2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008/08/31

追い込み開始

こんにちは。今年の夏も水着のオネーチャンを見ずに終わってしまった販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

娘のナホもいよいよ夏休み終了。
というわけで、ここ数日全身から勉強するもんねオーラを発しながら黙々と最後の追い込みに入っている。

ナホは部活は吹奏楽部で、3年最後の舞台が秋の体育祭。なので夏休み中も練習に通ってた。
他にも
月曜・・・書道塾
火曜・・・進学塾
水曜・・・進学塾
木曜・・・進学塾
金曜・・・ひっぽ(多言語習得)
土曜・・・ピアノ
と、何でそこまで通うの!?というくらい一生懸命がんばってる。

部活と塾の合間には友達と遊ぶ時間も必要だし、家へ帰れば犬とオヤジ(ボク(^_^;)につきまとわれるのでなかなか勉強しきれない。

そんなわけで、夏休みの自由課題は夏休み最後の土日となる日に駆け込み仕上げ。
何をするかと覗いてみたら、一昨日の豪雨と共に夜中鳴り響いていた雷の研究。
「イマドキの娘だわ〜〜」と思ったのが、ネタは全てインターネットから。

Syukudai 丸写しはいかんでぇと釘は刺したけど、普段のガンバリや友達づきあい・家族サービスで追われる姿を観ているのであまり強くも言わないことにした。

Syukudai2 思春期なのに、無邪気なナホの勉強場所は食卓。
ボクとママ@ブチョーに邪魔されながらも、しゃべりながらやるのが好きみたい。

がんばれナホ。
でもあんまりがんばらなくてもええぞぉ。
進学校いけば良い人生拓ける訳でもなし、、
まあ、選択肢が増えるという意味では進学校の方が広がるけど。
たまにはパパとデートしようぜ(^o^)

2008/08/30

災害対策

こんにちは。雷に気を取られて、あんなに雨が降ってるとは気づかず寝てしまった販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。(会社の回りは浸水した車や店舗・住宅で大変でした)

日頃海の向こうで津波が起きても、日本各地で地震が起きても正直言ってどこか「対岸の火事」的なスタンスで、テレビの中の出来事のように捉えてしまう自分がいる。

しかし今回のように目の前で惨状を目にすると、泥縄だけれども出来る限りの災害対策を立てなければいけないなと思考回路が回り始める。

会社には一応水は10年保存可能な2リットル瓶を60本くらい用意してある。
他にもレオ用のトイレシーツを50枚ほど残してある。(これがあればトイレが使えなくても人間が用は足せる)
あとは缶詰が少しあるだけ、、、。

当然、ただ生き延びるだけでは仕方ないので、災害で被害が起きても極力お客さんに迷惑をかけないように仕事を復旧させる必要がある。

いつ、どんな被害に遭うか解らないので対処法も具体化せず放置してきた。
しかし、無策なままでは本当に災害に遭ったときおろおろするだけなのでいくつかのパターンを考えそれに対する対処法を明示しておく必要がある。

第一にはスタッフとその家族の安全確認。それから食べること、寝ること、排泄することの確保。そして災害当日まで受けていた仕事の履行が必要となる。
それらを果たして社屋の復旧だったり、災害当日以降の仕事の遂行を果たして行かなければならない。

もう少し頭を働かせ、日本全国のお客さんが被害に遭われたとき、グリット!として何ができるかということまで用意しておくべきだろう。

阪神大震災の時は、関西のお客さんに電話してもつながらない日が続きおろおろするだけだった。東海大豪雨の時は会社の水没を防ぎ、スタッフを家に送るだけで精一杯だった。中越地震の時は何もせず手をこまねいてるだけだった。

今回の豪雨でも被害が甚大と聞く愛知県岡崎市のお客さんに何か出来たかと言えば何もしていないし、他の地域がどうなっているかも知らないままだ。

早く着手せねば。

2008/08/29

さよなら1号機

こんにちは。最近、養命酒で「晩酌」するようになった販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。(キャップ二杯でベロベロ(笑))

今日はグリット!自慢の大型プリンターの話。

1gou 我が社に3台ある大型プリンターのうち第1号機が本日付で退役となり、新しい機械と入れ替わる。

この機械は足かけ7年使い続けてきた1号機で、ウチのSUGKIKシリーズを始めるきっかけにもなった思い出深い機械だ。

導入当時は、日本に大型プリンターが普及し始めたころで、第一世代から第二世代へ変わる過渡期で機械の値段が大きく下がり始めた頃だった。

安くなったというだけで勢いに乗って買ってしまったが、それをどうすれば有効に使えるかまでは考えが無かった。
こちらで使い道がわからないものがお客さんから勝手に「大型プリンターで出力して」なんて注文なんか入るわけもない。

苦肉の策でチラシを作り大型プリンターで出力できます。というアプローチをしてみた。
でも、初月は注文8枚だけだった。。。
それでは、チラシ代はおろか機械のリース代にもならない。

途方にくれる日が続いた。

今から思い出しても胃から苦いモノがこみ上げてくるが、当時経営状態はかなり苦しく、年間売上の半分近く!も借金をかかえ、毎月の支払いに追われて自分の給料なんかまったく取れなかったという状態だった。

そんなさなかに血迷って買ってしまった大型プリンターだったが、とにかく元をひかなきゃならないという切迫感にせき立てられるようにPOPのデザインをあれこれ考え、次第にその種類は増えていった。でも売上伸びない。注文来ない。機械はトラブル続出。と三重苦の状態が続いた。

最終的に開き直って、貯まっていったデザインを16ページ立ての本に仕立て、ダメ元で出してみた。
したらば!
それまでに比べたら大反響!
毎日送られてくるFAX注文に社内騒然で光りが差し始めてきた。

