2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010/07/31

ラストメニュー

image552982159.jpgムスメの日本最後の晩御飯はママの手作り春巻き♬


部活が忙しく、もう合えないかと思っていたムスメのカレシも来てくれてにぎやかに食べた。

まったくもって感傷的な空気は無く、明日からいなくなるのがウソのよう。


感傷的なのは、オヤジただ一人なのである。


あーあ(>_<)

2010/07/30

夕涼み?

image1374225436.jpgな~んか、とってもひどい疲労感で家に帰ってもどんよりしそうなので、発作的に映画を見にきた。

みんなトイストーリーかインセプション見てるらしくガラーンな感じ。(選んだのはプレデターズ)


ポップコーンのSサイズ頼んだらMでも一緒ですよと優しく言われたので釣られてMと注文したら、巨大サイズ。

やっぱり映画はカップルで見にきたほうがいいみたいですね。


さあ~元気になるかなあ~

キマリ文句をいっぱい貯めろ!

Aa180366 ちょっと思いつくまま若い人向けに「夏休み説教シリーズ」を続けてみよう

ふだんスタッフや外の人と会っててよく思うのは
会話や状況に対する「型」が出来てる人と出来てない人の差がけっこうデカい。


仕事上の型で一番ポピュラーなのは「儲かりまっか」「ボチボチでんなあ」だろう。

*この商品はなにがいいの?
*君はどう思う?
 これは自分が扱うモノへの型で超基本形。
 ココすらあやふやだと、チカラが見透かされてモノは売れない


*おはよう&おつかれさまなどあいさつへの型
*今日元気ないねなど、様子を指摘された時の型
 ここで腹から声が出るか、素のままの自分を出してしまうか
 自覚が無いと、世間から信頼される量が少なく空回りしやすい


*ほめられた時の型
*ミスや間違いしたときの型
 天狗になってもしょぼくれても「心の器」が問われる


などなど例を出せばキリが無いほどのシチュエーションが
あるが、いろいろなケースで型を定めておけば、自分の心も
相手からの評価も安定する。



*日曜日にデパートでデート中にふいに上司と鉢合わせ
なんていう状況でも「型」さえあれば、にっこり笑ってあいさつできるが
逃げることも笑うこともできず、うろたえるだけなんてこともありがちな話(^_^;)




型というのはキマリ文句と置き換えてもいい。

「AとBどっちがお勧め?」・・「え、え~~、、、」

「どうしてくれるんだ、この問題!」・・「は、はい~~、、」

「ワタシのこと愛してるの?」・・「えっ・・・・」

商売も人生も、キマリ文句を用意してないと0コンマ何秒の間に
上手を取られ、その後の展開がほとんど悪化する。




ちょっと難しいのはキマリ文句が1パターンだと足りないということ。

儲かりまっかと聞かれて「ハイとっても」と答えたほうが良い場合もあるし
愛しているのと聞かれて「イヤ愛してはいない」と答えなければ
ドツボにハマる場合もある(笑)




仕事や人生のいろいろな局面で「あ~、今うろたえた」と思ったら
その時の会話や前後関係を反芻し、「今度からはこう答えよう」と
心にねじ込み、キマリ文句をたくさん作るとなにかにつけてうまく行く。

嫌みなお客と思ったり、しつこい恋愛に陥っても
その経験で得られることはとても多い(^o^)

ポジティブなキマリ文句をいっぱい貯めよう!



2010/07/29

ヒーハー!

image1643560447.jpgムスメがこないだ大阪にビザを取りに行った時お土産に買ってきてくれた『ブラマヨ』ホンモノのマヨネーズ容器にピーナツと辛いあられが入ってる。(ちゃんと内蓋に星型したキャップあり)

ベタだけど、おもろいなあと思いつつヒーハーっと叫びながらいただきました。


テレビの世界ではお笑いブームが一段落したみたいだけど、コンビの二人ともが突っ込みボケ両方出来るブラマヨは好きなので、見る機会が減らないことを願う。

2010/07/28

ほぅ〜ら見ろ

Pad Appleからまたまたいろいろ新製品。

iMacやMacPro(デスクトップパソコン)はスルー。

でも写真のMagic Trackpadはいいね。欲しい。


ここ数年ノートパソコンを使い続けてきたが、持ち運び出来るという
理由以外にも、マウスを使わずトラックパッドで作業できる=手をキーボードから
離さずにすむという理由も多かった。

