2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008/09/30

布団争奪シーズン開幕

こんにちは。あっという間に半期が過ぎ、今日は棚卸しデーの
販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

頭がこんがらがってるのでいろいろ。

そうたろうくんが亡くなってしまった。悲しいなあ
http://ameblo.jp/saving-sotaro/

清原が明日引退試合。寂しいなあ
http://orix.buffaloes.co.jp/special/2008/kiyohara/

明日、ナショナルが無くなる。なんか違和感
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20080926/1019086/


ちょっと前までの気温から体感二分の一になった昨日、
太平楽な我が家では犬との布団争奪戦が開幕したのであります。

P1000635 掛け布団にくるんでもらってご機嫌レオくん。
これから一晩中「布団に入れろ〜〜」「暑いから出るっ」の繰り返し
寒いときに冷たく濡れた鼻でツンとつつかれるのがうっとおしい。

2008/09/29

またも娘ネタ

こんにちは。家の近くに美味しくてムード満点のカフェを見つけて
ご機嫌の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日もまた娘ネタ

なんと名古屋市の書道コンクールで入選し、昨日展覧会を
見に行ってきました>ああ〜親ばか。

P1000560 小学校〜高校生までずらっと貼られていた作品

選挙用の言葉がテーマになってたのは、ちょっと白けたけど
娘の字のうまさにびっくり!

気持ちが落ち着くのでずっとやりたいと言い続けて
通った書道教室だけど「継続は力なり」を実感。

我が子ながらたいしたもんです。

2008/09/28

おめでとう平光くん!

こんにちは。披露宴の祝辞でまたもとっ散らかった販促ツール
メーカーGRIT!ヨシダです。(祝辞経験もすでに片手は行ってると
思うけど未だに慣れまへん(>_<))

さて今日は元グリットスタッフ@平光くんの結婚式!

グリットには2年もいなかったけど、辞めてフリーになってからも
仕事はしてくれる貴重な戦力。

P1000466 おごそかな結婚式。

P1000493 総勢6人も出席させてもらった。

P1000524 芸能人結婚式の影響なのか新郎自ら歌のパフォーマンス。
ボクの結婚式(一度目(^_^;))は、何もしゃべらせてもらう時間は
無かったので時代は変わったなあとしみじみ。
(ヨシダブチョーとの結婚式(二度目(^_^)v)は酔っぱらって
真っ白な顔してガタガタ震えるエンディング(恥))

P1000538 スタッフが高さ2,5mものタペストリーを作ってプレゼントして
寄せ書きしてくださいとお願いしたら大好評でぐっちゃぐちゃ。
どこに飾るんだろう。

何回出ても幸せ満点の新婚さんを見るのはうれしいなあ。
次は誰かな。
次こそちゃんと祝辞がんばるからね。





2008/09/27

ヨシダ家の寝床

こんにちは。今日は元グリットメンバーで平光君の結婚式に
総勢六人で押しかける販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

あはは〜〜うっかり忘れていました>ブログ更新。
夜中から早朝にかけてご覧頂く方には申し訳ないでした。

そんなわけで結婚式のスピーチを今から考えなければ
いけないので今日は手抜き版=ヨシダ家の寝床

毎晩、犬どもと寝場所・枕の取り合い。

夜は、、、

P1000407 こんな感じ。

朝は、、、

P1000414 やっぱりこんな感じ。

涼しくなってきてどんどん布団にあがるようになってきた。
さらに寒くなると掛け布団の取り合いが、、、。

毛だらけだし、うっとうしいけどぴったりくっつくと
自分の脈拍が下がるのがわかります。

癒されてみたいなあという方はどうぞご宿泊にいらして下さい(^_^;)

2008/09/26

最後の体育祭

こんにちは。最近「ありがとう」と発生すると心のなかで「オリゴ糖」
と、つぶやいてしまう販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。
(わからないひとは”ジョイマン”で検索!)

昨日奈歩の中学最後の体育祭があった。

奈歩にとっての体育祭は単に競技に出るだけでなく、部活である
吹奏楽の最後の舞台でもあったのでカメラかついで行ってきた。

Img_3242 開会式前の入場行進が吹き納め
毎日、朝練をがんばってきたが今日でおしまい。
よくがんばりました。


Img_3373 競技も運動嫌いだったのに100mに出場。見事2位!
いつのまにか走る姿も立派になってきた。

いよいよこれで明日から受験生本番。

たくましくなる姿を見て、なんとなく寂しいような、、、。

泣いてませんよ---(^_^)v

2008/09/25

千本ノック

こんにちは。朝の散歩に出たら肌寒さを感じた販促ツール
メーカーGRIT!ヨシダです。

今日は今作ってるカタログの話

細かい話は書けないけど来年発刊のカタログは900アイテム
くらい新商品・新企画が追加になりそうだ。

900。。。
まったくゴールは見えてない。計画だけ。
クズを大量生産しても全く意味はないので、魂のこもった900に
したい。

あ〜〜、こんなの欲しかったんだよね〜と喜んでもらいたい。

新しいけど行き過ぎてはいない、、
目立つけどノイズにはならない、、
毒があっても好感持たれる、、
伝わりやすく、なおかつ物語性があって、、
いっぱいあっても選びやすい、、、

満たすべき条件はいくらでも出てくる。
900作ると言うことはアイデア段階では1500近く
ひねり出す必要がある。

ボクの中に神様さえ降りてくれれば自動書記状態で
いくつでも何時間でも描き続けられる。
しかし、まだ神様の足すら見えない。

あ〜〜悩ましい。
毎年のことだけどホント苦しい。

真っ暗な水のなかをもがきながら泳ぎ続ける。

2008/09/24

ヨシダ家の食卓

こんにちは。う〜〜ん、なかなか神様が降りてきてくれず、
苦しい毎日の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日はヨシダ家の食卓紹介(ネタ切れなのです(^_^;))

共働きで、なおかつボクよりヨシダブチョー@奥さんの方が
長時間働くという我が家では、毎日ご飯を作る余裕が無い。
甲斐性の無いダンナで申し訳ないと思うが、毎日作れないので
作り置きが多い。

Humburg ブチョーお得意のハンバーグ。ふんわり柔らか&ジューシィーで
ベリーデリシャス。


Salade 最近ボクがハマってるマカロニサラダ。一度ハマるとずっと
注文し続けるので、ひと月に何度も作ってもらう。


Okaz 手前にあるのがレンコンきんぴら。これもハマってる。うんまい。

ヨシダブチョー@奥さんはヒマさえあれば料理の本を読んでるし
スーパーや八百屋さん大好き。

もう少し時間に余裕を持ってもらってじっくり作れる環境にして
あげたいと思うがなかなか果たせない。

感謝感謝の食卓です。




2008/09/23

スーパーセヴンで現実逃避

こんにちは。ちょっとせっぱ詰まってきたので、今日もコソコソ
出社なのですの販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は秘密兵器カー、スーパーセヴン。

1年近く乗ってなかったスーパーセヴンに最近ちょくちょく乗る。
セヴンに乗ると言うことは基本的に誰かを乗せるわけでもなく
誰かに会いに行くわけでもなく「ただ乗りたいから乗る」という
非生産的な道楽時間だ。

でもカタログ作りに煮詰まり始め(スタートしたばかりなのに)
その苦しさを吹き飛ばすために乗ってる。
スーパーセヴンという車は大昔に大英帝国で産まれ、今も世界の
あちらこちらで作られている。
とにかく軽い!というのが売りで、その軽さを活かしとんでもない
運動性能を持つ。軽くするためにドアも屋根もないしエアコン・
オーディオ・シガーソケットまで無い。ステアリングもブレーキも
アシストは無く人力頼り。
ほんとにチャチな作りだけど目がかすむほどの加速、強烈な減速
そして天下無敵のコーナリングが味わえる、化石的存在。


