2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« 原付よりママチャリ | トップページ | 野茂引退 »

2008/07/17

目のつけどころ

こんにちは。最近調子が悪く本を読んでもビデオを観ても「あー負けた」とか「ここまでは無理だー」とネガティブモードに入ってる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は「目のつけどころがシャープでしょ。」の冷蔵庫の話

ヨシダブチョー@奥さんと結婚(お互い再婚)したとき、彼女が持っていた冷蔵庫をそのまま嫁入り道具(^_^;)として運び入れた。

そのとき驚いたのが、その冷蔵庫は左右どちらからでも扉が開くように出来ていた。

Ca390147 こちらからも

Ca390148 こちらからも

いわゆる「白物家電」と言われる冷蔵庫や洗濯機にはまったく興味の無かったボクには衝撃的な機構の冷蔵庫に思えた。「へぇ〜〜」と驚きながら意味もなく右や左から開けて喜んでいた。

その冷蔵庫を見たとき「これは業界標準になるぞ」と確信した。

しかし以来3年経ってモーター部分から異音がするようになり9年近く使っているというので今年のヨシダブチョー@奥さんの「誕生日祝い」ということで買い換えることにした。

で、近所のヤマダ電機に出かけてみたが、どちらからでも開くドアの冷蔵庫は皆無で、並んでるほとんどが右利き用に出来ていた。「なんであんな便利なものが標準にならないんだろう」と思いながらカタログを観ていたらどのメーカーも各種の冷蔵庫に右開き・左開きが選べるようになっている。

両開き機構はどうやらシャープだけの特許みたい。

結局今回の冷蔵庫選びは冷凍室の大きさと自動製氷器が機械内部まで洗えるという条件でNationalになった。

便利だったけどなあ〜、両開き。業界標準にはならんかったかー。

« 原付よりママチャリ | トップページ | 野茂引退 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目のつけどころ:

« 原付よりママチャリ | トップページ | 野茂引退 »