それから6年あまり、、、。
大型プリンターも3台になり、出だしから比べれば飛躍的な注文を頂けるようになった。

大型プリンターを導入しなければ、、、
チラシでPOPのデザインを作り貯めなかったら、、、
本に仕立ててカタログを作らなかったら、、、

今からは想像できないが、多分GRIT!という会社は消えて亡くなっていただろう。
そんな思い出深い機械がお役御免となるのはちょっとセンチメンタルな感傷にふける。でも新しい機械に変わることで、インスタントPOP・マグナムPOP・リミテッドの3シリーズのPOPがより色鮮やかに変身しグレードアップできる。
特に名前も付けなかったけど大型プリンター1号機くん、本当にお疲れ様でした。


Tomi 写真は、大型プリンター3台を切り盛りし、稼ぎまくってくれてる富田。1号機導入したころは、機械に一人貼り付いて1日5枚くらい出力するのが精一杯だったのに、巧みな時間のやりくりで3台を悠々と使いこなして大量に出力しまくってくれている(頭の後ろにあるのが1号機)

2008/08/28

Halってやつは、、、

こんにちは。水曜日くらいからちょっとづつ復調の気配が漂い始めた販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

すいません、今日も最近多い犬話。
昨日、Halを獣医に連れて行き、、という話を書いたが、実は新人ドクターに当たり結構大変だった。治療目的は左前足の爪が割れて、ぷかぷか浮いていたので浮いたところを切って取り除いてもらおうとした。

で、浮いたところはすぐ取れたのだけど、残ってる方をなぜか短くしようと新人ドクターが切り始めた。一回目は上手く切れたが二回目に切ったらHalが「ギャン!」と泣いて爪から血がトロトロと流れ始めた。

「あ〜〜血管切っちゃった〜」と思ったが、黒犬の黒い爪ではしばしばあること。(黒犬は血管が見えない。白系の犬だと爪が透けて見える)

ドクターも慌てることなく血止め用の粉を断面に付け始めた。
でも止まらない。次の策として血止め用の綿のようなものを付け始めた。それでも止まらない。結局診療中には止まらず一時預かりということになり、2時間くらい預かってもらった。最終的にはレーザーかなにかで焼いて止めてもらったみたい。

家に帰ってきたHalは出血したところは乾いていたが、割れた断面がジクジクしていたので「こりゃ舐めるな」と思って犬用の靴を履かせた。
Halshue

この靴を履かせるというのは、足の裏を怪我した時用に子供の頃から慣らしてきたが、Halは何故かこういうことにすごく高い順応性を示す。Tシャツやカッパ、帽子やサングラス、それに靴などほとんど一発で「あ、そう」という感じで受け入れてくれる。
今回靴を履かせたのも数年ぶりだと思うけど、かなり時間をかけても嫌がらずじっとしていた。(しかもその足は獣医で散々イヤな思いをしてきたばかりなのに)

他にも日常生活をしていて「あっち行って」とか「ここに乗って」とか命令として仕込んだ言葉でないことに対してもよく聞き入れてくれるし、注意深くこちらの表情を見て言葉の背後にあるもの、それは本気かどうかという強さとか、あっちとかこっちはどちらなのかという意思を推し量って動いてくれる。
さらにお腹を壊してトイレに行きたいときでも家や会社の中で粗相してしまうことはなく、耐えきれなくなると窓やドアの前に立ちつくし無言のアピールをし、開けてやるとベランダに出て用を足すと言うことも自分で身につけた。

あまりにも分別がつきすぎて、あまり感情を表さないし手を焼くことも無いので、つまらない面もある。(そんな状況でレオを迎えたのでレオはほとんど躾らしい躾もせずやんちゃ坊主のまま育てて、見事に子犬のままの精神年齢で成犬になった)

Halは今9才。
人間に置き換えると還暦過ぎたくらい。
これから老いとのすり合わせをしながら生きていく。
40キロ近くなる大柄な犬なので寝たきりとかになったら大変だ。
でも、ボクがグリットを運営する身となって試行錯誤しながら生きてきた中で、Halにぶつけてきたストレスや、Halがいることで心の平静を取り戻せてきたこともすごく多い。そんな環境の中で生きてきたHalだけに、できるだけ長生きして欲しいし、今いるスタッフたちの和みの相手としていつまでも生きていて欲しい。

「いつまでも」なんて言ってもかなわないことは百も承知だけど1日が一ヶ月にも相当するくらい密度の濃い関係を続けていたい、と願う。

う〜〜〜ん、なんか暗い文体で書いてしまった。
なんでこうなったかわからないけど、Halってやつは凄い存在なのです。よかったら事務所に合いに来てやってください。

※犬飼いの人用に、はがれた爪の写真載せときます。
少しだけグロいので見たくない方はスクロールしないように。
(大したもんではありません)















まだ↓













まだ↓













こんな感じ
Tume ギャン!て鳴き声が耳に残る(笑)
そうです、足まで白髪が生えてます。

2008/08/27

知の集積

こんにちは。今日は獣医にHalを連れて行ったら体重が40キロになっていて、あわててダイエットを決意した販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。(獣医に行ったのは足の爪が割れたためで、割れた爪を取り除いてもらって終了。Halの適正体重は36キロなので1割ダウン必須)

今日はネット文化の話

インターネットを始めた頃はYahooが情報収集源だった。それがいつのまにかgoogleができ、さらにWikipediaの登場で「調べ物はインターネット」というスタイルが定着した。

それまでは広辞苑とか英和/和英辞書を頻繁に使っていた。(あとイミダスとか)
Wikipediaは本当に便利。

Wiki 世界10カ国に渡る有志の活動で作られるインターネット上の「フリー(無料)百科事典」

試しに「国語辞典」と引いてみる。

国語辞典とは、日本語の単語・連語・句などを規則的に配列し、説明した書物。とある。

Kokugo そしてその後、国語辞典の歴史>参考文献>関連項目>外部リンクと書き記されている。そして文末には「この項目は書きかけです。さらに加筆・修正願います」と締めくくられている。