Kousoku しばらく乗らない間にすっかり作法を忘れてしまったが
昨夜名古屋高速をぐるぐる回って感触を思い出した。(よいこはこんな写真撮らないように)

とにかく風当たりの強い車で、クルージングできる速度は
90kmくらい。それ以上だと右の頬が痺れるし体から熱が
どんどん奪われる。


買った当初はイケナイ速度で夜な夜なランエボとかZとかBMW
なんかを「撃沈」して喜んでたけど今はすっかりボーーーっと
緊張せず走れるスピードで頭の中の熱が引くのを待ちながら
走っている。

Alpen 高速を何周か回ってようやく頭の中がクリアになってきたので
高速を降り路肩に停める。屋根が無いのがなんともいえない
開放感。

いつもハルレオを連れて行くホットドッグ屋さんで休憩。
ヲタクだなあ、、と思いながら「ブログのため」とつぶやいて
写真なんぞ撮ってみる。Roadside

世の中エコ活動が広まる中、こんな非国民的クルマにいつまで
乗るんやろと思う。お金だってもったいない。

んがっ!
ガソリンをブワーーッとまき散らしながら盛り上がるエンジンの
快感はボクの中では、かき消せない。
バウッバウンッとヒールアンドトゥを決めながらシフトダウンする
のもたまらない。イマドキの、ハンドルについてるシフトなんて
テレビゲームみたいなもんさといいながらアルミのシフトレバー
をスパスパ意味もなくシフトしてみたり。

さらに後輪に過重をかけながらコーナーを抜けつつアクセルを
乱暴に開けていくとボディがよじれタイヤがズズズっと逃げて
いくときの「俺は操ってるぞぉぉおおっ」感は車重の軽さ、
限界の低さの相乗効果でボクレベルのドライバーでも十二分に
味わえる。

はぁ、、何書いてんだろ(^_^;)

とにかく、どうしようもなくクルマ好きなのですよ、ワタクシは。
このあほあほパワーが企画開発のミナモトなのです。

2008/09/22

雨の日の乱闘

こんにちは。ここへ来てがんばる巨人に、不景気なんだから
阪神に優勝してもらおうよ、と思う販促ツールメーカーGRIT!
ヨシダです。(阪神優勝で景気上がるジンクスてあったよね?)

今日は脱力犬写真のオンパレード。

ウチのHal&Leoの血統は、猟で撃ち落とした鳥を泳いで回収
するよう仕込まれている>水が大好き>雨も好き、という感じ。

で、雨の日はルンルン散歩して、帰ってくるとバスタオルで
拭いてもらうという「お犬様」状態。


Start 、、、で、拭いてもらう間にボルテージが高まってきて
拭き終わる頃には乱闘のスイッチON!


Jump マンションの通路をフルに使ってバトルの連続


Kamituki お互い遠慮無く噛みついたり倒したり


Ending いつも最低5分は闘って、両方とも「俺はやったぜ〜」って
肩に満足感をみなぎらせ、雨の日の散歩が終わるのであります。

こうやって写真撮ると見た目以上に野生の顔でめちゃめちゃですね。
世話するのは大変だけど楽しい毎日過ごしてます


2008/09/21

iPhone敗れたり?

こんにちは。台風の行方が心配な週末を迎える販促ツール
メーカーGRIT!ヨシダです。

またもやiPhoneネタ。

最近iPhoneの周りは旗色の悪いニュースが並ぶ。

9月の頭には「iPhone戦後処理が必要」という記事が
ネットで出され、
Docomo http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200809040080a.nwc

最近もKDDIの社長が「iPhone売れないのは想定内」と
ぶちあげた。
Kddi http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0809/17/news089.html

ところがこれは真っ赤なウソ。
販売台数動向を見るとソフトバンクの中では一番売れていると
いうデータがあるし、実際に店舗に行って「iPhoneどう?」と
聞いたら「iPhoneは1日に3台〜5台くらいコンスタントに出ている。
他の機種全て合わせても3台〜5台くらいなのでiPhone効果は
大きいですよ」と店員さんが言う。

日本で売れるケータイは年間5000万台。
そのうちiPhoneが売れるだろう台数は50万台。約1%。
たった1%か、と見れば確かに少ない。
しかしアメリカのパソコンメーカーが単独機種で殴り込みを
かけてきた、という側面から見れば7月から2ヶ月で20万台以上
売れているという事実は大きい。

さらにiPhoneを「誰が買っているのか」という面では、もっと影響は
大きい。

マーケティングで使われるイノベーター理論という分類がある。

1. イノベーター(Innovators:革新者):冒険心にあふれ、新しいものを進んで採用する人。市場全体の2.5%。

2. アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者):流行に敏感で、情報収集を自ら行い、判断する人。他の消費層への影響力が大きく、オピニオンリーダーとも呼ばれる。市場全体の13.5%。

3. アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者):比較的慎重派な人。平均より早くに新しいものを取り入れる。ブリッジピープルとも呼ばれる。市場全体の34.0%。

4. レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者):比較的懐疑的な人。周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をする。フォロワーズとも呼ばれる。市場全体の34.0%。

5. ラガード(Laggards:遅滞者):最も保守的な人。流行や世の中の動きに関心が薄い。イノベーションが伝統になるまで採用しない。伝統主義者とも訳される。市場全体の16.0%。

こんな具合。
当然iPhoneは今のところイノベーター、もしくはアーリーアダプターが購買者の主な層だろう。
で、この人たちが何をしているかというとせっせとブログを書いてたりする。そしてそこにはウォッチャー(観察者)であるアーリーマジョリティ層がわんさか回遊している。
ここ数年でブログが消費者の購買動機になる可能性は非常に高く評価され、車や家電メーカーでは発売前にわざわざ「ブロガー」と呼ばれる人を集めブログにアップしてもらう手段を通常の広告戦略にミックスして採用している。

今まで売れたiPhone20万台の10分の1、二万人。
そのまた10分の1の二百人くらいでもiPhoneのことを高く
評価し、お気に入りのケータイ、新しい世界を切り開くデバイスと
して紹介し続ければ、各ブログに毎日5000や10000人くらいの
来訪者が洗脳されていく、、、。

正直言ってボクもiPhoneは売れないと思っていた(7/10弊ブログ)
しかし発売初日にうっかり買ってしまい、以来愛用してる
(正確にはスタッフに試用させてる)

「戦後処理」みたいなDoCoMoの提灯記事や
「想定内」と後出しじゃんけんのau社長コメントくらいでは
iPhoneの勢いは止まらない気がしてきた。
(毎日毎日専用ソフトが開発され、話題には事欠かない)

iPhoneはソフトバンクのケータイではなく
appleのSteve Jobsが渾身の力をこめて投入した
smart phoneのInnovatorなのだ。

2008/09/20

偉大なりイチロー

こんにちは。矢のように一週間が過ぎていく販促ツールメーカー
GRIT!ヨシダです。

今日のお題は日本のヒーロー、イチロー。

イチローらしく、というかなんというかあっさりと8年連続200本
という、すさまじい記録を打ち立てた。

200本打つ技術はもちろん凄いけど、何より大きな故障を
しないこと、モチベーションが乱れないことが本当にすごい。

今年3000本安打するころ、残り試合数と今シーズンのヒット数
を計算して大丈夫かしらん、と心配したけどそんな素人の心配
は何処吹く風とばかりに8月に調子を上げ、9月に入った頃には
8年連続の記録をきっちり視野に入れていた。

