2013/10/07

追い込まれて

R0001164
昨日はうっかりブログあげるの忘れてしまいました(>_<)


桜の葉っぱがチラチラと色づきはじめ、本格的な秋になってます。



3
まだ固くて青いみかんも、じわじわと熟成に向けて
甘みが増しているでしょう。

今週も匍匐前進の藪こぎは続いて、追い込まれっぱなしですが
とにかく美味しい果実が実るはずだと自分を信じて前進あるのみです。

植物が太陽と水と土で実るのになぞらえると、
ボクは白い紙と、音楽と、水と、ナッツ&チーズでアレコレ産み出します。

そう考えると妙ちくりんな気もしますが、結果として
良いモノが作れれば良しなので、心を澄ませてがんばります(^o^)



2013/10/05

苦しいなあ

20131005_105613
今週は、完全に停滞してしまいました。

かなり壮大なことに着手したのはいいのですが
積み上げが上手くできず、どんどん暗闇の中を
手探りで歩いているようになってしまいました。

足元はかろうじて見えているので、進めてはいます。

でも、その先に出口があるのかどうか見えそうで
消えて、消えてはまたフッと掠めて見えたりと
かなり悪い状況です。

「 それ 」が出来れば会社にとって、
メガトン級の武器になるはずなのです。

ところが今作ってるやりかたで、完成できるのかどうか。


ふだん企画やコピーのほとんどは、ゴールから
逆算して「こうすりゃいいじゃん」と答える自信が
あるだけに、相当苦しいです。

ピラミッドやマチュピチュを作った人の脳みそが
欲しいと途方にくれてます。





2013/10/04

ありがとうと、あたりまえ

31
今の日本は、ものすごく精緻なサービス
「お、も、て、な、し」が仕組み化、マニュアル化されてます。

電車は時間通りに来ます。いつも新幹線に乗るたびに
「250kmで走るモノを数珠つなぎにどうやって制御してんだろ」と
不思議でなりません。

ファミレスでご飯を食べればぴっしゃり3分以内に
ソコソコ料理が出てきます。

もちろん、基本的に停電も断水もガスが
出ないなんてこともありません。


「そんなことあたりまえでしょ」と、思うのが日本人。


そういう社会構造の中で「ありがとう」と言ってもらえる仕事って
どうすればできるのかって、いつも立ち尽くします。

ハッキリ言って、GRIT!の仕事はBtoB、会社対会社なので
会社対消費者のBtoCより、かなり甘えがあります。

きちんとした会社さんばかりがお客様であり、なにかあっても
モンスタークレーマーになるなんてことはなく、誠意か弁償で
許され、怒られても理性の範囲内で納めていただけます。
(だから、ミスしていいという意味ではありません)

先日しまむらの社員さんが土下座する姿をツイッターに
さらされて話題になりましたが、「それ級」はないのです。
(とはいうものの、永い社会人生活の中で一度だけ
よそ様の会社で土下座したことはあります(^_^;))




日常業務の流れにいると、ついつい仕事そのものが
「あたりまえ」になりがちです。忙しいので受け止める
ことすら精一杯になります。

しかし、そもそもGRIT!ごときが仕事をいただき続けている
ありがたさを、心の底からひとつひとつの仕事に感じ、
お客様から「ありがとう」と言っていただけるモノ、コトを
提供し続ける覚悟と行動が必要です。

ありがとうは、有ることが難しいと書いて「有り難う」になります。
有り難うの反対後は「当たり前」であり、当たり前がきわめて
高度な日本の中で「有り難う」を作り続けるのは本当に難しいことです。

そのチャレンジが楽しいから、創り続けられるんですけどね(^o^)





気がつけば井戸の底

Photo_3
自分の仕事は肉体労働か頭脳労働の2択にすると
完全に頭脳労働です。とはいうものの体力の限り
働かないと食べられないという切迫感は肉体労働者です。

頭脳労働者のやりがいのひとつに「知的欲求の深掘り」が
あります。
いろいろな無理難題を解決するためにネタや切り口を
探し続けていると夜中のネットサーフィンのように
グイグイと考えの深掘りに夢中になることがあります。