星野ジャパンでもルーキーズでもトロロッソでもなんでも詳細に出てくる。文中の単語にもリンクが貼られているので、どんどんと探求心を満たしてくれる。

ものすごいエネルギーだと思う。

でも最近「これでいいのかなあ」とちらほら思い始めた。

確かに数多くの有志で形成されるので、猛烈な速度と範囲の広さで日本語版Wikipediaだけでも50万語を超えているらしい。(イコール日本最大語彙収録の百科事典となる)

でもなんとなく「感心はするけど今ひとつ浅い」ような気がする。

タダで利用させてもらって何を贅沢言うかという人がほとんどだろうけど、「紙の書物」に比べると深みが無い感じがする。また、Wikipediaに限らず、様々なビッグネームのブログやコラムを見ても、感動や畏怖を感じることは無い。大衆化して10年そこそこのインターネット文化に完全を求めるのは度が過ぎた欲張りだと思うが、あまりにたやすく様々な情報が手に入れられるのでつい「知ったかぶり気分」になってしまうのを戒めなくてはならない。

誰が言ってたか忘れたが、グーテンベルグが活版印刷機を発明し、本が印刷されるようになってから人間は頭が悪くなったらしい。

何で?と思ったが、印刷される前の本は声に出して読み聞かせたり、本を丸ごと一冊書き取ることで学びのレベルが深かったという。

情報過多でチョンチョンとつまみ食いしても身につかないというところか。いずれにせよ発見は実体験や人との出会いの中から生まれるし、現場で揉まれないと完成には至らない。

「グリット!の未来」と検索しても絶対出てこない。自分たちで創るしかない。。。。。と、打ってから念のためにgoogleで検索したら「グリッドの未来」として23000件も出てきた(笑)

2008/08/25

マンガかあ、、テレビかあ、、

こんにちは。オリンピックが終わるとともに、やけに涼しくなって体温調節が難しく感じる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

レイキ療法で毒出し・浄化中のまっただなかにあり、行動力も思考力も激減中でのたわちまわる毎日(このことは整理ついたら改めて書きます)

そんなボンクラ状態でも半年先、1年先のことだけは自分が着手・進行しないと会社の成長が止まってしまうという切迫感にかられてジワジワと匍匐前進中。

今、着手しているのが細かくは言えないけど、マンガやTVコマーシャルみたいなものをしこたま作ろうかと試行錯誤中。

とは言っても広告屋のくせしてマンガやTVは大の不得意分野。
マンガは年に一回マンガ喫茶に行くか行かないかで、行ったとしても超ロングセラーの作品を3タイトルくらい読むだけ。
TVはF1・サッカー(日本代表戦)・格闘技なら見たいと思って見る程度。

でも自分の感性でマンガやTV的なアプローチを採用しないのも限界にきた。(と思う)

「モノを買わなくなった消費者」に対し、どうやったら潜在需要をかき立てられるか。
来年のテーマとしてこんなことを考えている。

そのための技法の一つとして、マンガ
そのための技法の一つとして、TV

TVは今年の春からけっこう見るようにして、どう表現したらいいか、なんとなくコツをつかめてきた。
マンガは未だ五里霧中。
Manga とりあえず思いつくまま買ってきたが、「よーわからん」のが本音。もっと量を見ないと体に浸み通らない。

今週から作り手の人たちに面接かけていくが、最終的には学生さんも巻き込んで数十人単位に参加してもらうつもり。
それをうまくコントロールできるかどうか。

ヘタレてる場合じゃないんです。










2008/08/24

ヨシダ家

こんにちは。「今年は毎日ブログを書き続けよう」という決意がもろくも崩れてしまった販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。(23,24日に見てもらった方、ホントにすみません!)

今日はグリット!の年中行事、その名も「ヨシダ家」のお話。

ボクとヨシダブチョーが図らずも電撃結婚をし、今のマンションに移り住んでから3年目。いつの間にかグリット!にはヨシダ家という飲み会を年に何度か行うようになった。

料理好きのヨシダブチョーが思う存分腕を振るい、スタッフのみんながグダグダと飲みまくり食べまくりのロング宴会が行われる。

Mina みんな好きなように食べ

Hiho 眠りたい時は寝て

Hohalmatu 犬と戯れ、

Hal なかよく語らいあう。


今回は1年ぶりという久々タイミングだったので、みんなも心待ちにしてくれていて昼過ぎから夜中まで10時間以上グダグダしていた。

小狭い所に密集して肩を寄せ合って延々としゃべり倒す。
ちびっ子カンパニーならではの楽しみ。
あ〜〜おもしろかった。
みんなありがと!
またやろう!Yoshidabu
Fujiisima


2008/08/22

読めない未来

こんにちは。今日もレイキに行ってきたのですが、体の調子はあがらず、のたうちまわってる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今年の夏はヨシダ家にとって「あれから1年、、、」という夏だった。

ヨシダブチョー@奥さんがハルレオの散歩中に引きづり倒され電柱に頭をぶつけての入院騒ぎ。あのときは血の気が引いたなあ。。。

そしてまな娘@ナホが、なんとUSAにホームステイで一ヶ月渡米。
あのときは寂しかったなあ。。。

Flag 400枚近い写真の中に10枚近くあった星条旗。やっぱり存在感が違うんでしょう。

Fish ウエルカムパーティーでの1カット。金髪の子が持ってる魚にギョッとするナホ(>_<)

Syuugou 米国の少年と。オール金髪!

