2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« 使い勝手 | トップページ | ユーモア »

2008/06/19

優れ営業マン

こんにちは。今日も元気だご飯がうまい、、、と意味のないことをつぶやいてみる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は、我が社に出入りしている営業マンの中でとても優れた人のご紹介。

Ca390108 プライバシーの問題もあるのでIくんとだけ紹介する。

彼は、グリット!が販売するPOPや看板の資材を供給してくれたり、その出力機械の販売をしている。

正直言って、全身から出るオーラは強い物ではなく、むしろ気が弱く、押しも弱いというのがパッと見の印象。すでに5年以上の付き合いがあるが、特に馴れ馴れしくするわけでもなく淡々と、たまーに顔を出す程度。

しかし、こちらが新しい素材を探したり、機械を買い換えようかなとか考え始めると、それからの彼の行動は実に素晴らしい。

何が素晴らしいか、箇条書きにすると
●売り込まない。選択肢を見せてくれるだけ
●客観的かつ体験ノウハウの情報が豊富
●自分の立場で最大限貢献できる手配を提示してくれる。(サンプルの取り寄せとか実際の出力見本などの手際が極めて早い)
●売り込みこそしないが、見積提出後翌日とかに面会を求めこちらの思惑を聞く
●自分ならこうするという主観的意見もはっきり言う

この5点が明確でリズムがいいので、信頼して購入できる。
今月、大型出力機を買い換えようと目論見中で彼との折衝が続いているが、様々なメーカーの商品の強み弱みをきちんと説明し、こちらが後悔の無いように話を進めてくれる。

連絡を取ってくるタイミングもすごく心地よく、性急ではないし、ほったらかしでもない。頃合いよく電話をかけてきてくれる。そして「どうしますか〜」と軽く質問だけしてこちらの機が熟して落ちるようにしむけてくれる。

彼がどういう経緯でセンスを磨いたかわからないが、30歳という若さで7人の営業チームのまとめ役も行っているらしい。

会社には毎日毎日飛び込みの電話が何本もかかってくる。
奪うだけが目的のセールスなので辟易する。
しかしIくんのように、穏やかで緩急自在のセールスマンなら永く太くつきあえるのに。

ウチも「売り込みには絶対行くな」と開発部には指導している。
セールスとは、不安を取り除き、正しい選択をしていることを相手に「感じてもらう」ことが真髄であると、Iくんからいつも学ばせてもらえる。
Iくん、末永くよろしくね〜〜。

« 使い勝手 | トップページ | ユーモア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優れ営業マン:

» 積水ハウス 内定辞退続出 [Youtubeの音楽の動画やホームページ製作のネタなど]
積水ハウス 内定辞退続出、自社製品に住めない憂鬱ネタもとはこちら。自分も営業に耐えることができずに会社を辞めた人間なので、この記事には大いに共感できる。営業時代の理不尽な話については書き出すとキリがないので、書かないのだが、結局営業はモノを売らなければならないし、当然、お客様もそれを分かっている。「いやー今日はいい天気ですねー」などと他愛もない話をしつつ、適当に話を合わせてくれても、「ところで、今回当社の方で新しい商品が出まして・・・」と話を切り出したところで、「あ、忙しいから後にして」・・・ガーン... [続きを読む]

« 使い勝手 | トップページ | ユーモア »