2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« Halってやつは、、、 | トップページ | 災害対策 »

2008/08/29

さよなら1号機

こんにちは。最近、養命酒で「晩酌」するようになった販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。(キャップ二杯でベロベロ(笑))

今日はグリット!自慢の大型プリンターの話。

1gou 我が社に3台ある大型プリンターのうち第1号機が本日付で退役となり、新しい機械と入れ替わる。

この機械は足かけ7年使い続けてきた1号機で、ウチのSUGKIKシリーズを始めるきっかけにもなった思い出深い機械だ。

導入当時は、日本に大型プリンターが普及し始めたころで、第一世代から第二世代へ変わる過渡期で機械の値段が大きく下がり始めた頃だった。

安くなったというだけで勢いに乗って買ってしまったが、それをどうすれば有効に使えるかまでは考えが無かった。
こちらで使い道がわからないものがお客さんから勝手に「大型プリンターで出力して」なんて注文なんか入るわけもない。

苦肉の策でチラシを作り大型プリンターで出力できます。というアプローチをしてみた。
でも、初月は注文8枚だけだった。。。
それでは、チラシ代はおろか機械のリース代にもならない。

途方にくれる日が続いた。

今から思い出しても胃から苦いモノがこみ上げてくるが、当時経営状態はかなり苦しく、年間売上の半分近く!も借金をかかえ、毎月の支払いに追われて自分の給料なんかまったく取れなかったという状態だった。

そんなさなかに血迷って買ってしまった大型プリンターだったが、とにかく元をひかなきゃならないという切迫感にせき立てられるようにPOPのデザインをあれこれ考え、次第にその種類は増えていった。でも売上伸びない。注文来ない。機械はトラブル続出。と三重苦の状態が続いた。

最終的に開き直って、貯まっていったデザインを16ページ立ての本に仕立て、ダメ元で出してみた。
したらば!
それまでに比べたら大反響!
毎日送られてくるFAX注文に社内騒然で光りが差し始めてきた。

それから6年あまり、、、。
大型プリンターも3台になり、出だしから比べれば飛躍的な注文を頂けるようになった。

大型プリンターを導入しなければ、、、
チラシでPOPのデザインを作り貯めなかったら、、、
本に仕立ててカタログを作らなかったら、、、

今からは想像できないが、多分GRIT!という会社は消えて亡くなっていただろう。
そんな思い出深い機械がお役御免となるのはちょっとセンチメンタルな感傷にふける。でも新しい機械に変わることで、インスタントPOP・マグナムPOP・リミテッドの3シリーズのPOPがより色鮮やかに変身しグレードアップできる。
特に名前も付けなかったけど大型プリンター1号機くん、本当にお疲れ様でした。


Tomi 写真は、大型プリンター3台を切り盛りし、稼ぎまくってくれてる富田。1号機導入したころは、機械に一人貼り付いて1日5枚くらい出力するのが精一杯だったのに、巧みな時間のやりくりで3台を悠々と使いこなして大量に出力しまくってくれている(頭の後ろにあるのが1号機)

« Halってやつは、、、 | トップページ | 災害対策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよなら1号機:

« Halってやつは、、、 | トップページ | 災害対策 »