社内でスタッフに「絶対トラックパッドのほうが作業性がいい」と何度も
話題にあげ「写真の切り抜きだって出来る」とアピールしても変人扱い。

それがこんなカタチで実現したので、デスクトップを最近使っている身としては
ぜひ欲しいし、スタッフに対して「ほぅ〜ら見ろ」と鼻が高くなる

6800円という値段を見てさっそくポチりかけたが、やけにデカいので
ちょっと保留。

キーボードの真下に置きたいけど大きすぎたら右側に置くことになる。
だったらマウスとたいして変わらない。たかぶりかけた気持ちを抑えて
実物を見てから買うことにする<結局買うんじゃん(^_^;)


ホントのホントの理想型はThinkPadのキーボードみたいに
赤ポチがあるといいんだけどなあ。

2010/07/27

ルールを変えるな

Photo
昨日の続きで、今日は”偉い人への説教”

偉い人とは、社長、部長、店長など「長」がつく人だったり
ベテランと言われる人々。

昨日書いたように社会に出て間もない人が成長する過程で
自分の仕事の高度や縮尺を変化させることが必要になる。

で、偉い人たちというのは数々の修羅場をくぐり抜け
腹に肝っ玉が据わっている。当然高度や縮尺も自在にあやつる。


こういう偉い人が若い人になにか伝える、それは訓練だったり
叱ったり、飲みニュケーションだったりするわけだけど、
高度や縮尺を変えてしまうことで受け側は混乱してしまう。

「お客様を目の前にして、なんだその態度は!」から始まり
「混んできたらさっさと、さばけ!」と檄が飛び
「経営者視点に立てば、そんなことは無駄ってコトがわからんか!」
みたいな展開が往々にしてある。

懇切丁寧か、効率重視か、経費節約なのか経験の少ない
人には、その優先順位がつけられない。(もちろんどれも大切だけど)


それを偉い人が縮尺と高度を変えまくって教え込もうとしても
若い人の頭はうなだれるばかり。。。。(-_-)

そこへさらに「俺の若い頃はなあ!」が入るともうゲームオーバー(笑)



偉い人が行うべきことは、常に目的・時間・理由をわかりやすく説明し
受け側が自分で優先順位をつけやすくしてあげることが大切なのだ。
(迷わず動けるようにしてあげれば驚くほど誰でもがんばれる)

簡単に言えばマニュアルである。

ところが、商いには機転や、押しやら引きやらの「要領」が大切であり
そこはマニュアルにならないことがほとんど。


本来なら社会人になれば自覚やら競争やら向上心やらが自発的に
発揮されるべきであるが、今はゆとり教育の時代であり、
運動会の競争でも順位をつけないほどだから、総体的に
ハングリーさは多くない。




偉い人が若い人になにか伝えるのは、自分の溜飲を下げるためでなく
もっと向上してもらうためなのだから、受け側が消化反芻し、やる気が
出るようにするのが本筋。なので、偉い人は話のレベルや視野を
固定させて段階を踏みつつ伝えるようにするコトが大切なのである。

偉い人、わかりましたか?


この話は、どこかのホントに偉い人への説教ではなく、
たまたまシャチョーになってしまった、へっぽこ経営者の
自分に宛てた自己反省なのでした〜(^_^;)

暑さ対策決定版

image568419493.jpgあぐらのかける大社長椅子に紺色の座布団、肘掛けの向こうにはLeoと言うややこしい写真ですが、今日紹介するのは座布団に見える、この夏購入した『股間冷却扇風機』( ´ ▽ ` )ノ


コレが調子イイ!