Junk ホームステイ先はベトナム人一家というグローバル体験をしてきた。ジャンクなおやつを食べてるホストの女の子。


あれから1年。
今日という日を迎えるとは夢にも思えなかった。

人生何があるかわかりません。
「やれるときにやる」
これに尽きます。

2008/08/21

好転反応

こんにちは。せっかくの盆休み明けなのに体調崩して、みんなに迷惑かけてる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今、ヨシダはどうなっているかというと、、、

●頻繁に大きいめまい、小さいめまい、たちくらみが起きまくる。

●頸椎から肩全体が、ガンガンにコッてる。と皮膚が麻痺してる。

●毎日お腹壊しつつ、下腹部から強烈な脱力感。

●両腕とも全くチカラ入らず、特に握力無く字を書くのは当然、キーボードも打てない。

●アキレス腱、ふくらはぎを中心に足全体が疼痛。

●異常発汗。手汗・脇汗と背中全体にあせも

すいません、こんな話。
ですが、症状的には大きなものでこんなものがあり、
さらに

●不眠(眠れないし、すぐ目が覚める)で1日2時間睡眠くらい

●思考能力異常低下

という事態に困惑しながら立ち向かっています。

これは盆前に松浦から紹介してもらった「レイキ」というヒーリングを受け始めてから起きた体調の変化。

好転反応というらしい。
いつ脱することができるかは全くわからないけど、もうすぐ出口にたどりつきそうな気はしてる(なので思い切ってみなさんに向けて書き始めた)

検索してみると、こんなホームページが出てきますが
「そうそうまさにこんな感じ」というところ。
http://onsera.cool.ne.jp/koutenhanou.htm

http://www.web-miyuu.com/kouten.html

46にもなってこれほど「仕事してぇえええっ」と思いながら突っ伏す日々を迎えるとは思いませんでした。

が、もう少し。辛抱辛抱。

五体満足なだけに辛いけど、元気で復活するために身をすくめてがんばるのだ。

2008/08/20

あり得なぁーーい

こんにちは。名古屋は少し涼しくなりましたが、みなさんの地域はいかがですか?の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

さてオリンピックも後半戦。(いつまでやるのかは知らないけど)

野球を晩飯食べたあとに見てました。(日本対アメリカ)

したらば!!!

アメリカが3アウトになっても審判がチェンジを指示せず、選手もベンチもアピールせず、そのまま次のバッターまで第一球を投げてしまいました。さすがに第二球を投げる前に星野監督がアピールをして事なきを得ましたが、、、、

あり得なぁーーーい!!!

たるんどるとしか言えん!

何より審判がおたんちんだが、4アウト目にも関わらず投げてしまったバッテリーもおたんちん。

小学生も見てるだろうからしっかりしてね。星野ジャパン。

2008/08/19

お休みします

こんにちは。販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

先日に引き続き、今日もブログお休みします。

せっかく見ていただいたのにすいません。

詳しいことは、また落ち着いたら書きます。

ごめんなさーーーい!

2008/08/18

オリンピック雑感

こんにちは。長い長いお休みを頂き、家もパソコンも、そして魂の奥底までクリーンナップでき、気持ち新たなリスタートを切れる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日はオリンピック雑感。

ボクはオリンピックに入れ込んで見てないので詳しい情報を持ってない。

ただ、開幕に合わせグルジアで紛争が起きたり、「口パクだぁ」「CGだぁ」ポロポロと中国から情報が流れて来ることは印象深いなあと眺めていた。

グルジア紛争は「中国の思い通りにさせないよ」という米露のメッセージで、中国からすれば思い切り出鼻をくじかれたテロ活動に等しい。

口パク・CG問題は、「よくもまあこれだけ漏らすことを許してるな」という感じ。口パクやCGなど本来ならあってはならないことだが、それほどの一大事件という訳でもない。こういう問題を意図的に漏らしているのか漏れちゃっているのかが疑問なところ。


ふーーーーーっ。
たったこれだけ書くのに1時間近く費やしてしまった。
休みすぎて脳タリーン状態。早く復活せねば!

2008/08/17

懐かしや〜〜

こんにちは。いよいよお盆休みも最終日を迎え、明朝の第一声はどんな風にしようかちょっと考えてみる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

昨日ヨシダブチョー@奥さんが久しぶりにパソコンを出してるので「何してんのぉ」とのぞき込んだら、懐かしい写真が!!!

Leo1 レオのちびっこ時代の写真

これをハルレオダイアリーという名前でブログにしてた。

http://halandleo.blog15.fc2.com
数ヶ月しか更新していなかったけど、まだ残ってたんだ。
うひゃぁーーー、懐かしいねぇ〜と盛り上がったけど
ブログの存在すら忘れていたので、オンナの記憶領域は
男と違うわ、と、うすら寒さを何故か感じた瞬間でした(^_^;)
ログインできたら再開してみようかしらん。

2008/08/16

休みボケ

こんにちは。(お盆くらいいいか)となまかわしてブログ休んだら「どうしたの?」というメールを2通も頂き、ありがたいことですと感謝感謝の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今回の盆休みは長かった。
去年どうだったかは記憶ないけど、8日間もぶっとおしで休んだのは初めてじゃないかと思う。個人的には実家に帰る以外、特に予定を決めていなかったので、後半は会社に出て休み明けのスタートダッシュを決めるつもりだった。

しかし、一昨日くらいから体にガタが来てベッドにダウン。「ちゃんと安めという神様の思し召しか」といいながら寝込んでた。盆前に買った本も全然消化できず。

とりあえず、まだフラフラしているものの今日初めて出社して今(15時)ブログを書いている。

あかんです。

相当ボケてます。

とりあえず、自分がやること・みんなに依頼することなどを分類しようと取りかかるもエンジンかからず。
休みビンボーが板についてる人間が一週間も休むとこうなるかと改めて実感。

気を入れ直して明日17日からガンバロー。

このブログを読んでもらってるみなさんは、休み取れましたか?
頭がフラついているので普段以上にしまりの無いブログでした。かたじけない。

2008/08/15

ブログ休みます。

こんにちは。いよいよお盆休みも後半戦。今年はしっかり休ませてもらってますの販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

お盆にも関わらずヨシダブログを見に来ていただきありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、ちょっと体調不良のため、今日はお休みにさせていただきます。


明日は元気に書いてると思いますので、懲りずに観にきてください。
ゴメンナサーイ!


