2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« あるところには、、、 | トップページ | 見えるものと見えないもの »

2008/10/26

軟弱な犬と飼い主

こんにちは。土曜の夜から東北遠征に出かけてる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日26日は、いよいよモトクロス最終戦。

最終戦ということで、グリットから本田&竹内、我が家も家族3人行くことになり犬どもはお留守番。今回は土曜の夜6時発で高速をひた走り、レースが終わって名古屋に戻ると月曜の深夜になっている段取りなので、犬をホテルで預かってもらうことにした。

ホテルといっても、ある程度のスペースは確保したいので(通常は身動き出来ないほどの檻に閉じこめられる)実家近くのドッグラン内の施設に泊めてもらうことにした。

何も知らないハル&レオは、到着して20分くらいドッグランでルンルンと遊んでいたが、いざ3坪くらいの柵の中に入れられると大パニック!「父ちゃん、置いてかないでっ!!」「オラが悪かった。言うこと聞くからここから出してぇええええっ!!」とバウバウ泣く。

もー、こちらもヨレヨレ(笑)
カラダが引き裂かれる思いで必死に車にたどりつき(飛び出して追いかけてくるんじゃなかろか)とミラーを見ながらゆるゆるとドッグランを後にする、、、、。
犬というものは一緒に暮らすと人間の2歳児くらいの感覚なので、その子を知らない人に預かってもらうというのは飼い主からすると相当ストレス。

でも、こうして子離れならぬ犬離れをして犬と飼い主も自立しないと、行動範囲が限られるので、ココロを鬼にして預かってもらわねば。
それにしても寂しいのお。元気で他の犬とも仲良くするんだよ。

気分を切り替え最終戦。気合い入れて応援だっ。
P1010038

« あるところには、、、 | トップページ | 見えるものと見えないもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軟弱な犬と飼い主:

« あるところには、、、 | トップページ | 見えるものと見えないもの »