野球のヒットなんて相手あってのことだから中々計算しづらい
ようなもんだけど、きっちりと達成できるように仕事し続ける
能力の高さは一体どんなマインドセットをしているのか、かけら
だけでも脳みその中をみてみたい。

イチローの偉大さは一切何も異を唱えるつもりはない。
しかし、日米通算3000本安打に関してお祭り騒ぎになったのはちょっとどうかと思う。
確かに日本の記録とアメリカでの記録を通算すれば3000本
という記録に達するのは事実。でもそれがアメリカの中でも認めてもらえたことかは??だ。

言い換えれば、今後日本球界において
韓日通算4000本安打達成!とか
台日通算5000本安打達成!と、韓国や台湾、中国などの
選手が二国にまたがる記録を打ち立てたとき、それを支持する
だけの度量が日本のマスコミや国民感情として持てるかどうか?
ということにつながると思う。

まあ、そんな細かいことこだわらんでもええやん。と言われれば
それまでだが、こだわらないことを選ぶならばいつまでたっても
自分にとって耳ざわりのいい話だけを取り上げる、成熟できない
国になると思う。

これからの一世紀、大国として覇権を争うのは中国・アメリカ、
そしてインドやロシアなどになるだろう。そんな環境を迎えようと
している時に日本という国が外から見たらどう見えるか。
何を、誰に、どのタイミングで、どの強さで言えばいいのか。
きちんとしていかないと名実ともに二流国へ転落する。

日本が誇るイチローを正しくアメリカ・日本の宝として後世に伝えるために「公正さ」は良識ある判断の下にしていかなければならない。

ぐだぐだ言ってもイチローをリアルタイムで見られることに感謝!

2008/09/19

不景気なんてドコデスカ?

こんにちは。食欲の秋だなあ、、と夜中に冷蔵庫漁りながら実感
する(恥)販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日はただいま新製品ラッシュのデジカメ話。

9月に入ってバタバターっとデジタル一眼カメラが発表された。
年末商戦に向けてのラインナップなのだけれど、各社鼻息荒い。

Sony ソニーα900。店頭予想価格は33万円前後。
有効2,460万画素!とすごい性能。

5d キヤノンは、EOS 5D Mark II。店頭予想価格は30万円前後。
動画記録可能なハイアマチュアモデル。


50d さらにキヤノンは、EOS 50D。店頭予想価格は15万円前後。
10,20,30,40と毎年のように型番がアップしながら
モデルチェンジする普及機。EOSkissシリーズの兄貴分。
5Dとの違いなんて見た目は不明でしょ。

Nicon ニコンは、D90を店頭予想価格12万円前後。
ニコンのことはさっぱりわからないけど、何やら動画が
撮れる日本初のデジタル一眼らしい。

 

Pana パナソニックは、Lumix G-1という「世界最小モデル」を発売。
店頭予想価格は8万円前後で、カラフルな展開。
売り方は女性向きという設定だけど、今までの常識を破り
一眼レフ必須だったミラーやプリズムを無くして超コンパクトに
した画期的商品。でも肝心なレンズが今のところプアな感じ

Leica ドイツの老舗ライカもM8というモデルをバージョンアップ。
たぶん60万円くらい。(これは一眼カメラではないけど)

ライカの60万はご愛敬として、軒並みレンズ込みだと
10万〜40万の買い物になる。
さらに一眼デジカメはレンズ地獄という恐ろしい
上納金回収システムがあり、このスパイラルに入ると
どんどんお布施を払い続けることになる。

どのメーカーも月産1万台以上の目論見を立ててるみたいだけど、
車や家が売れない売れないと不況風が吹き荒れる中、カメラと
いう嗜好性の強い非生産的なモノが売れるというのは不思議な
感じがする。
(デジタル黎明期の一眼市場は600万円>300万円>
150万円>100万円と価格が下がり続けてきた経緯があり、
それを知ってる世代から見れば何となく「安い気がする」という
価格トリックに踊らされたまま、というのが一眼市場。
ホントはもう3万〜5万円くらいでも十分本体は作れるはず)

このデジタル一眼みたいなベクトルだとパッと思い付くものに
大型バイクがある。しかしこの市場はハーレーダビッドソンが
一人気を吐いてるだけで国産メーカーは沈降し続けてる状態。

世の中全体を見れば縮小し続ける日本の中で活路を見いだすと
すればニッチな趣味嗜好的ジャンルが魅力に感じるが、隆盛
著しい一眼カメラと沈降するバイク、カメラとバイク。
バイクとカメラ。カメラにバイクでバイクにカメラ、、ううーーん
その差はなにか?ややこしやぁ〜〜、ややこしや  !

うっかり吉本ギャグが脳裏をかすめたためにエンディングが
おかしなことになりました(>_<)

くどいようですが、(7/30弊ブログ参照)昨年買った
一眼カメラの減価償却がココロの中で終わってないので
この秋モデルは買いません。(一眼カメラは、ね、、)

2008/09/18

大チョンボ!

え〜〜〜、昨日のブログで大チョンボしました。。

スタッフ日記で全員のことをほめたたえたつもりでしたが
大切な一人を忘れてました(>_<)


Sn3b0002 イシカワ@マルチプレイヤー
デザイン・出荷・身の回りの整理整頓・ハルレオのお世話係
ボクやヒナタブチョーのいじめ相手etc、etcといろんなことで
活躍してくれてます。

性格的に「下へ下へ」と身を持っていくところがあるので
スポットライトを浴びようとはしませんが、細かなところも
気をつかって行動してくれるので会社全体がスムーズに
まわります。

そんな大切な人なのに、、、
「漏れ」が無いか数えてアップしたはずなのに、、、
忘れてしまった。。。。

ごめんねイシカワ!

イシカワさんのブログはドアラ・ハルレオ・米米クラブの石井竜也・食べ物が主体でココロの内はなかなか見せません。陽子なので陽気ですがミステリアスなところもある人です(^_^)

きらめく才能

こんにちは。毎日デンジャラスなニュースばかり飛び交う毎日に
「ほのぼのニュースは無いかのう」と首をかしげる販促ツール
メーカーGRIT!ヨシダです。

今日は身内ネタ。

日本一商売っ気がない販促ツールサイトと評判なsugkik.net。
これはひとえにワタクシのムラッ気と行動力の無さが暴露され
続けてる訳です。

そんなsugkik.netの中で楽しみなのがスタッフ日記。

これはスタッフ全員が当番制で書いてるものだけど、ふだん
顔を突き合わせてる人間がブログ(文章)を書くとこんな感性を
持っているのかと、いつも感心している。

中でも日常離れした内容、書き味なのが松浦・松本の松松コンビ
へーーーー、と思うしボクなんかよりはるかにおもしろい。
できることなら毎日読みたい(笑)

他にも
とにかくアウトドアなマイワールドを描き続けるシマダ
とにかくトリップ&チャレンジングなトミタ
切り取るテーマがおもしろくやさしい書き口のカマタ
いつも全力で一生懸命書いてるなフジイ
見た目通りで口数少ない照れ屋さんぽいホンダ
見た目とは違いお茶目な絵文字多用のタケウチ
忘れちゃいけない穏やかオーラのヨシダブチョー

