2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« 木こりのクイズ | トップページ | エキサイティングデー »

2008/08/01

鳥・魚・虫

こんにちは。明日、スピリチュアルな世界の人と出会うことになっているので今からドキドキしている販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

昨日に続いて説教めいた話。

経営や自分の人生を成功させるために「鳥の目・魚の目・虫の目」を持て、とよく言われる。

鳥の目とは大空から下界を見下ろし全体を俯瞰できるような視点。

魚の目とは水の流れや潮の満ち干き、つまり世の中の流れを敏感に感じる視点。

虫の目とは近いところで、複眼をつかって様々な角度から注意深く見る視点。


人間の実生活に言い換えると「飛行機からの目」「歩き旅をする目」「他社職場の目」と言えようか。

アスファルトだらけの名古屋に住んでいても、飛行機から見れば「日本はなんと山と緑の多い国か」と感じる。

歩き旅をすればたとえ、それが自分の住む町内であっても新しい店がある、とか雑草の美しさとか、道行く人に季節や流行を感じたりできる。

さらに他人の会社の現場に訪れると「こんなやりかたしてるのか」と大きな気づきをもらえたりする。

自分の生活・仕事パターンが、いつのまにか当たり前になりベテラン顔になった時、成長は止まり、世の中、時代、年下の人間に置き去られ、抜かれていく。

「鳥・魚・虫の目」そしてさらに「今起きている来年・3年後・10年後」に対してどういう視点を持って活動するか。ボクの日々のテーマです。

« 木こりのクイズ | トップページ | エキサイティングデー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥・魚・虫:

« 木こりのクイズ | トップページ | エキサイティングデー »