2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« 雷神参上 | トップページ | なぜiPodは、いくつも買ってしまうか »

2008/09/11

キャンプ恋しや

こんにちは。夜中のラーメンを久しぶりに食べて胃が重い
軟弱中年の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は涼しくなると恋しくなってしまう、キャンプの話。

最近すっかり行ってないけど、一昔前はヨシダと言えばキャンプ、
河原に行けばヨシダのテント、というくらいよくキャンプに行ってた。

20代半ば、バブル崩壊直前くらいの時期、バブルの恩恵は
受けなかったけどアウトドアブームにはポンと乗った。
学生時代の車は峠の走り屋目指してサバンナRXー7なんてのも
乗ってたけど、キャンプに目覚めてからはタウンエースを皮切りに
ハイエースを4台乗り継いだ。ハイエースのカーゴスペースは
ダブルベッドくらいのスペースがあり、テントやクーラーボックスの
他に薪ストーブや風呂用のドラム缶を積んで河原に突撃。
ドラム缶に沸かしたお湯をトモダチのピックアップトラックの荷台に
汲んで「走る温泉」とか言って女子を入れてその辺を走り回り
きゃーきゃー遊んでたりもしてた。

キャンプ好きでも蛾が恐い、
という軟弱なボクにとってのベストシーズンは秋から真冬。
今はダム湖になってしまったが、岐阜県の揖斐川の源流近くが
いつも行く定番の露営地。
秋から冬と言えば当然寒さとの闘いとなるけど、薪ストーブさえ
あれば意外と快適に過ごせるもの。雪上キャンプも幾度か体験
したが、雪で服が濡れることさえ防げば、まず大丈夫。
もっとも雪洞掘って寝てみたけど、あれはダメ。寝てる間に
呼吸が苦しくなり一緒に寝ていたハルも外へ出て行ってしまう程。
たぶん入り口が狭くて酸素不足だったのだろう。

そんなキャンプで活躍するのが鉈(ナタ)とナイフ。
基本的にキャンプ中はたき火をしていないと気が済まないタチ
だったので、何はなくとも鉈が大切。そして暇つぶしに木を
削ったり、魚を捌いたりするのがナイフ。


Ca390247 おなじみスイスの万能ナイフ。でもこいつはほとんど役立たない。
はさみがついてる場合だけ使うけど、本来のナイフはほとんど
使ったことがない。


Ca390248 頻繁に使ったのが、このOPINELというフランスの安物ナイフ。
安物だけに刃はやわらかく、錆びやすい。でもナイフ研ぎが
下手なボクでも簡単に切れ味復活できる。
チカラを込めて切ったとき折りたたみナイフはすごく危ないけど
このOPINELはチョー簡単なロック機構があり、それで安心して
魚の骨とか分断できた。

たき火、食い物、ハプニング。
この三点セットがあればキャンプは
猛烈に楽しい。

あーー行きてぇええ。



« 雷神参上 | トップページ | なぜiPodは、いくつも買ってしまうか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャンプ恋しや:

« 雷神参上 | トップページ | なぜiPodは、いくつも買ってしまうか »