スイッチいれるとお尻の下がそこはかとなく冷や~っとして、ムレ感無し。(手前の白丸部分にファンがあり、後ろに抜けて行く)

デブ・汗かき・長時間椅子座り生活の人にはオススメ(笑)



冗談抜きでネクタイandスーツで武装せざるを得ない事務所だと冷房効かせ過ぎになるので、こういう個人用品で調節するとイイですね。


ただ難点が一つあり、スカしっ屁をした時、瞬時に臭くなります( ̄ー ̄)

2010/07/26

縮尺を意識しよう

今日は若い人へのアドバイス&偉い人への説教!?(^_^)v




Photo 写真はGoogleマップの航空写真で見たGRIT!の写真
高度20mくらいかな。



Photo_2 ちょっと引くだけで、名古屋の写真になる
高度1000m?地図の目ですね



Photo_3 さらにビューンと引くと日本全体が見える。
高度1万メートル?飛行機・衛星の目ですね





仕事の上でも、この高度と縮尺を巧みに扱えるとうまく行きやすい。

低高度「現場」=接客や作業内容の話
中高度「目的」=現場の話に「なぜ?」が入ってくる
高高度「戦略」=経営や市場環境、時代背景が大切になる

学校を卒業して社会に出ると、基本的に「現場の戦力」として
一人前になれるよう研修や実践を繰り返す。
その過程に「目的(なぜ?)の重要性」を説かれる。

作業中心の仕事なら決まったことをミス無く繰り返せば、あとは効率の
問題なので手が早ければ怒られない。
でも、営業的な活動や次のステップにあがろうとすると「目的(なぜ?)」
に対する答えを積極的に出来ないと壁にブチ当たる。


ボクも学校を出たとき、新聞の「一コマいくら」の広告枠を売り歩いていたけど
売り物の新聞と枠の説明しか、売り込みしか、できなかったのでちっとも売れなかった。
緊張して一気にしゃべり、会話が続かず気まずい想いをして
追い返されることばかりだった。



若い人で「一生懸命やっても評価されない。理解されない」のは
自分自身が低高度・現場の視点しか持てないことが多い。
習い教わったことをきちんとやっても「それでは足りない」と言われたり
売上が上がらないのは目的となるポイントを把握してないかズレてる。
お客さんの困りごとを最初に聞く、相手がやりたいことを反芻して
「目的(なぜ?)」への答えが変わると自分が提示できるものも
変わってくるので、グイグイうまくいく。


仕事や個人差があるけど、うまくいくための目安はこんな感じ。

→現場の仕事は100〜1000回心をこめて繰り返せば必ず出来る
→目的達成には柔軟さが必要なので2年〜5年、1000人とか何百社と
 接して何十回、何百回と成功や失敗を繰り返せば身についていく。
→戦略は本を読み、経営視点で語る人の中で刺激を受け、
 時代へのアンテナを張り続け、適切な投資やチャレンジを
 繰り返す必要がある。(でもゴールは無い永久活動)


若い人に伝えたいこととして、自分の居場所や目的地を
常に明確にできるようにすることがとても大切。
仕事の話として書いたけど、生き方でも実は同じ。


いくら運転がうまくなっても、ナビを設定しなければ
どこへ何時につくかわからない。でしょ?




ながくなったので、偉い人への説教!?は次へ続く。。。。






2010/07/25

ラストサンデー

image190718618.jpgムスメの出発はいよいよ来週の日曜朝。

こまごまとした準備で慌ただしい。

ホームステイ先にいきなり行くのではなく、集団での研修が二週間韓国であり、一旦帰国してすぐアメリカに向けて旅立つので、荷物も増える。

冬物などは船便で送るようだけど、お近づきのお土産含めどっさり。

トランク二個なんて自分は一度も使ったことないので、非常にうらやましい(−_−;)


いよいよカウントダウンなのである。

2010/07/22

情報ながしそうめん

何度か書いたけど学校出たころ、広告原稿の校正は手で持って
地下鉄・バスを乗り継いで行き来するのが営業として「当たり前」だった。


そのうち、ファックスというものが普及し始めた。
そうこうしてたらポケベルというものを持たされ、
出先でも連絡が付くようになってきた。

そしてそして携帯電話がドドーーッと当たり前になり
インターネットで、エッチな画像を見られる♪と
喜ぶまもなく情報交換はメールが基本となった。

そしてツイッターやらRSSリーダーやらで情報は
新幹線の中で流れる文字ニュースのように流れては消えていく。




版下と言われる厚紙に書体を切り貼りし、うやうやしく
半透明のトレーシングペーパーで保護しながら
校正してたころからすれば、情報処理量は何倍になったかわからない。
(そういえば昔は本棚に押し込んだ何百もの封筒の位置を無意識に覚えていて
「A社の○×物件」と言えば手だけで探し当てることが出来てたなー)