と、楽しませてくれる。

みんなが自分らしさを表現できてることが本当に誇らしく思える。

みんな、肩のチカラ抜けて良い感じやでぇ。

と、ここまで書いて一人足りないことに、、、

ご存じグリット!の若大将@ヒナタブチョーがめっきり投稿
してませんねぇ。。。。
ま、オレ流の人ですからねえぇえ、、しゃべることに忙しいです
からねぇえ。。

ま、そのうち熱いメッセージのラッシュがあるでせう(^_^)v

2008/09/17

ビバ!モータースポーツ

こんにちは。こんがらがったセヴンのバッテリーをホープ@竹内に
直してもらい、ご機嫌の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は四輪レースの話

日曜日のF1でトロ・ロッソというチームのセバスチャン・ベッテル
という若者が「史上最年少優勝」というニュースを見た人は
けっこういるだろう。

当日は見られず、昨日録画したモノを見たが、そのトロ・ロッソ
は昔ミナルディというチームだったことを聞いてたまげた。

ミナルディはどこのコースでも満遍なく遅く1ランク下のクラスと
どっこいのタイムで走るようなチームだった。

レースは下手だがパスタは美味い、とか雑誌に冷やかされてた。

「きっこのブログ」というところで、情熱的に書かれているので
ぜひご覧あれ。(併せてウィキペディアも)
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2008/09/post-ebd2.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3

そのF1の前には日本でスーパーGTというレースが行われてた。
http://supergt.net/jp/

最近ではF1よりこちらが好きでよく見ている。

市販車の形をした車で500馬力と300馬力の
2クラス同時に走るというレースで、抜きつ抜かれつが激しいし、
上位になると重量ハンディなどが課せられ、なかなか同じ車が
勝ち続けることができないという仕組みがあり見ていて飽きない。

なかでも御贔屓なのが紫電という車で戦うCARS TOKAI。
Shiden 愛知県東海市加木屋町という超地元だし、ドライバー兼チーム
オーナーがホンダ系のカーディーラーをやってらっしゃる
高橋一穂さんという人で「史上最強のアマチュアドライバー」と
評されながら50才過ぎてもバリバリにプロと渡りあってる。

元へっぽこレーサーで零細企業のシャチョーとしてのボクから
見れば憧れに近い存在。


モータースポーツは、ナマで体験しないとなかなかその魅力は
伝わらない。
でもその魅力は一般スポーツとは一線を画したところにあり、
脳みその芯にこびりついてる。

どこまで行っても道楽なんだけど、レースの世界にもう一度
足を踏み入れたいなあと、トロ・ロッソの優勝や高橋一穂さんを
見てて思った。

さあ仕事がんばるぞ!

2008/09/16

常用サイト

こんにちは。さあ今週も週末が連休なので休んだり稼いだりできる
ハッピーウィークですの販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日はボクが常用してるインターネットサイトのご案内。


まずネットを立ち上げた時に表示されるホーム画面

Igoogle igoogleというグーグルのサイトを設定してる。
色んなパーツをブロックみたいに組み合わせて好きなように
できるのがありがたい。


Aratanis 新聞代わりのあらたにす。
allatanys.jp
家で4紙とってるけどこれはこれでありがたい


Apple アップル情報のリンク集。Apple-Style
www.apple-style.com


Bp コラムが参考になる日経BP
www.nikkeibp.co.jp

Jcast 最新ニュースから芸能ものまで網羅するJ-CASTニュース。
www.j-cast.com

とりあえずこんなところか。
これらは世の中の流れを知りたいので見るサイトで、ほぼ毎日
パパッと流して目にとまったものだけ読む。

で、自分が好きなことやら興味深い人のブログなどは
Googleリーダーというところにまとめてあり、それを開いて
更新されてれば太文字になっているのですぐわかるという
シロモノ(要するにRSSリーダーです)

Google こんな感じ。

インターネットのおかげでまさに情報洪水といえるほどの
量を得ることができるようになった。
でも知れば知るほどネットに流れてる情報もバイアス(偏り)が
かかってるものがほとんどだということが解ってきたし
(つまり真実にはほど遠い)
さらに日本語しか読み書きできない自分が見られる情報の
限度がいかに浅いものか思い知らされる。

世の中で起きてることの真実を教えてくれるサイト、
また多言語習得して世界中のサイトを見られるチカラ。
そんなことが実現できたらいいなあと思う。

といいつつネットなんかは放りだして本を片手に海の近くでボーーーッっとしていたい願望も強かったりして。
Sky

2008/09/15

しれっとしたレベルの低さに腹が立つ

こんにちは。想像以上に「新事務所」が居心地よく、仕事の
ペースがギヤアップし始めた販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです

今日は久しぶりにイラッときた話、二例。

一つめ
高速道路のガソリンスタンドにて。
何気なく入ったその店には給油中の車が3台。
ボクの車は左側に給油口があり、左側を計量器につけようと
すると二台待たなければならなかった。
ま、いいかと待っていたら店員さんがボクの後ろに止まっていた
バイクを誘導して右のレーンで給油し始めた。

ん、、と思って後ろに誰もいないことを確認し車を転回し
右側のレーンに逆さまに停車した。
で、近寄ってきた店員さんに「レギュラー満タン」と告げようと
したら、あざけるような薄笑いとともに「逆方向での給油は
できないんですよ」と拒絶。

「あ、そう、でもとりあえずつけちゃったから入れてくれる?」と
聞いてもイヤなら出てけ的表情でNOと言われる。

あとから考えると高速道路だからガソリンスタンド内で転回
することは危険だからダメというルールがあるかもしれない。
しかし、その時はその店員さんの明らかに見下すような態度に
久しぶりにムカーーっときた。

二つめ
来年の春auからようやくスマートフォンが発売されることになった。

E30 こんなスマートなやつ。ケータイ会社で最後発になる。
iPhoneiPhoneと言ってるけど本当はauユーザーのボクは
ようやく出るかと記事を眺めていた。。。

したらば!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
国内の主なサービスへの対応はCメールの受信のみで、
EZwebのEメールや着うた、EZ FeliCaなど、EZwebサービスは
サポートされない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、記載されている。
それもどこのwebサイトを見てもサラッと同じ口調で書いてある。

Cメールが「受信のみ」で
EZwebのEメール他etcは「利用できない」

なんじゃそら??

Cメールとはau同士なら電話番号でやり取りできるメール。
EZwebのEメールはケータイ用のeメール。

それが使えないとはドウイウコッチャ?

元々買わないけど(もうすぐソフトバンク一本にしようか思案中)
もしホイホイ買っていたら、奥さん@ブチョーとの愛のCメールは
一方的に受け取ることしかできず、さらにケータイeメールが
使えないということはパソコンのアドレスでメールは発信すること
になり、そうするとケータイでパソコンからのメールを着信拒否
してる人には受け付けてもらえない。という事態に陥る。

法人向け、と記載されていたから一般的な使い方とは違う
ポジションなんだろうけど「個人向けも検討」とされてるし。
そもそも、そんな使い勝手の悪さをどこもかしこのサイトや
マスコミもプレスリリース丸写しなだけで、「auからスマートフォン
が発売予定、しかしケータイ用メールサービスは絶望的!」と
わかりやすい伝え方をする所はどこにもなかった。


B17maartent181 高速道路で割り込み給油を平気でさせるガソリンスタンド。
今時、ケータイメールが使えない「スマート(賢い)」フォン。

利用者へのおもてなしはおろか、それをしたらどう感じるか
という想像力に全く欠けた行動、施策。

ひとこと、申し訳ないけどと添えてもらえば何も波紋は立たない。
しかし、さも当然という顔でしれっとされると、ハイハイモウイイヨ
アナタノトコロデハ買ワナイヨと心の回路が流れを変える。
今回の腹立ちは両方とも普段、自分の中で愛情込めて接してるだけに余計かわいさ余って憎さ、、、の世界。

注意一秒怪我一生。
ア〜〜ンド
人の振り見て我が振り直せ。

で、ある。



2008/09/14

新型iPhone???