2008/08/14

びっくりお盆帰省

こんにちは。

今日は帰省時にびっくらこいたこと。

昨日盆休みで、家族集合ということになり実家に日帰り帰省した。

ボクの実家は自宅マンションから70km弱ほどの岐阜県にある。
普段1時間半見れば帰れる。

何にびっくらこいたかというと
●お盆には行き帰りとも渋滞するはずの道が行き帰りともスカスカロードだったこと。
●GW以来の帰省、つまり約3ヶ月ぶりだったが、わずか3ヶ月の間に帰省順路中の店舗がバタバタと閉店してたり、入れ替わってたり、売りに出されていたこと。

大学時代から年に2〜3回づつ行き来してる道で、たぶん70回以上往復しているし、ここ数年お盆には大抵帰っているけど、こんな体験は初めて。

ツルツルーっと流れるように走れてしまう国道、雪崩のようにゴーストタウンとなっていく街並みにゾッとした。

自宅から実家までの行き来だけで、世の中を透かして見るのは視界が狭いかもしれない。でも「景気が悪い」とか「ガソリン高騰による消費意欲の減退」なんてもんじゃない感じ。

どこまで転げ落ちるか日本。
がんばれ日本!!とオリンピックと重ね合わせて目に入ってきた1日だった。

2008/08/13

整理整頓

こんにちは。ずーーーっと家にいるので24時間エアコン点けっぱなしで、壊れるんじゃないかとヒヤヒヤしてる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

せっかく長い休みなので、せっせと整理整頓する今日この頃。

まずはパソコン。
気になったページがあればブックマークしまくるボクは三ヶ月もするとブックマークだけで延々とスクロールしないと下まで行き着けなくなる。
それをフォルダに分けたり、見ないと判断したサイトを削除したりしてスッキリ。

同じく登録サイトが更新される度に教えてくれるRSSリーダーも整理。これまたスッキリ。

これで盆明けからネット徘徊する時間も短縮できる。

次に本。
今のマンションに引っ越して二年半。かなり本が溜まってきたので大量処分することにした。

Books 雑誌タワー。カメラ・デジタルモノ・アウトドア・ビジネスものなど

Books2 小説の山。基本的にハードボイルド・軍事モノがほとんど

昔から本は売らない・捨てない派だったけど、宗旨替えして思い切って処分することにした。今までは紙ゴミとして出していたが、今回はブックオフに買い取りをお願いする予定。引き取ってもらえば本棚もスッキリ。(仕事関連や自己成長のための本は会社に持っていってみんなに少しづつでも読んでもらうつもり)

家が広ければ、どこまでも蔵書したいのが本音だけど、とっておいても再読する本はわずかだし、えいやっと処分処分。

ちなみに、雑誌好きな方、こんなサイトあります。
http://www.fujisan.co.jp/
インターネット上で雑誌を読むというサイトで、すっごい数の雑誌を網羅しています。
場所を取らないので、いつか使ってみようかなあと思ってます。

2008/08/12

ソニータイマー

こんにちは。休みに入ったのになぜか朝5時半に起きてしまって散歩にでかけた販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は、「悲しきソニータイマー」という我が家のテレビ録画装置の危機話

ウチではソニーのPSXというゲーム機をテレビの録画に使っているけど、これがまだ二年半しか経っていないのに、もうすぐご臨終の危篤状態(>_<)
Psx
今年に入ってDVDディスクを認識しなくなり、このお盆にフリーズしまくり。
特に何も操作していなくてもいきなり固まってしまう。
どうやら基盤が逝かれそうになってるらしく、修理したら3万5万はかかりそう。

ボクは子供の頃から[SONY]というブランドが大好きで、電機製品はほとんどソニーを買ってきた。
[SONY]という響きの中に、他メーカーには無いクールさや自分をクリエイティブに変えてくれそうな「何か」を感じさせてくれる魂があった。
(それは工業製品としてのデザインだったり、ラジカセなどでも日本語表記を一切排し、使いにくくてもかっこいいほうがいいという主張を感じられたり、AV機器やパソコンは扱っても冷蔵庫や洗濯機は扱わないというポリシーだったりした)

ところが10年近く前から「ソニータイマー」という言葉が使われだし、「ソニーの製品は、買い換え促進のために壊れるようにタイマーが仕込んである」という話がまことしやかに、あちらこちらで目につくようになった。

実際、数年前からパソコンが3台連続で2年くらいで壊れたり、CLIEという電子手帳も何もしてないのに壊れたりした。
さらに、故障の原因を探ろうとサポートのホームページや電話をしてもたらい回しにされるだけでいっこうに解決されず、ある日ついにブチ切れた。

もうソニーは買わない。

でも、その決心の前に買ってしまったPSX。
(グランツーリスモというレースゲームしたさに買ったが
実際には遊ぶ間もなくゲーム機としては一度も活用せず)

やっぱり仕込まれていたソニータイマー。

ソニータイマーがあるかどうかなんてばかばかしい話(あるわけ無い)と思う。
でも現実にこうまで壊れ続けると、もう買えない。

ブランディングという戦略では、日本屈指のチカラを持つ会社だけど、肝心のモノ作りが三流メーカーに転げ落ちてしまっているなと悲しさとともに実感。

あ〜〜〜、今テレビ機器にはお金使いたくない〜〜〜。

薄型テレビも、録画機器も未だ発展途上だし、ブルーレイこそ決着ついたけど、他社間との規格問題を抱えながら勢力争いしてるし、通信インフラが地デジに移行中だけど、2011年頃には別のインフラが(例えば光ファイバー使ったインターネットでの映像やデータ配信)主力になるかもしれんし、、、、。

とにかく我が家は未だにテレビは20インチのブラウン管。
ムダな消費をしたくない〜〜〜
Terebi

2008/08/11

自由はどこにあるのか

こんにちは。北京オリンピック、残念ながら日本ジャパンは調子悪い感じですねえの販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

昨夜男子サッカーの後半戦だけ見たが、まさに十年一日のごとく、どう猛さに欠け、精密さも創造力もなく、ゴールすることが目標ではなくゴールエリアにボールを運ぶことが目的のようなサッカーを見せられてがっかり。

なんとかならないですかねえ〜〜。岡田ジャパンは大丈夫ですか?ていうか本気で岡田ジャパンでワールドカップ闘うんでしょうか。。。

そんなグチはともかく、連日、事件の絶えないオリンピックですが、どのマスコミも中国の体制に批判的な論調だけど、オリンピックを見る度に不思議にというか懐疑的にならざるをえないことがある。

それはなぜ、水泳には黒人選手がいないのか?ということ。

黒人は水が嫌いなのか?