Photo_2 これはもう~~、ほんとうに情報流しそうめん時代。
目の前を流れるそうめんを欲しいモノだけすいすいと掬い続けることが大切で、
うっかり箸を突き立てようものなら一瞬で処理できないほどの量が溜まってあふれる。
ただ見てれば何も得られずチャンスは消え去る。



せわしないったらありゃしない(>_<)


昔は一人一人器に分けられ、それぞれのペースで食べれば(仕事すれば)良かった。
それは業界も会社も部署も個人もうまく棲み分けがついてた。

今は走りながら何本もの流れを処理し続ける。
情緒も無い。ゴールしたときは常に他のことが流れてるから
打ち上げすらできない(^_^;)



落ち着いてじっくりやりたいなあと懐かしくは思うけど
携帯やメールが無くなれば不便なことも間違いないから
もうココは一発情報流しそうめん時代に乗っかり続けるしかない。

乗ってるつもりでも、ボクが存在するのは日本の中だけなので
この先このままでいれば世界中を流れるそうめんにはありつけない。


誰やねん、こんな世の中にしちゃったヤツは!?(笑)





2010/07/21

電子書籍のありがたさ

image508782794.jpg本をスキャンしてiPadで読むのはホントに慣れて来た。

写真の小説はAmazonで買って読まずに断裁してスキャン。

なんで、そんなもったいない事をと思われるでしょうが、この小説を買うのはもう五回目くらい。

若い頃読んで、たまに読み返したくなっても行方不明だったり、人にあげて手元に無かったりするので繰り返し買い続けて来てしまった。

そんな繰り返し買って来た本は数冊あるので、それこそもったいない。

どんどん電子書籍が普及すればボクのような活字中毒者にとって本当にありがたい。

著作権の保護やらなんやらで、相変わらず日本の電子書籍化は足並み揃わず。
でも絶版を心配する事も無くなるし、狭い家の本棚容量に左右される事なく無限に本が買えるならシアワセでしよ?



書籍文化は出版社の所有物ではないぞう~、と、切に関係各位の太っ腹化を願う。

電子書籍が普及するかどうかはわからないけど、たぶん1年以内には我が家と会社からもう本棚は無くなる。

2010/07/20

閉所恐怖症?

Mri 今日は朝イチでMRI検査。
首の痛みが神経のせいか、借金のせいなのか調べる(^_^;)
(そんな冗談を言えるくらいここ数日痛みが引いてる>おじい効果!?)

MRIなんて初めてだけど、特に意識することなく検査ベッドに寝て
注意事項(頭を絶対動かすな。ナマツバも飲むな)を聞いて
機械の中に吸い込まれていった。

最初目をつぶってて、ふと開けたら顔のまわり数センチくらいで
明るい光が取り囲んでる。
「ん?」と思ってもカラダも縛り付けられてて動けない。
目を開けてもまだまぶたが開いてないような錯覚を起こした。


頭の周りが急に狭くなってるという想像もしていなかったので
軽くパニックを起こしかけ、、しばらくハアハアしたあと落ち着いて深呼吸(*^_^*)
(十年近く前、雪山キャンプの時、遊びで雪洞を掘って寝たことが
あるけど、狭かったせいか息苦しくなって眠れなくなったことがある。
その時の息苦しさが突然フラッシュバックした)


50年近く生きてきて、まだまだ自分がとっさにどう反応するか
わからないもんですね。

結局痛みが神経か借金かはまた来週〜
(大きい病院はじれったい)

2010/07/19

トンボ帰りで広島行き~

image2013183036.jpg今日はヒナタ@開発ブチョーのお供で広島まで昼から出張。

ふだん、お互いしゃべりたいことがいっぱいあるのに、業務的な事しかしゃべる時間が無いので、『二人水いらず』でいろいろしゃべろう。


議題はもちろん、夢!(⌒▽⌒)

トモダチ探し

Aa180335 最近のLeoは犬に飢えている(^_^;)

「鼻より目が利く」と言われる観察力を活かして
遠〜〜くからでも散歩中の犬を探し当て
「遊んで〜遊んで〜」とぐいぐい突っ込む。

が、Leoのような突っ込み方を受け入れてくれる犬は
少ないので、ほとんどの場合、逃げられるか吠えられておしまい。


穏やかで下手に出る近づき方を教えたいけど、
Halのココロの広さのままにやんちゃに育った5年の経験は長すぎて
突っ込みグセはそうそう直るもんでもない。

しかし。。。

威厳のある猫には、さすがのLeoもビビりながら、そぅぉおおおっと近づく。
で、猫パンチの射程距離には入らないようにくんくん匂いをかいで
「トモダチにはなってくれないよね〜」とあきらめる。

