2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« 歌のチカラ | トップページ | プラス思考 »

2008/07/10

iPhone狂騒曲

こんにちは。apple信者としてはお尻の下がもぞもぞする日を迎える販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

もぞもぞする理由は、いよいよ明日appleのiPhoneが正午より発売されるから。

Iphone ソフトバンクから発売されることが発表されて以来、ボクが徘徊するモバイル用品好き人のブログなどでさんざん「あーだ、こーだ」と言われ続けたり、大手情報サイトなどでも「日本市場に受け入れられるか」など、すごい情報量を目にしてきた。

ボクが推察するにこのiPhoneが売れるかどうかは、「そこそこ」でとどまると思う。
少なくとも音楽プレイヤーのiPodが奇跡的に達成したマーケットシェアの半数以上を奪うようなことには絶対ならない。

1,パソコンにiTuneというソフトを入れ、リンクさせないと使えないこと
2,単純にケータイとしてはデカいこと
3,契約すると毎月最低8000円、2年縛りで20万円払うことが必要なこと
4,音楽・動画プレイヤーとしては容量が少なすぎること
5,たぶんメールが打ちづらいこと
6,ソフトバンクの販売店が売りたがらないこと

などなどが障害になると思う。
上記を障害としない人は、普段からパソコンを使いこなしiTuneを使うことに抵抗が無く、インターネットを持ち歩きたい上に、普通のケータイより打ちづらいメールを使いこなすことにやりがいを感じる人と言うことになる。販売店が売りたがらないというのも、店員にiPhoneという特殊なケータイのQ&Aに答えられるスキルが身につくとはとても思えないから。

逆にワンセグがない、お財布ケータイでない、カメラが貧弱というような日本独自の高機能ケータイとは土俵が違うので、それらが買わない理由になるとは思わない。

うろ覚えだが日本の携帯電話は、確か5000万台くらいが年間販売量。
その1%、50万台くらい売れれば上出来ではないだろうか。
さらにうろ覚えだが、日本は欧米先進国に比べappleのパソコンシェアが唯一低迷し続けている国だ。アメリカ本国ではパソコンのシェアも伸び続けているとかiTuneで売れる楽曲がCDを抜いて音楽市場の最大手になったなど、「いいニュース」がしばしば公表されるが、日本ではそれらのニュースがさっぱり発表されない。appleに踊らされない国民性が土壌にある。


明日はニュース番組で、こぞって「iPhone発売フィーバー」「売り切れ店続出」という報道がされるはず。でも品切れ状態が数週間も続いたら、あっという間に「棚晒し状態」の寂しい状態になると思う。ニンテンドーDSやたまごっちのように長期間供給不足に消費者が踊らされることは絶対無い。

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/40581.html
上記リンクで孫さんが高らかにぶちまけた「発売と同時に売り切れ」は間違いない。
しかし、iPhoneから広がるモバイルインターネット元年になるかどうかは、売り切れと同時に継続供給できる量を確保し、フィーバー状態が続くようにできるかどうかにかかっている。

個人的にはapple信者だし、会社の中もMacだらけという普通の会社からすれば異常な状態なのでスタッフも欲しがっている。でもappleの初期ロットはヤバいことが多いという定説も身にしみているので、ガマンガマンと言い聞かせる発売前日なのであります。ボクのモバイルつながりでは唯一の同志、Tさんがゲットしたらさわりまくらせてもらおうっと。
Tさん並んでるかなあ。

« 歌のチカラ | トップページ | プラス思考 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhone狂騒曲:

« 歌のチカラ | トップページ | プラス思考 »