そんな訳はないだろう。

オリンピックを見る度に浮かび上がる「人種差別」という悲しい事実に、ほんとうの自由はどこにあるのか?と世界中の為政者に問いただしたい気持ち悪さが残る。



2008/08/10

畑正憲と司馬遼太郎

こんにちは。盆休み突入なのに娘は勉強すると言い張り、何処へも行けない販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

読みました、ムツゴロウさん。

動物好きの人なら本はともかく、テレビ番組「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」は見てたでしょう。我が吉田家は親父と妹がムツゴロウさんを地で行くような家族で、、、

ある日、親父が山から野ウサギを手づかみしてきて飼い始めた。
ある日、妹がカラスの雛を拾って帰ってきた(毛も生えてなくグロテスクな恐竜のような生き物だった)
毎年、お祭りがあるたび、何度止められても言うことを聞かず妹はヒヨコを買ってもらっていた(で、すぐ死んでた)
いつも、家の中はインコや文鳥が飛び回り、雛を生ませては手乗りインコ・手乗り文鳥に仕上げていた。
水槽が常にあり熱帯魚を飼い続けた。
そして、三代シェパードを飼い続けていた。

そんな生き物だらけの環境だったので、ボクにとってムツゴロウさんは「動物王国」を運営するあこがれの人だった。(妹も行きたがっていた)

ボクの大学生活から20代半ばまでエッセイ集が頻繁に出され、古本屋を回りながら読み続けた。動物や人生のことをたまらなくロマンチックに繊細に、かつ軽妙に書く文体が大好きだった。

一方、司馬遼太郎。
この人のことを好きになり始めたきっかけは忘れてしまったが、高校から大学にかけて猛烈に読んだ。基本的に本も映画も一度読んだらおしまいという性格のぼくだが、司馬遼太郎だけは繰り返し繰り返し読んだ。(特に「龍馬が行く」と「坂の上の雲」という二作は5回以上は読んでる)
読んでる当時は知らなかったが「司馬史観」という言葉があるほど歴史に対するスタンスが明確で、一定の高みから歴史を俯瞰しつつ登場する人物を客観的なようで鮮やかに描ききるチカラは凄かった。

しかし、なぜだかわからないが、二人の本はいつしか読まなくなっていた。ボクの20代〜30代の感性と二人の晩年の枯れ方(ムツゴロウさんは亡くなっちゃいないけど)がシンクロしなくなったせいかなあと思う。

今回買った「犬はどこから・・・そしてここへ、」という本も正直言って本の出来としては、はっきり言ってよくない。理由としては、この本自体はムツゴロウさんが書き下ろしたものではなく、倒産してしまった東京ムツゴロウ王国の運営中に、講演を行った内容を抜粋して記述してあるので、話の深みも無く、構成も良くなかった。それでもところどころで「ああムツさんだあ」という下りがあったりするとうれしかった。


今、ボクがグリットを運営し続けられているのは、子供の頃から読み続けた本のおかげであると言い切れる。そして最も影響を受けたのは畑正憲と司馬遼太郎という人なんだろうなあと思う。芥川龍之介、太宰治、夏目漱石など文豪と言われる人たちも読んだが、たぶんボクにとっては重すぎた。(読むのが早すぎたからかもしれない)

広告・販促・マーケティングという「流行り廃りを敏感に捕まえて上手く表現する」という仕事で、「俯瞰する」という視点と「恥ずかしいほどロマンチストであっていい」ことを教えてくれた二人のおかげで、今のボクがありグリットがある。

いつか全著作をまとめて読める日がくればいいなと思う。

Leopero 毎朝の「全力オハヨー」

Hal Halも、のそのそ襲ってくる

Leobok ぺろぺろ舐めて起こすレオ

Rieleo ボクの手を甘噛みしてはしゃぐレオと、踏みつけられてにらむヨシダブチョー@奥さん>>>こんな写真載せたら怒るわなー(^_^;)




2008/08/09

課題図書

こんにちは。オリンピック盛り上がってますか〜〜?
ボクはあんまり興味沸いてませんの販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

いよいよ明日からグリットは17日まで8連休を頂きます。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、なにとぞご了承下さい。

さて夏休みと言えば「課題図書」

やりましたね〜〜〜、読書感想文。
本読むのは子供の頃から大好きだったボクですが、感想文は大の苦手でした。

とりあえず感想文は書きませんが、せっかくの休みなのでとりあえず本を仕入れました。

Mutsu ほぼ20年ぶりに読むムツゴロウさんの本!

Smiles 今回買った本の中では収穫期待度ナンバー1の本

Blue これはナンバー2の本。

Umigame これはたぶん一番苦手な本、ていうかクイズ集。

Nou この辺はなにかヒントがあればラッキーって感じの本

Mondai これもそう。1行で良いのでメモして活用できればOK

Kaikei 未だに苦手な(ヲイヲイ)会計分野のノウハウ本

とりあえず仕入れたのは以上。

朝から晩まで読む時間があれば2日くらいで消化してしまえる。

ボクの読書習慣から「小説」というものを断ち切ってビジネス・経営・生き方本のみを読むことに切り替えて数ヶ月。

かなり視野が広がった。
そして悔しさが充満しっぱなし。

「もっと早くこの本を手にしていれば」
「この本を書けるくらいの能力があれば」

と、自分の無能力さに腹が立つ。しかし、後悔しても先には進めないので遅まきながらの社長勉強をしつつ、なおかつ頭デッカチにならず、実践的にスケールアップの最短距離コースを模索する。