「猫にできるなら犬に活かせ!」と叱咤激励の散歩は続く

2010/07/18

買い物日曜日

image443711762.jpgナホのホームステイ先が決まったと思えば、出発まで二週間足らず。

慌ただしく最低限必要なものの買い出しに出た。

ナホ的には夏休みを迎えるタイミングで両親の財布がゆるむ願ってもないチャンスなので、うひょうひょした目でデパートを徘徊するが、行き先は青森と同じくらいの気候らしく夏物ばかり買っても仕方無いので、意識の修正が大変。


女性率九割九分のデパートの中でひるまずアドバイスに努める小うるさいオヤジなのでありました


それにしてもいよいよクリソツな母娘p(^_^)q

2010/07/16

梅雨明け?

image51960235.jpgすごい大雨で各地が大変なことになってますが、みなさんの所は大丈夫ですか?

ボクの実家(岐阜県の八百津という所)も一キロも離れてない家屋が土砂災害に遭い、他人事ではなく肝を冷やしました。


昨日からようやく背中の痛みが和らぎ、久しぶりに散歩に出たらもくもくと入道雲が伸びてるのを見て、あ~もう梅雨明けかなと暑さを実感。



Halが死んじゃってもうひと月。
早いなあと思うけど、心の穴はまだぼっこり空いたままです。
ふっと頭をよぎると、ドバーッと涙が出ますね(>_<)
情けないもんですが犬飼いの宿命なので流れるに任せる今日この頃です。

2010/07/15

愛されてるなあ〜(^o^)

Img_4101 今日は本田チーフの誕生日♪



Img_4111 忙中閑ありな昼下がりに、みんなでお祝い




Img_4115 超絶的に巧くて、「実物よりずっといい!!」と
絶賛された、今回のプレゼンター@まっつんからの
似顔絵つきメッセージカード




Img_4128 プレゼントは、細身のチーフにぴったりのカラフルスパッツ。
強制試着させて記念撮影。(ホントはこの上に半パンなり
履くので、コレは下着姿で写ってる状態(^_^;))


どこの会社でも同じだろうけど、ウチは特にオトコどもが
女性にアタマが上がらない。偉そうなことを言ってても
結局最後は「お願いします」と女性陣に助けてもらう。

ということは、女性陣から愛されないとオトコは仕事に
ならない訳で、今日の盛り上がりを見るとホンダチーフは
なんやかんや言ってみんなから愛されているなあと
うらやましかったり、ホッとしたり。


仲良しがイチバン!

2010/07/14

3バケツ!

image1513368171.jpg今週は社内が相当テンパっててストレス充満。

ボクもあれこれあって顔は笑って心はイライラ(>_<)


という訳で、夕方からのミーティング前にケンタッキーへ突然出撃。

みんなのストレス解消に3バケツも買い込んでムシャムシャ食べましたとさ。
久しぶりだったので、しばらく無言が続く社内なのでありました。

なんか贅沢したな〜。

どんどん開業しよう!

Img_1186 今朝の新聞で見た記事。

な〜んかイヤな書き方だなと思ったが、会社を辞めた中高年の
一念発起が増えてきたようだ。
(がんばって始めた人にリストラ開業って書き方ないだろう)

生涯雇用が当たり前という時代は今や昔。
年金だってお先真っ暗。大企業か公務員でない限り
退職金もあてには出来ず。

だったらどんどん起業したほうがいいじゃん。と、昔っから思う。

滅私奉公で勤めあげる甲斐があるのは、保証あってのこと。
それが無いなら自分で挑戦したほうがよほどやりがいがある。


それは学生からの人生選択でも同じ。
就職難民になるのを恐れ、好きでもない会社に入り、
数年でやっぱりダメだとドロップアウトするなら、
自分や仲間と一緒に納得いくようにがんばったほうが絶対いい。

高卒起業・大卒起業・就業中起業などなどしやすい環境を作れば
活きの良い会社がじゃんじゃんできるはず。
若いときに失敗しても絶対やり直しはきくし、失敗の数だけ
成功の可能性も高まる。