プロと名乗る以上、深掘りに対する時間コストや
商品力とのバランスを推し量りながら仕事します。

それでも自分が「 賢くなれるようなつもりゾーン 」に
入ってしまうと売り物を作っているのか、自分が
深掘りしたいだけなのかわからないほど
夢中になるときもあります。


昨日がそうでした。。。。




夢中になって深掘りし過ぎた結果は、まるで井戸を掘るように
スコップをふるい続けて「!!、オレは何がしたかったんだ」と
登ることすらかなわない穴の奥底で途方に暮れながら
空を見上げる自分がいました。


なんぞの研究者なら深掘りは大切ですが、販促屋なので
「巧妙な軽薄さ加減」ポジションを忘れてはイカンのです。

ワケわからんこと書きました(^o^)






2013/10/03

秋だねえ

31
台風の影響は無く今日も名古屋は晴れています。

朝晩の散歩時間も、ずいぶん涼しく、むしろ寒さを
感じるほどに冷えてきました。


4
気温が下がってくると、我が家では恒例の布団争奪戦が
犬どもと始まります。

リビングでは仰向けでも、ベッドに行けば
布団の中に入れてくれ〜>
暑くなったから外に出る〜>
また寒くなったから入れてくれ〜>
ふかふかの掛け布団の上で眠らせろ〜>と
一晩中戦いです。

寝てる時だけは、どれだけコマンドを出しても
怒ってもひっぱたいても言うことを聞きません(>_<)

それはそれでかわいいのですが、睡眠の質は
グッと下がていくのが悩みです。

2013/10/02

使い切れない十畳

2
最近チョコチョコ外で企画の組立てなどを行うようになってきました。

事務所にあるiMacの大きさが快適過ぎて、「夜中のデニーズ仕事」の
機会が減ってましたが、こっそりと買い換えたMacBookAirが、
久しぶりにしっくりくる相性だったおかげで、小さい画面でも
大きな思考が可能になりました。


自分が一番使うソフト、illustratorは最大サイズでタテヨコ5.7m四方使えます。
これを現実の面積に置き換えると、だいたいタタミ十畳くらいに匹敵します。

ふだん使う紙サイズはA4かA3なので、そこにあれこれ書き込んだものを
十畳の部屋に敷き詰めることが、理屈的には可能になります。
(伝わりますかね?こんな書き方(^_^;)




一人であれこれ考える時は、心を深〜〜いトコロまで沈めて
ある種のトランス状態で右脳と左脳をフル回転させ
論理的な枠の中に感覚的なアイデアを絡めて組み立てていきます。


十畳を埋め尽くすのはムリにしても三畳くらいは
一晩二晩でアウトプットできるようになりたいものです。

2013/10/01

お下がりができるAppleの強み

Photo
写真右端が日本で最初に出たiPhone
まんなかが、2年前に出た4s
左端が新しい5s。

ここ数年、、、iPhoneがでたころからでしょうか、
Apple製品は、すさまじく「エコ」な商品になっています。

壊れないし、実用上使用にさしつかえないので
次から次へと「お下がり」が可能になるのです。

右端のは自宅で壁掛け時計になっています。
真ん中のは、ヨシダブチョー@奥さんが使っていたもので、
ボクがお下がりとして、この4sをiPodとして使い始め、
奥さんがiPhone5をボクから渡され使っています。

開発部は全員MacBookとiPad、iPhoneを使っていますが
それも先輩から順に「お下がり」し続けながら使えています。


工業製品としての堅牢さはもちろん、OSのサポートや
iTunesへの強制力など含めたトータルで
素晴らしいエコシステムを築けていることが
Appleの凄み、強みだと痛感します。


必死に真似したことで、販促デザインという切り取り方では
GRIT!も、それなりのエコシステムは築けています。

が、比べるのもおこがましいとわかっていても
まだまだクルンときれいに丸く収まる仕組みには
ほど遠いのが現状なので、「がんばらねば」と思います。