ま、あんまり肩にチカラ入れても仕方ないので、とりあえず今夜はムツゴロウさんの本から読もうっと。(^_^;)


2008/08/08

部活

こんにちは。あれれ?なんでサッカーだけゲーム始まってんの?と不思議オリンピックに首をかしげる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は娘の部活の話。

音楽が好きなので吹奏楽部に所属している。
担当は「ユーフォニウム」というバカデカ管楽器で、演奏中は上半身が完全に隠れてしまい横顔しか見られないので親的には「トランペットかトロンボーンでもよかったんじゃない?」と思うが、張り切って夏休み中も毎日練習している。

「パパ、見てよこれ〜〜」と部活で使ってる指示書を持ってきた。

中学3年の奈歩は、秋の運動会が最後の舞台になる。
今はその練習に明け暮れているのだ。

Angou A4サイズにびっしり書き込まれた34ページの指示書。
何のことやらさっぱりわからない。

「暗号かこれ?」

「そう、このイニシャルでマーチングの動きが指示されてるの」

Setumei2 なになに?

Setumei ふ〜〜ん。そういうことかぁ。

113 で、奈歩が憤慨しながら「見てよこれ113だよ。113も数えられるかっちゅうの!」とアピール。アンダーラインが引いてある所なのだが、演奏しながら113歩足踏みするらしい。

Leyout1 校庭でのマーチングバンドなので、動きの指示はこのように図形化されてる。

Leyout2 こんなフォーメーションなどが延々と書き込まれている。

吹奏楽の「す」の字も知らないボクから見たら大変だわこりゃ、と思えるが何度も練習して体に刷り込ませていくのだろう。

青春だなあ〜と思いつつ、体育祭の晴れ舞台を想像し、今から目がウルウルするバカ親父なのでありました。

2008/08/07

執念と使命

こんにちは。最近、娘の奈歩とヒジョーに仲良しこよしで、ベリーハッピーな販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

さて今日は、映画監督宮崎駿の話。

二日前のNHKでプロフェッショナルという番組に宮崎駿監督が特集されていた。

この番組はグリットカイチョー@親父さまに教えてもらって以来ちょくちょく見ているが、今をときめく脳科学者、茂木健一郎という人が司会しながらさまざまな分野のプロフェッショナルを掘り下げている。

この夏「崖の上のポニョ」という作品が公開中なので、(NHKが映画の宣伝かい)と思いながら見た。

Ponyo 番組の内容自体は本当に宮崎駿という人物像を通じての映画の宣伝のような内容だったが、アニメ映画というモノ作りの側面から、ボク自身の仕事とオーバーラップさせながら引き込まれていった。

宮崎アニメとグリットを比較するのは無礼極まりない不遜な行為だが、作り手として真っ白で何もない紙に何を描きはじめ、描き続け、描き終えるのかという点では共通する。

今回の映画では、コンピュータグラフィックスを使わず、なんと17万枚という膨大な枚数の紙に描かれた素材を元に映画として作られているらしい。
監督としての役割は、指揮下のアニメーターに描かせるための元になる絵コンテ作りや、出来上がってくる素材(パラパラマンガみたいな状態の線画)の修正指導が主な作業。

鬼気迫る執念と使命感、そして幼少時代からのトラウマと闘うジレンマに「だから宮崎アニメはヒットし続けてるんだ」と納得。

今、グリットでは来年発行のカタログに着手している。
が、実際のところ決まっているのは未だスケジュールだけ。。。のトホホ状態。

でも、宮崎監督の仕事の生き様を垣間見て、おおきなスイッチがカツンと入った。
ココロのもやもやが晴れ、中途半端に始めていなくてよかったなとすら思った。

イヒヒ(^o^)
凄いの作っちゃお。




2008/08/06

白熱灯ピンチ!

こんにちは。今住んでるマンションの通路や階段に、今年は異常に蝉の亡骸が累々と転がっていてビビリながら駆け抜ける販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。(子供の頃は平気で手づかみできたがオッサンになって恐くなってきた(>_<)

今日は白熱灯消滅?という大問題。

なんと経済産業省が2012年までに白熱灯の製造を中止し、蛍光灯に切り替えるという方針だという話を見た。さらにそれを上回る勢いで、電機産業界は蛍光灯より消費電力の少ないLEDに切り替えようと大きなうねりが出てるみたい。

あと1〜2年すると「照明はLED」ということがどんどん言われ、北京オリンピックの次(ロンドンだっけか?)のころには、LEDが当たり前で白熱球は製造中止に伴う大幅値上げ、、なんてことになりそうだ。

ところがボクは日常生活する上で、断然白熱灯派。

蛍光灯の白々しさや、隅から隅まで光があたる能力より白熱灯のやわらかなあかりにホッとするタイプ。それに蛍光灯ではできない明るさ調節ができるのも好き(マンションを買ってリフォームしたときに全スイッチを調光式に換えたくらい)

確かに省エネは大切だ。

けど白熱球を廃止するほどの措置は取らなくても、、、と思う。

値上がり前に30年分くらい買いだめするか、、、。

ていうか、LEDに切り替わるときソケットは今のままの規格が通用するんかいなー?規格が変わっちゃったら、壁や天井に埋め込んだ今の照明はどうなるんやろ。

2008/08/05

うるせい奴ら

こんにちは。いよいよお盆休みが近づいてきた販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。
「やるときはやる。休むときは休む」と蛮勇を振るい、零細会社にしては身の程知らずの10日から17日まで8日間の休みを迎えます。

そんな週明けを迎えた昨日、月例のミーティングを行いました。

今月は議題も少なく1時間くらいで終わろうと思ったのに、ある議題から話がよじれ始め、結局3時間もかかってしまいました。

皆、いろんなジレンマを抱えながらも、議論が交わされ結論は持ち越しという状態で打ち止め。

上を向いたり下を向いたり右や左といろんな意見が出てきます。

「真剣だなあ」と議論の内容とは別の次元でみんなに感心。

最近の若い者は、、、と、いつの世にも言われますが、ウチの連中に関してはホントに胸を張って誇れる「うるせい奴ら」です。

今週いっぱいがんばってゆっくり、英気を養ってください。
ホントにみんなお疲れ様!ありがと!