そんなことされたら優秀な社員から抜けられてしまう。と
会社からすれば思うかもしれない。
しかし、それは優秀な人が会社に居続けてくれるように
その会社が努力すればいいことだし。
社員の上にあぐらをかくような経営してる会社だったら
おそかれはやかれでしょう。

一人一人が自分の人生を適当になにかに預けたり
目先のことと引き替えに我慢させられたりすることなく
キラキラと夢を語れるほうがよほどいい。

みんなで気軽に立ち上がりましょう♪

2010/07/13

どつきあい

典型的にわかサッカーファンとしてワールドカップをしめくくるべく
昨夜自宅に戻って決勝戦を見た。(スペインが優勝したのはもちろん知ってて)

Img_3083 なんとなく決勝戦だから、それにふさわしい試合を見られるのではないかと
おぼろげに思い込んで見ていたが、オランダの選手が十六文キックのように
足底で相手の胸を蹴る頃には「こりゃあ、どつきあいのケンカですか」みたいな
ゲームに見えてきた。(一旦見え始めると中継の解説は誤魔化しにしか聞こえない)

延長戦に入る頃、不覚にも寝てしまったので結末は見ていないけど
「なにもそこまで」というレベルまでガチンコで戦いあうんだなあと、改めて思った。

それはF1など車のレースを見ていても思う。

事の善悪は別にして、ああいうスイッチ、ああいうモードで戦う方々では
日本は健闘すれど勝利はかなわず。という状態から抜け出せないだろう。




目を移せば、天下国家の一大事であろうに、おんなじことを繰り返す政治や
どう考えても業界のならわしだったでしょう的賭博事件を一人二人の首切りで
コトを終わらせようとする、ぬるさが残る相撲だったりしてガチンコからほど遠い。
(もちろん自分もぬるぬるにぬるいですよ、もちろん(^_^;))


いくら借金をしてもケツに火がつかないほど日本はまだまだ豊かであり、
国民も「ゆとり教育」で争わない美徳?を身につけている。


次のブラジル大会で、たとえワールドカップに行けなくても
行ったとしても予選敗退してもなーんも不思議はないわなと
にわかサッカーファンは「世界レベル」にビビりながら眠りに落ちたのでありました。

でも、とにかくワールドカップはおもしろかったですね!

2010/07/12

決定!ホームステイの家族

ナホのホームステイ先がいよいよ決まった。

Yutah
アメリカ中西部のユタ州という田舎で、日本ではモルモン教のメッカとして知られてるエリア。

なんと18歳の男の子を筆頭に9歳まで6人兄弟の家族でさらに現在ブラジル人のオンナの子もホームステイさせてる豪快な家族らしい。

あ〜らら、ホントに決まってしまったのね、と父親はココロがぽっかりしてるけど、奥さんとムスメは安堵の笑顔。

House
なんか不思議な時代だなと思うけど、住所を頼りにグーグルのストリートビューで家がわかってしまい、、(デカい!)



School
さらに高校の航空写真まで見ることが出来る。幾何学的な真っ白校舎の横には駐車場があるけどまさか車通学OKってこと?



行き先が決まるとリアルですねえ。

ムスメの一年に負けないように父もがんばらねば!

2010/07/11

日曜の味

image1101787220.jpg我が家では、ホントにな~んも無い日曜日の昼ご飯に日清の焼きそばが出て来る。

何ヶ月に一度程度だけど、いつ食べても久しぶりで美味しい。



ナホの留学まであと少しなので、三人で食べる焼きそばは次は一年後だな〜と思いながら、何気ない日曜日を過ごすのでありました。

2010/07/10

おじい

image264328024.jpgう~、痛い~と言い続けていたらイシカワ女史がいつも行ってて、おじいと呼んでる岐阜の凄腕整体に連れて行ってくれた。

アヤシイビルの階段を上がると、光線治療の文字。

なんだ?光線治療って




と、問いかける間もなく三階にある『そこ』はまるで昭和四十年代の空気。

上半身はだかのおじいが、お、来たかと出迎えてくれた。

おみゃーさん幾つや、肥え過ぎとるわ、足の虫刺されはなんだ、え、ノミ?駄犬を飼っとるのか、会社は儲かっとるか、としゃべり倒す( ? _ ? )