こんにちは。ひっさしぶりにセヴンに乗ろうと意気込んで
干上がったバッテリーを買い換えたものの、+と−がわからなく
なり、敢えなく断念したメカ音痴の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダ
です。

Ca390067 くっそーーっ。待ってろよ〜〜

そんな訳で今日もiPhoneネタ。

先日のiPod発売に合わせiPhoneのソフトもバージョンアップされた。
どれくらい進歩してるか試すためにホープ@竹内からiPhoneを
取り上げ、久しぶりに撫でくり回してみた。

そうしたら、効果絶大、超絶進化!
今まではあまりお勧めできなかったけど、これならイケる。
超もっさりしていた日本語入力が改善されたし、インターネットも
固まることがすごく少なくなった。他にもコマゴマよくなってる。
そろそろ、グリット突撃部隊の開発部にも制式採用しようかと
ちらほら考え始めたりして。

で、よくなるとドンドン欲が出てきて便利な機能やサイトはないかと
探してたら「新型iPhone」というページを発見。

Phone むむむぅう、キーボードガ ツイテイル、、、。

もちろん、これは某国の仁義無用のコピーというか
パロディというかの製品(ちゃんと発売されるみたい)

日本も偉そうなことは絶対言えないけど、ここまでデリカシーの
無い模造品まではさすがに作らない。

ま、でも個人的にはキーボード大好きなのでいつか本家でも
キーボード付きのバリエーション作ってくれたらありがたい。

iPhoneをナビ代わりにセヴンでドライブ。
来週こそ行ったるぞぉーーっ。




2008/09/13

ブカブカで行ってみよう

こんにちは。今日は大地震が来る大地震が来ると予言しまくりの
ヒナタ@ブチョーがやかましい販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は新事務所設立?の話。

7月にカフェを閉めてから早やふた月。性格的にウェットなボクは
ここ2ヶ月、正直カフェスペースに足を踏み入れるのがいやだった。
でも何もせず放置するのはアホなので、暫定的にカフェの
客席だったところをシャチョーのアトリエとしてカタログ制作の
ネタ作りの基地にすることにした。


Ca390253002 これがボクの机。広々すっきり。散らかし放題(^_^)v

Ca390251002 右の長くくっつけたテーブルは会議用。左は接客用。

20坪あるスペースを独り占めするのは、いかにも贅沢だけど
パソコン置いたり本を整理したりするうちに、しばらく忘れていた
感覚がムクムクと沸き上がってきた。

それは「このスペースを埋め尽くすほど人とモノで
いっぱいにしたい」というもの。

経営者だからそう思うのか、個人的な癖なのかわからないけど
開業したときや移転したとき、「ちょっと広すぎるのでは?」と
思う気持ちと、「ここをいっぱいにしよう」という気持ちが
入り交じるけど、勝るのは後者。

器の大きさが商売を作る、と言ってもいいかもしれない。
なんとなくだけど皮膚感的に「あ、できそう」と思い始める瞬間だ。

カフェそのものの撤退も痛かったし、目論んでいたガソリンスタンド
業界以外への進出も頓挫したのが相当痛い。
でもここしばらくはグリットの強みを生かした活動をしようと
思っている。その活動を最大限できるためにやはりボク自身が
どこまでの広がりを視野に持てるか、ということに尽きる。

広〜〜いスペースでポツンとしながら殻を破ることにチャレンジ。
今はブカブカの服みたいだけど、それに合わせてふた回りくらいスケールでっかくなれそうです。

でも寂しいので誰か遊びに来てぇ〜〜(^o^)

2008/09/12

なぜiPodは、いくつも買ってしまうか

こんにちは。最近突発性過食症(ボクの造語(^_^;))になり、
体重計の針がゆらりと右に振れてビビってる販促ツールメーカー
GRIT!ヨシダです。

またまたApple社のお話。

2日ほど前にデジタル音楽プレイヤーの横綱、iPodシリーズが
一新された。正直信者を自称するボクからすると、やや、かなり
期待はずれでドキドキするようなものは出ずマイナーチェンジ
ばかり。世の中的にも今イチだったらしく株価も下げた。

1 今回の目玉、iPod nano。スタイルが二世代前に戻り液晶が
大きくなった。

そんなリニューアルだけど発売翌朝には会社のスタッフが
ゴニョゴニョ買うとか買わないとか話したりしてた。

おもしろいのは話してるのがすでにiPodを持ってる連中、という事
どうもiPodには連鎖的に買いたくなる夢のようなエネルギーが
込められてるみたい。

なんでかなぁ、、と振り返った。

Ca390249 ボク(我が家)のラインナップ。時計回りに左上からiPhone、
初代ナノ、ただのiPod、iPodタッチ、二代目ナノ、初代シャッフル

う〜〜む、6台もあるではないか。なんでだ?

それはそれぞれに強烈な売りとはっきりした欠点があるからだ。

一番古いただのiPodは、当時40GBの大容量を誇った
でも重くてモノクロ液晶という欠点があった

初代ナノはすごく軽量コンパクトでカラー液晶
でも容量はたった8GB

二代目ナノは初代から二倍近く液晶が大きくなった
でも容量は引き続きたった8GB

初代シャッフルは、ウルトラコンパクトでフリスクみたい
でも液晶すら無く容量たったの1GB

タッチは超薄型大画面でビデオ見るには最適
でも中途半端な16GB

最後のiPhoneは電話とネットにつながるタッチ
でもカメラが固定焦点だったり電池がプアで相変わらず16GB

毎回神様スティーブジョブズが「こんなにすげえ」と言葉巧みに
プレゼンすると世界中の信者が「確かにすげえ」と同調する。
それを見るボクら餌食的信者は盲目的に「んだ、んだ」と激しく
同意し、買わないと明日が来ないような気になってしまい、
夢遊状態になりフラフラと上納金を納めてしまう。

そして買った後に「オラには耳が二つしかねえ」ことに気がつくが
しばらくは強烈な特徴を堪能し、人に会うごとに吹聴する。
しかし、しかし数ヶ月後またジョブズ様が降臨すると
フラフラと「前のモデルは○○が××だからな」と買う理由を
心に見いだし、財布を開きはじめ、容量や機能がアップしてる
割に価格が割安になっていることに気づき「買わなきゃ損だ」と
舞い上がってお布施に走る。

冗談めかして書いたが、ホントにこんな流れだ。

Appleは次から次へと信者を籠絡する為に「完全な商品」は
絶対作ってない。狂おしいほど魅力的だが別れる理由も
はっきりしてるイケズなオンナ的商品を生み出し続けている。

対極にいる日本、台湾、韓国などのメーカー。
打倒iPodを目指しついつい「全部入り」を目指してしまう。
無論全部入りが悪い訳ではない。
でも魅力的かどうかは圧倒的に差がつく。
なぜか?それはAppleの製品に込められた明確な特徴が
際だっているので、その前に並べられると印象が薄くなるから。


今回のシリーズ発表で、新しい世界を切り開くほどのものは
登場しなかった。必然的に売上も伸びず競合の追随を許すと
思う。ひょっとしたらiPodシリーズの充実はここらあたりで止まり
今後はiPhoneシリーズが多様化する戦略かもしれない。

超メジャーな会社なのだけれど、雰囲気はいつもニッチ。
Appleの巧みなポジショニングとマーケティングには憧れる。

※こういうことをつらつら書くときはボクが買う前の助走だと
推理される方もいらっしゃるでしょうが、今回は絶対買いません
(>_<)