2008/08/04

歓喜の再会

こんにちは。みなさん、もう海やプール行きました?あまりの暑さにホテルのプールでも行って水着のオネーチャンの鑑賞でもしてくるかと妄想を膨らませる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

そんな暑い日に熱い犬話。

何度も書いたが我が家では黒犬二頭と暮らしている。

会社をやらせてもらってるおかげで、黒犬二頭は留守番することなく朝の散歩が終われば出勤し、夕方の散歩が終わり夜には帰宅する。そして一緒に寝る。
つまり24時間ずーーーーーーーーーーっと一緒にいる。

ここ1年近くはホテルに預けて出かけることもないので、本当に24時間365日一緒にいる。(まあ日曜日、買い物行く間くらいは留守番させるけど)

そんなに一緒にいるのに、毎朝毎朝ボクが目覚めるのを待って、ボクが起きたことを確認すると超ハイテンションになって「オハヨーッ、オハヨーッ!」と襲いかかってくる。青春真っ盛りのレオは腕を甘噛みしたりなめたりのしかかったり大暴れするし、仙人Halも朝だけはナデレナデレとぐいぐい頭を押しつけている。

レオは朝5時くらいから20分置きくらいに様子を伺いに来て、頭を舐めたり手をかけて「起きようよ〜」と繰り返す。が、背中を向けている限りそれ以上は起こそうとせず枕元でじっと待ってる。で、ボクが仰向けになった瞬間からオハヨー攻撃が開始される。

犬は自分の寿命なんて考えないし、明日何が起こるかなんてことも考えない(だろう)。飼い主の都合に合わせられた生活を送り続けるだけだ。
でも、ひたすら一直線に全身で飼い主を慕い、朝、目が覚める度に「今日もまた会えたね〜〜!!!!!」と歓喜の再会を繰り返してくれる。

そんな犬たちの猛攻撃を受ける毎朝「うっとうしいなあー」と言いつつ、生きることの大切さ、喜び、などなどを感じさせてもらえるのです。
人間は、今日が終われば明日があることを知ってるし、ずーっと先が在るような気がしてついつい朝の挨拶や、今日を迎えられた喜びを忘れがちだ。

オハヨーッは元気にしよう!

2008/08/03

レイキ

こんにちは。2ヶ月ぶりくらいにハルレオをシャンプーしてへとへとの販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

さて、先日から言ってた、スピリチュアルな話。

昨日、「レイキ」という不思議な施術を受けてきた。

きっかけはスタッフ日記で松浦が7月16日に書いていた「チャネラー」という話から。

その日記を読んで具体的に話を聞いて興味が湧き、松浦に名古屋でやってるところをさがしてもらい行ってきた。


レイキとは
大宇宙の根源から、万方に向かって普遍に放射されている森羅万象全ての根源の宇宙エネルギーです。 レイキ療法はその宇宙エネルギーを使って心身を健全に導く「手当て健康法」のことです。
      

      
宇宙エネルギーを使ったヒーリングは、最も古くからあるヒーリング技法のひとつで、有史以前から古代チベットなど世界各地で行われていました。
      

      今日のレイキ療法のもとを作り上げた臼井先生は、「宇宙
間に存在するものはことごとくレイキを保有している」と言われ、 全ての存在の根源である宇宙生命エネルギーを靈氣(レイキ)と名づけました。

ということらしい。ちょっと怪しい感じだが実際に体験してみると確かに違う。
何回か通ってみて効果が現れたらまた紹介しよう。












2008/08/02

エキサイティングデー

こんにちは。ちょっと涼しくなったかと思えば猛暑が、ぶり返す灼熱の名古屋からお届けする販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日はいよいよスピリチュアル体験の当日。結果はまた報告します。

昨日は来年のカタログ作りのために参加してもらう会社の社長3人と連続して打合せ。今までのカタログとは次元の違うものを作るために、グリット以外の会社にも協力をあおいでいる。

経営者同士なので、とことん腹を割った話ができるし、全く違う土俵でがんばっている人間なので互いの話が凄く新鮮。

3人連続して話したので頭の中が久しぶりに暴走状態。

整理がつかないので今日はここまで!

あー楽しかった。

会社やってて良かったと心から思えるエキサイティングデーなのでありました!

2008/08/01

鳥・魚・虫

こんにちは。明日、スピリチュアルな世界の人と出会うことになっているので今からドキドキしている販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

昨日に続いて説教めいた話。

経営や自分の人生を成功させるために「鳥の目・魚の目・虫の目」を持て、とよく言われる。

鳥の目とは大空から下界を見下ろし全体を俯瞰できるような視点。

魚の目とは水の流れや潮の満ち干き、つまり世の中の流れを敏感に感じる視点。

虫の目とは近いところで、複眼をつかって様々な角度から注意深く見る視点。


人間の実生活に言い換えると「飛行機からの目」「歩き旅をする目」「他社職場の目」と言えようか。

アスファルトだらけの名古屋に住んでいても、飛行機から見れば「日本はなんと山と緑の多い国か」と感じる。

歩き旅をすればたとえ、それが自分の住む町内であっても新しい店がある、とか雑草の美しさとか、道行く人に季節や流行を感じたりできる。

さらに他人の会社の現場に訪れると「こんなやりかたしてるのか」と大きな気づきをもらえたりする。

自分の生活・仕事パターンが、いつのまにか当たり前になりベテラン顔になった時、成長は止まり、世の中、時代、年下の人間に置き去られ、抜かれていく。

「鳥・魚・虫の目」そしてさらに「今起きている来年・3年後・10年後」に対してどういう視点を持って活動するか。ボクの日々のテーマです。