2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« トヨタのiQ | トップページ | ボンバー »

2008/11/27

モーターショー不況

車の話が続きます。

1月の北米デトロイトのモーターショーに、日産/スズキ/三菱が出展をとりやめという記事が出た。
さらに来年秋に開催される東京モーターショーも、複数館あるはずのイベント会場が削減されるという噂もちらりと聞いた。(理由はもちろん出展者が足らないため)

デトロイトは知らないけど東京モーターショーと言えば日本で行われるイベントの頂点に君臨する。キャンギャルも東京モーターショーの車メーカーで採用されたという実績で「ハク」がつくほど。

う〜〜ん、やばいっすねー。

来年秋のイベント=2010年に向けた営業活動の始点となるはず。そのイベントに参加できないということは貝のように殻を閉じ、戦意喪失しながら景気復活を待つと考える企業が増えたということだ。

自動車産業は繊維や電機と違い、国内生産しても割に合う商売だったから日本を牽引し続けることができた。逆を言えば国内生産が止まるとその影響が日本国民に直結する構造になっている。
モーターショーなんて元々「余力」で出るものだから一回休みでいいんだよ。という程度なら問題は無いだろう。しかし、いきなり死活問題に直結してる会社が増えてるならば、やはりやばい。

いよいよこれは1300兆とも1500兆とも言われる日本の個人金融資産をちょろっと使う時が来たのではないだろうか。そのお金のほとんどは裕福な高齢者が持ってるらしいので、政府も「1人20000円配る」なんてちゃちなこと言わずに「子供や孫に車を買い与えよ法案」を満場一致で可決してくれたら家族団らん、景気回復のW効果があると思われるがいかがでしょうか。

とりあえず先例としてヨシダ家から行ってみましょうか。。。お父サマ(笑)


« トヨタのiQ | トップページ | ボンバー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モーターショー不況:

» 三菱の次世代型電気自動車 [三菱自動車が目指すもの]
三菱自動車の目指す技術を紹介しています。 [続きを読む]

« トヨタのiQ | トップページ | ボンバー »