2008/09/11

キャンプ恋しや

こんにちは。夜中のラーメンを久しぶりに食べて胃が重い
軟弱中年の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は涼しくなると恋しくなってしまう、キャンプの話。

最近すっかり行ってないけど、一昔前はヨシダと言えばキャンプ、
河原に行けばヨシダのテント、というくらいよくキャンプに行ってた。

20代半ば、バブル崩壊直前くらいの時期、バブルの恩恵は
受けなかったけどアウトドアブームにはポンと乗った。
学生時代の車は峠の走り屋目指してサバンナRXー7なんてのも
乗ってたけど、キャンプに目覚めてからはタウンエースを皮切りに
ハイエースを4台乗り継いだ。ハイエースのカーゴスペースは
ダブルベッドくらいのスペースがあり、テントやクーラーボックスの
他に薪ストーブや風呂用のドラム缶を積んで河原に突撃。
ドラム缶に沸かしたお湯をトモダチのピックアップトラックの荷台に
汲んで「走る温泉」とか言って女子を入れてその辺を走り回り
きゃーきゃー遊んでたりもしてた。

キャンプ好きでも蛾が恐い、
という軟弱なボクにとってのベストシーズンは秋から真冬。
今はダム湖になってしまったが、岐阜県の揖斐川の源流近くが
いつも行く定番の露営地。
秋から冬と言えば当然寒さとの闘いとなるけど、薪ストーブさえ
あれば意外と快適に過ごせるもの。雪上キャンプも幾度か体験
したが、雪で服が濡れることさえ防げば、まず大丈夫。
もっとも雪洞掘って寝てみたけど、あれはダメ。寝てる間に
呼吸が苦しくなり一緒に寝ていたハルも外へ出て行ってしまう程。
たぶん入り口が狭くて酸素不足だったのだろう。

そんなキャンプで活躍するのが鉈(ナタ)とナイフ。
基本的にキャンプ中はたき火をしていないと気が済まないタチ
だったので、何はなくとも鉈が大切。そして暇つぶしに木を
削ったり、魚を捌いたりするのがナイフ。


Ca390247 おなじみスイスの万能ナイフ。でもこいつはほとんど役立たない。
はさみがついてる場合だけ使うけど、本来のナイフはほとんど
使ったことがない。


Ca390248 頻繁に使ったのが、このOPINELというフランスの安物ナイフ。
安物だけに刃はやわらかく、錆びやすい。でもナイフ研ぎが
下手なボクでも簡単に切れ味復活できる。
チカラを込めて切ったとき折りたたみナイフはすごく危ないけど
このOPINELはチョー簡単なロック機構があり、それで安心して
魚の骨とか分断できた。

たき火、食い物、ハプニング。
この三点セットがあればキャンプは
猛烈に楽しい。

あーー行きてぇええ。



2008/09/10

雷神参上

こんにちは。一気に秋めく今日この頃、短パン出社をためらう
ようになったのが名残惜しい販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日はオリンピックで一躍有名になったあのお菓子。


Ca390244 体操の内村選手がいつも食べてるというニュースが走り売上3倍!

チョコ好きなことでは右にでるものを許さないワタクシとしては
どこかで発見できないかと思っていたら、当社スタッフ♀イシカワ
選手が買ってきてくれた。

早速食べてみた。
「ココアクッキークランチ」と記されているとおり、かじってみると
イクラくらいの小さなクッキーをつなげたものにチョコレートが
かけて固めてある感じ。でもクッキーというより、ビスケットみたいな
感じ。ちょっとモサモサする。

買ってもらって文句いうのもなんだけど、ま、こんなもんか、、
みたいな感じ(^_^;)・・・イシカワすまぬ。

ジャンクなチョコならチロルチョコがやっぱり横綱ですな。


2008/09/09

全日本モトクロス:アンラッキーデー

こんにちは。今日からカフェグリットの客席だったスペースを
シャチョー専用アトリエにしてもらい、悔しさの残像はあるものの
広々スペースにご機嫌麗しい販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。


「ドメくんが、怪我して動けなくなってる!」

ゴールラインで撮影しようと待ちかまえていたボクに衝撃の知らせ。
教えてくれた女性プレスに場所を聞き、慌てて走った。
口の中に血の味。

Dome 現場にかけつけると救急スタッフに囲まれながらも動けないドメ。
相当ひどそうだ。担架に乗ることすらできない。


決勝レース第一ヒート、ラスト2周のことだった。
スタートは3位で飛び出し、その後2位〜3位〜4位また3位と
めまぐるしく順位が変わり場内騒然となるほどの白熱レース。
ボクも撮影しながらついついレースに見入ってしまうほどの
好レースだった。
ラスト数周で4位に落ちたものの、絶対再浮上して表彰台ゲットと
信じてゴールラインに急いで向かい、おかしい、、帰ってこないと
思っていた矢先の知らせだった。なんとか救護室に担ぎ込まれ
応急処置はできたものの、第二ヒートは無論欠場。残念。

今日段階の情報では左肩脱臼と顔面骨折。。。
モトクロスではよくあることと聞きながらでもあの現場で苦悶する
ドメの姿は忘れられない。

さらに、そのレースの前、トッチもスタート後数周、ボクの目の
前でジャンプの着地で前輪をすくわれ、大転倒。
幸い再スタートできたけど結果は残せなかった。
Totti_2

地元レースということで、なんとなく良い結果が生まれると
勝手に思いこんでいたけど、なんともアンラッキーな日曜日に
なってしまった。

とにもかくにもドメの完全な復調を祈る。

2008/09/08

全日本モトクロス第8戦(写真速報)

こんにちは。いやはやメチャクチャ暑かったモトクロス観戦でした
の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

いろいろあってまとまらないので、まずは写真だけ。

Syuugou 集合写真をパチリ(クリックすると大きくなります)

Domestart 今回から新デザインのレースユニフォーム

Tottistart 右からトッチ、大ちゃん、大津さん(大大コンビはBASスタッフ)

Domedash 地響き立てて1コーナーに雪崩れ込む。

Deadheat 全てのギャラリーが文字通り固唾を飲んでコーフンしたデッドヒート。

Tottinoboru トッチも激走。

細かなレポートはまた明日以降。



2008/09/07

読まなくなった雑誌

こんにちは。今日は久々の全日本モトクロス応援に出かけてます
の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。見逃したけど前戦の
東北大会でエース福留選手が優勝しているので、期待したい。

さてレースの模様は明日お伝えするとして今日は雑誌の話。

ここ1〜2年の間に読む雑誌の量がガクンと減った。
ボクは何事も本から入るタイプなので、車やカメラ、パソコンに
電子小物等で欲しいものが見つかると必ず大量に雑誌を買って
情報満載にすることが楽しみだった。

他にも新しモノ掲載雑誌やアウトドア系、はたまた軍事情報雑誌
など毎月買っていた。

が、何をきっかけにしたのか最近さっぱり雑誌を買わない。
別に雑誌がつまらなくなったと言うつもりはない。
インターネットがいくら幅をきかせても雑誌には雑誌の、
新聞には新聞の良いところがあるということは感じている。

それでも読まないのは何故だろうと、ふと興味が湧き、コンビニ
で、目についたものを買ってみた。


Dime 新しモノでサラリーマンターゲットのDIME


Number 20年近く読んでいたNUMBER


Goodspress 「洗車」という言葉で反射的に買ったCARGOODSPRESS


正直なリアクションとしてはパラパラと見て読まずに閉じて
しまった。
いくら最新の情報が載っていてもどこかにマンネリを感じて
しまったような気がする。

自分の心の皮が分厚く不感症になってしまったのか、
それとも世の中の飽和状態が雑誌に反映されてるのか、ちゃんと整理できないと自分の存在意義が、販促という分野での情報発信にあるのでチトやばいと思う今日この頃なのでありました。


