2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« キャンプ恋しや | トップページ | ブカブカで行ってみよう »

2008/09/12

なぜiPodは、いくつも買ってしまうか

こんにちは。最近突発性過食症(ボクの造語(^_^;))になり、
体重計の針がゆらりと右に振れてビビってる販促ツールメーカー
GRIT!ヨシダです。

またまたApple社のお話。

2日ほど前にデジタル音楽プレイヤーの横綱、iPodシリーズが
一新された。正直信者を自称するボクからすると、やや、かなり
期待はずれでドキドキするようなものは出ずマイナーチェンジ
ばかり。世の中的にも今イチだったらしく株価も下げた。

1 今回の目玉、iPod nano。スタイルが二世代前に戻り液晶が
大きくなった。

そんなリニューアルだけど発売翌朝には会社のスタッフが
ゴニョゴニョ買うとか買わないとか話したりしてた。

おもしろいのは話してるのがすでにiPodを持ってる連中、という事
どうもiPodには連鎖的に買いたくなる夢のようなエネルギーが
込められてるみたい。

なんでかなぁ、、と振り返った。

Ca390249 ボク(我が家)のラインナップ。時計回りに左上からiPhone、
初代ナノ、ただのiPod、iPodタッチ、二代目ナノ、初代シャッフル

う〜〜む、6台もあるではないか。なんでだ?

それはそれぞれに強烈な売りとはっきりした欠点があるからだ。

一番古いただのiPodは、当時40GBの大容量を誇った
でも重くてモノクロ液晶という欠点があった

初代ナノはすごく軽量コンパクトでカラー液晶
でも容量はたった8GB

二代目ナノは初代から二倍近く液晶が大きくなった
でも容量は引き続きたった8GB

初代シャッフルは、ウルトラコンパクトでフリスクみたい
でも液晶すら無く容量たったの1GB

タッチは超薄型大画面でビデオ見るには最適
でも中途半端な16GB

最後のiPhoneは電話とネットにつながるタッチ
でもカメラが固定焦点だったり電池がプアで相変わらず16GB

毎回神様スティーブジョブズが「こんなにすげえ」と言葉巧みに
プレゼンすると世界中の信者が「確かにすげえ」と同調する。
それを見るボクら餌食的信者は盲目的に「んだ、んだ」と激しく
同意し、買わないと明日が来ないような気になってしまい、
夢遊状態になりフラフラと上納金を納めてしまう。

そして買った後に「オラには耳が二つしかねえ」ことに気がつくが
しばらくは強烈な特徴を堪能し、人に会うごとに吹聴する。
しかし、しかし数ヶ月後またジョブズ様が降臨すると
フラフラと「前のモデルは○○が××だからな」と買う理由を
心に見いだし、財布を開きはじめ、容量や機能がアップしてる
割に価格が割安になっていることに気づき「買わなきゃ損だ」と
舞い上がってお布施に走る。

冗談めかして書いたが、ホントにこんな流れだ。

Appleは次から次へと信者を籠絡する為に「完全な商品」は
絶対作ってない。狂おしいほど魅力的だが別れる理由も
はっきりしてるイケズなオンナ的商品を生み出し続けている。

対極にいる日本、台湾、韓国などのメーカー。
打倒iPodを目指しついつい「全部入り」を目指してしまう。
無論全部入りが悪い訳ではない。
でも魅力的かどうかは圧倒的に差がつく。
なぜか?それはAppleの製品に込められた明確な特徴が
際だっているので、その前に並べられると印象が薄くなるから。


今回のシリーズ発表で、新しい世界を切り開くほどのものは
登場しなかった。必然的に売上も伸びず競合の追随を許すと
思う。ひょっとしたらiPodシリーズの充実はここらあたりで止まり
今後はiPhoneシリーズが多様化する戦略かもしれない。

超メジャーな会社なのだけれど、雰囲気はいつもニッチ。
Appleの巧みなポジショニングとマーケティングには憧れる。

※こういうことをつらつら書くときはボクが買う前の助走だと
推理される方もいらっしゃるでしょうが、今回は絶対買いません
(>_<)

« キャンプ恋しや | トップページ | ブカブカで行ってみよう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜiPodは、いくつも買ってしまうか:

« キャンプ恋しや | トップページ | ブカブカで行ってみよう »