2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« う〜〜んやるなiPhone | トップページ | 住所パワー »

2008/06/15

幸せの頂点

こんにちは。ビッグプロジェクトを同時多発で推進しようとしているので、頭クラクラ状態の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は父の日。

Ca390104 という訳で娘から茶碗をプレゼントされた。
かなり小ぶりだが「これで痩せてね」ということみたい。

現時点でのボクは、愛する妻子がいて、自慢できるスタッフがいて、お客さんと業者さんに恵まれ心の底から「幸せだなあ〜〜」としみじみと、きっぱりと言い切れる状態にある。

数年前では考えられなかった状態だ。

数年前までは、仕事に追われ、未来が見えず、借金に怯え、そして孤独だった。自分には愛犬のHalしかそばにいてくれないとさえ思っていた。常に「やらなきゃ」という切迫感に追われながらも疲れ果てて出来ない自分とのギャップにあえぎ、毎週日曜の午後から夜にかけて憂鬱で仕方なかった。何か問題が起きれば怒鳴り散らしながらその場をしのぎ、強圧的に出ることで解決を図っていた。

今振り返れば、自分で自分をそう追い込んで、悪いところばかりに注目し、そこにピントを合わせることで小さな事を大きくし、右往左往していただけだった。

そこから脱却できたのは、一つには結婚があった。奥さん@ブチョーは、例え会社が朽ち果てようとも人生をともにしようと寄り添ってくれる上に、仕事上のパートナーとしても劇的に変化し、責任を負いながら会社の運営者の一人として完全に自立してくれている。

そして娘の存在。

結婚するまでのボクは「子供は嫌い」と言い放ち、近寄らないようにしていた。しかし結婚したとき奈歩は「ママの会社の恐い社長」がいきなり「パパ」になったにも関わらず、一挙に心を開いてくれて、中三になった今も反抗期にもならず休みの日はべったりくっついてテレビを観たりしている。

結婚の他にも「自分では業務が中途半端にしか出来ない」ことを思い知り、全面的にスタッフにまかせるようにしてしまったことも大きい。まかせてことで「違うんだよ!そうじゃないんだ!」と怒鳴ることも無くなり、心の底からスタッフを尊敬し、愛し、感謝することができるようになった。本当にがんばってくれるみんなに頭が下がる。


そんな幸せの絶頂期を迎えた今、ボクがこれからやりたいことは、手の届く限り、ちからの及ぶ限り世の中に幸せを運ぶことが使命だと考えている。零細企業の社長が何を言うと思われる方もいるだろう。

しかし、思いつく限りのことはすべてトライしてみようと思う。トライして失敗しても何も失う物はない。10個トライしたら1個成功するかもしれない。1000個トライしたら10個成功するかもしれない。

GRIT!流の、誰かから何かを奪うことが目的でなく、愛と勇気、知恵と工夫で、萎縮し続ける日本社会に杭を打ち、流れを変え幸せな社会を作ることに役立ちたい。

きれい事ではなく、幸せの頂点を感じる今、娘からもらった茶碗でご飯を食べながら決意新たにするのであります。

« う〜〜んやるなiPhone | トップページ | 住所パワー »

コメント

 またまた 同じテーマになったね。
 いま、自分のブログを書きあげ ヨシダブログを開いてみてびっくり。
 こども(奈歩ちゃん)から 陶器のプレゼント、私も
 こども(グリット社長)からのガラス器のプレゼント

 そして そのことで至福の時を感ずる・・・以前にもあった 偶然の一致 これが親子かなあ・・・と 不思議さも感じています。

まあホントにたまたまなんだろうけど親子なだけによく重なるね。

来年の父の日をどうするか今から思案中。難しいからね〜親父の喜びそうなものって(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸せの頂点:

« う〜〜んやるなiPhone | トップページ | 住所パワー »