2008/09/06

あいさつする街

こんにちは。一昨日のスタッフ日記で「スキンって何?」と
堂々と疑問を呈していたカマタにびっくらぎょうてんした
販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。世代が変わると日本語も
変わっていくんですねぇ。トルコ風呂も通用せんだろなあ(笑)

さて今日は我が街自慢。

以前書いたけどグリット!も我が家も名古屋の中では柄の悪い
下町に在る。新聞に掲載されるような事件も頻発してる。

ところが、今住んでるマンション周りの街は妙に挨拶しあえる
人がすごく多い。朝、犬の散歩に出かけてすれ違う人の7割、
はオーバーかもしれないが、確実に5割以上の人と挨拶する。
もちろん犬を連れているということは、あいさつにつながる。
けど今までも犬を連れて何カ所か移り住んできたけど今ほどの
確率であいさつしてくれる街は無かった。街と言ってもホントに
1ブロック、子供会、町内会の広さ程度しかないけど、その中だけ
なにか他の地域とは違うあいさつする習慣が根付いている。

理由はさっぱりわからないが、朝から気持ちいい。
さらにマンションでは8割方の人が子供からお年寄りまで満遍
なくあいさつしてくれる。

日本中どこの街でもこうなればいいなと思う。


Blacks あいさつのきっかけに役立ってる犬ども

(オチは犬か(^_^;)

2008/09/05

すがきや

こんにちは。夜寝るときエアコンを点けるかどうか迷いながら過ごし続ける販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

昨日、久しぶりに東海地区の誇る飲食チェーン「すがきや」で昼メシを食べた。
東海三県以外の人にはインスタントラーメンしか知られていないかもしれないが、激安価格と豚骨味で親しまれている。(ボクが初めて行ったのは高校時代で当時ラーメン150円だった)

Ca390235001 150円なんて価格も今や昔で現在は290円

Ca390234001

さらにいつの間にか、すがきやオリジナルの先割れスプーンが右利き専用から左右対称のデザインに変わっていた。あんまりかっこよくなかった。

味も店も接客も「いつものマンネリ」っぽい感じだったが、ボクにとってはマルシンハンバーグやチキンラーメンと同じで、ある日突然食べたくなる脳みそに染みこんだ味。

昭和って良い時代だったなあとしみじみしながらすすっていたのでありましたぁ。

2008/09/04

その後のiPhone

こんにちは。海の向こうの原油の値上げは直接家計に響くのに、自分の国の首相が二人連続でトンズラこいても実感も影響も無いのが不思議な感じがする販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

さて、その後のiPhone。

世界的にはバカ売れしてて、ケータイガラパゴスと言われる日本では「まあまあ」というのが出だしの状況。発売一ヶ月で早くも失速と書き立てるニュースもあるけど、元々日本でのスマートフォン市場が3%程度と言われていたので想定の範囲内だと思う。

意外だったのは、まだ50万台もいかないであろう日本のiPhoneユーザー向けに続々とiPhoneの画面にぴったり合わせたインターネットサイトを立ち上げたり、あっという間に色々なソフトが増えてきたこと。インターネットビジネスを行っている会社は当たり前かもしれないが、紙媒体である新聞社、雑誌社も早々にサイトを立ち上げてきた。変わったところではAudiが試乗感覚のゲームを開発したりとニギヤカにお祭り状態になっている。

こんなお祭りが続くと予想以上に年間100万台以上売れたりするかもしれないなあと思い始めた。


iPhone開発のベースとなったiPod。
これは世界でも日本でも圧倒的シェアを誇るデジタルミュージックプレイヤー。
その成功の理由として、
1,メチャクチャ使いやすくてクールなiPod本体。
2,死ぬほど使いやすいパソコン用音楽ソフトiTunes。
3,ポチッとやれば楽曲ダウンロードできるiTunesStore。
この3つがからみあって他社が追随できない世界を造り上げた。

iPhoneでも、本体とiTunesとAppStoreというiPhone専用ソフトがダウンロードできるサービスがあり、自分好みのソフトをガンガン入れて使いこなせる。

ボクがフラフラ〜っと発売日に買ってしまったiPhoneは、7月の終わりからヒナタ@ブチョーの所へ行き、出先で原稿の確認などができるか試用させていた。ひと月経っての感想は「便利!十分使える!」と上々の返事。
ヒナタ@ブチョーと言えば、泣く子も黙る超アナログ人間。
今まで何度もモバイラーになろうとノートパソコンをとっかえひっかえ使ってきたけど、「通信」というところで挫折してきた。山間部へ行ったり、高速道路での走行中にメールを受信しようとしたりするので仕方がないところもある(が、根本的に好きじゃないので使わなくなる)

でもiPhoneではお盆を挟んで3週間弱の間に20回以上もチラシや看板のデザイン確認、業者さんからの見積確認などを行ってきた。さらに電車で出張に行ったときもiPhoneの乗り換え案内ソフトがすごく使いやすくて助かったぁ〜と言っていた。
今、iPhoneは開発部のホープ竹内の元で試用されている。

これで使えるなら外回りが多い開発部の会社支給ケータイはiPhoneにスイッチしようか考え中。

そんなこんなで、社内のパソコンのほとんどがApple製で、シャチョーがApple信者という特殊な環境だからバイアスがかかるけど、iPhoneいいですよぉ〜〜。
年内にはDoCoMoからも発売。という噂も流れているので乞うご期待。さらに9月9日にはiPod関連が大リニューアルするみたいなので電話機能の無いiPodTouchというミュージックプレイヤーで使い倒してみるのもアリかも

Photo2 iPhoneを自分では使えないので2年前に買ったiPodTouchにゲームソフトをしこたま入れて遊んでみた。(全部無料ソフト!)

Photo ゲームだらけのトップ画面の隣はこんな感じ。
上から3段目がiPhone用に作られたサイト。どれだけインストールしても動きがもっさりしないのがうれしい。

2008/09/03

電気は節約すべからず

こんにちは。いつのまにかこのブログの機能が増えて手描きの絵が描けたり、顔文字ヽ(´▽`)/があれやこれやとキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!入れられるようになりちょっとご機嫌な販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。Cocolog_oekaki_2008_09_02_21_04

最近読んだ本で、おもしろい下りがあったのでご紹介。

「バカ社長論」という本なのだけれど、その中に

赤字を出してる会社の経営者が
電気代の節約を唱えると、もっと経営が厳しくなる。

というもの。

理由は

happy01商売はお客さんに喜んでもらってナンボ。

happy02節約を口やかましく唱えると社員の気持ちが
 商売から離れてしまう=喜んでもらえない会社になる

coldsweats02そもそも電気代を節約しても得られる利益は微々たるもの

crying微々たる利益のために社員を右往左往させる経営者はセンス無し

という訳で節約しても赤字は減らない。という理屈。

「ムダ使い大魔王」と異名を呼ぶうすらバカ経営者のボクとしては
なるほど〜〜( ̄▽ ̄)、そうそう(≧∇≦)と納得。

塵も積もれば山となる。という言葉通り、節約したほうが良いに決まってる。
でも、あんまりガミガミ言ってもね。

幸いウチは日向@ブチョーがリーダーシップを取ってきちんとコストダウンに努めてくれてるため、社長よりスタッフのほうがちゃんとしてるというありがたい風土が出来てきた。