施術が始まるとマシンガンのようにツボの解説や根本的なカラダのゆがみを指摘し、ホラ痛いだろ、それはここを治せば、ほーら治った、おじいとは思えないチカラとリズムで矯正してくれる。

しゃべりも空間も施術方法も初体験のすさまじさ。


結果まだ痛みは引ききらないけど、軽くなったし、全身ボワ~んとなんとも言えない倦怠感。

イシカワ女史によると翌日までグッタリしたあと、元気になるらしい。

映画の世界にいるような異次元体験なのでありました。


カラダの調子が悪い方は、当社イシカワ女史までご連絡下さい(^^)/~~~

2010/07/08

停電!!

image1118616699.jpgただいまグリットさん停電中。

謎のトラブルで電気屋さんに来てもらう待ち時間だけど、電気が無いとゲームオーバー。

な~んも、まったく、完全に業務停止。電話すらつながらない。

焦っても仕方ないのでしばしみんなで遊んでみる。


あ~あ、作りかけのデータ、、(>_<)

2010/07/06

右脳と左脳

image326203099.jpg相変わらず首や肩がかなり痛い。
波があって痛い方のピークになると
痛い痛い痛いと騒がないといけないほど。


なんか痒いとか痛いとかロクなこと言ってない<最近(>_<)



そんな痛みを抱えながらも、エクセル使った作業は思考が途切れず出来る。でもデザインや企画は考えようとも全く頭が働かない。

ふ~ん、そうかい。そう来るかい、と不思議な気分。

人間痛いとかツラいとか言いながら金勘定は出来ても、痛いツラいがあると愛をささやいたり楽しいことは後回しになるらしい。


ふだんバカなことばかり描いているので信じてはもらえないだろうけど、ボクがデザインや企画の元を考える時、
本当に澄んだ心持ちで愛に溢れた感情に満たされていないと納得するものが出来ない。

心に乱れる要素が無くなり、対象となる商品や会社の事を大好きだと思って思えて仕方がないほど好きになると神様が降りて来て自動書記状態になれたりする。



早い所痛みを減らして頑張らなければいけないので、とりあえず帰って寝てみよう(^^)/~~~

ご心配おかけしてる皆さん、すぐ元気になりますから~。



2010/07/05

お久しぶりです~

image1160656678.jpg元々、ひどい首、肩、腰が悪いけど先週末、どうしようもならなくなり、昨日救急病院に駆け込んだ。
そんなこんなでブログ休んでしまいました(>_<)

注射と坐薬で一晩しのぎ、改めて今日専門医に見てもらったら頚椎症と診断された。クビの骨が狭まったりトゲが出来て神経を圧迫するらしい。


持病的な症状なのでガックリすることもないけど、時間をロスする自分がとでももったいない。
チョンチョンザクザクっと切って治らんだろうか。

2010/07/02

フロントライン

image1074375212.jpgノミ被害はまだまだ続く。

人もLeoも喰われてないけどボクだけボコボコ。

Leoはフロントラインという首につける殺虫剤をつけてもらったので、徐々に減るはず、、、でも夜も眠れないくらい痒い。



ノミ取りに熱心なヨシダブチョー@奥さんとイシカワ女史に抑え込まれてまんざらでもないLeoなのでありました~。

贅沢空間

Img_4057

卒業した藤井のパソコンを製作作業用に自分の机に置いてみた。

そうしたらでかい順にiMac-MacBook-iPad-iPhoneとアップル製品そろい踏み。
「ひとりアップルストア」とか言われて悦に入る(^_^;)

そして意外と一台一つの機能で使い分けるのは効率が良い。

ボクが社会人になったころ、世の中にはコピー機もFAXも普及しておらず
そこから今日を見れば、とてつもなく未来。Macに初めて触れたころから見ても
すごく安い。(最初に買ったMacBook1台より、この4台合計のほうが安い)

パソコン好き、アップル好きな人から見ればこの写真は少し贅沢なんだろうけど
ひとつの広告原稿を電車に乗り継いで校正に行ってたころのほうが
時間の使い方は贅沢できてたんでしょうね〜

それにしても日進月歩のデジタル業界で、アルミ・角マル・黒フチを貫けてしまう
アップルの強気デザインはすごい。