ボクはひたすらお客さんに喜んでもらえることに専念しよヽ(´▽`)/

2008/09/02

自己満足してますか(その2)

こんにちは。昨日「ウチはまだ大丈夫」と書いたばかりなのに8月の売上を見て気絶した販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです(>_<)

気を取り直して昨日の続き。

こんな図がある。

Mazro マズローさんという経済学者がいる。
その人が表した図式で、人はこの図の下から上へ向かって欲求が移り変わっていく、というもの。

下3つは赤ちゃんから小学生レベルの欲求とも言える。
重なりがでるが、真ん中から上3つは学校生活から社会人としての欲求とも言える。

もちろんこの図式は上に上がれば、下に降りないということではなく、火事や天災に遭った被害者の頭は下二段で頭がいっぱいになってしまうし、イチローのように子供の頃から最上段を目指して生きる人もいる。

で、なにが言いたいかというとほとんどの欲求は、本人の判断すなわち自己満足できるかどうかということにかかっている、ということだ。
それを消費活動という面でひっくり返せば、売る側が買い手の自己満足をさせてるかどうかということでもある。

特に
自我の欲求=ヨシヨシとかスゴーーイと褒めてもらえること
集団帰属の欲求=何あの人と後ろ指さされないこと
この二つは嗜好性が強いので、上手くくすぐれば「高くても売れる」という絵が描ける。

ヴィトンなどのブランド品、「いつかはクラウン」と言えてたころの車の階層的構造などはズッポシとハマる。
もちろん世の中にはそんな商品ばかりではない。
歯磨き粉や米なんかは下二段の欲求しか満たさない。

そういうものはどうすればいいか?
王道で言えば品質を上げブランド化するのが良いだろう。でも差別化できない状況であれば「血液型別歯磨き!」とか「受験合格米!(合格御札入り」などと違った切り口で上のレベルである自我や集団帰属の欲求をかき立てることを考えればいい。

日本が今いくら不況や生活苦という状況に追い込まれたように見えても、饑餓大陸でもないし第二次大戦後の食糧難というわけでもない。
一度贅沢を知ってしまった日本人は、節約モードになっても自我・集団帰属の欲求はかき消せない。

逆に贅沢を知ってしまったので、単にモノを作っても売れないことも事実。買おうかどうか心の助走に入ったとき、財布を開くためには「物語り」が必要になってきた。その物語りを上手く作ることができるかどうかがイマドキの商売では勝敗を左右する。

車のことを思い浮かべてみよう。
家庭用電話機やケータイ電話も思い浮かべてみよう。
どれも似たりよったりの商品ばかりがずらりと並ぶ。
車はくさび形のヘッドライト、空力を意識したフォルム、安全性重視で狭くなった窓。
家庭用電話機も何がいいのか全くわからない。ケータイもそう。

いざ買おうと思ってカタログやネットで調べ始めてようやく違いが理解できるレベル。
はっきり言って車は冷蔵庫やエアコン・洗濯機みたいに個性を失ってしまった。
これでは買いたくならない=売れない。

昨日書いたように大手の上場会社は手堅い伸びを期待され失点を嫌う。中で働く人は全てサラリーマン。一つ一つの商品に物語りをつけることは解っていてもできない流れになっている。でも大手がそうだからといって、右にならう必要は全くない。

「あ〜〜これ欲しかったんだぁ〜」と自己満足してもらえる物語りを用意すれば財布の紐はけっこう緩む。ヴィレッジバンガードが巧妙なのは小さな手書きPOPだけでマズローさんの図で言えば上から3つを期待させる言葉のオンパレードで店中満ちあふれている。

自己満足させてるかどうか。

売上が悪いと嘆く前に今の売り方(=過去の成功)が時代にマッチしているかどうか冷静に判断することが何より必要だ。

2008/09/01

自己満足してますか?

こんにちは。久しぶりの強い日差しを感じるものの、空は秋を感じる雲がたなびいてるのに寂しさ感じる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は真面目な経済問題。

イヤーー、景気悪化はすさまじい、というのが2008年月までの実感。
最近のニュースで調子良いという話は任天堂以外聞いたこと無いくらい。
マクロ経済は語れないけど、身の回りでも「不景気・不景気・不景気・不景気」といやになるほど連呼し続けてる。
会社が小さすぎるのが幸いしてウチはまだ大丈夫っぽいが、年を明けたらどうなるのかは全く不透明。

でも、ここ数年感じてる肌感で「おもしろいものが無くなった」と、よく思う。
衣・食・住・遊、あらゆるジャンルで出費する金額を思わず忘れてしまうほど、ムラムラするシロモノに合わなくなった。
ボク個人としては年をとったり結婚したりお金持ちになったり(ウソ(^_^;))したという環境の変化があるが、あらゆる年齢・階層の人に聞いても「おもしろいモノ・コトが無い。つまらない」と言う。

昔からのボクの体験的持論で、
企業対消費者であろうが
企業対企業であろうが
「買う買わない」は
[[[自己満足]]]できるかどうかに尽きる
というものがある。

どんなに優れた商品や企画であっても、それを買うと決める「人」の自己満足の鐘がチリチリーーンと鳴らなければ「よっしゃ買おう」ということにならない。それは個人消費でも仕事上の取引でも大きな差は無いということだ。

人は理性の皮をかぶっているが、買い物は感情に支配される。
仕事上の取引でも恋愛や結婚と同じで、不可思議な選択は頻繁に起きる。

そのポイントを見失ってしまうと、技術・品質・サービス・店構えをいくら良くしても響かないし、価格を下げても売れない。

Manzoku この図で示すように人が求める満足レベルは徐々に右上がりだが、供給する側の進化レベルが満足レベルを超えすぎて、「良すぎて満足を超えてる」という現象になってしまう。
今の日本で具体的には、赤いゾーンにある商品としてはケータイやパソコン・車が入る。
逆に任天堂はブルーゾーンに入っていて、WiiやDSなんかは、技術レベルとしては枯れたようなスペックでも家族中遊べる簡単さや親和性の高いソフトを揃えているので世界中で売れまくっている。身近なショップで言えば遊べる本屋のヴィレッジバンガードなんかも今現在はブルーゾーンにいるので成長を続けている。
(少し前まではケータイもパソコンも、イオンも99ショップもブルーゾーンに入っていた。でもどこかで買い手が求める満足度を飛び越えて「食べ飽きた」状態=赤いゾーンに入ってしまったので売れるはずのものが売れないと四苦八苦している)

バブル崩壊後、デフレは進み、技術は高まり、思いもしなかったものが安く手に入って当たり前の時代になってきた。
安く手に入って当たり前のものをそうそう幾つも買うほど誰しもバカじゃない。

原油や小麦、鉄などなどが値上がりし、消費が冷え込んでることは事実だけど、不景気の根本的理由は売り手自身が[[[自己満足]]]するほど熱を持ったものを売ってないからだと思う。

買い手が情報の洪水にさらされ、生半可な刺激では心が動かなくなってるのに「昔の名前ででています」とばかりに、各業界の経験則を当てはめようとしても「そんなのいらない」と、そっぽ向かれるのは当たり前のことだろう。

イマドキの会社経営は株主様バンザイという仕組みにとりつかれてるので、三ヶ月ごと(四半期)の業績を上げることを厳しく求められる。創業者のキチガイじみた情熱(自己満足に基づいた)を買われることはまずない。でも今こそ人の想像を超えるレベルで、とんでもない発想の元に創られた[[[自己満足]]]させる商品やサービスを提供することが大切なのだ。

長くなったので続きは明日。。。