2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« ローンの恐ろしさ | トップページ | 優れ営業マン »

2008/06/18

使い勝手

こんにちは。頭のなかの難問がいくつか峠を越え、あとは実作業に入るだけという状態になってきたので、ちょっと気が楽になった販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

相変わらずボクの思考支援ツールはこれ。

Ca390105 ソフトバンクのX02HTというスマートフォン。

とにかく何でも思いついたことをスケジュール帳に入力してしまう。
そしてそれを週に一度くらいパソコンとリンクし、何時、誰とどのように行うか決めてリンクし直す。そうすることでやるべき事の漏れが無くなり快適に仕事できている。

思いついた瞬間に、それがどんなことであろうとも入力してしまうことで、後から「何だったけ」とか「あの思いついたことはどこに書いたんだっけ」と思い出す必要が無い。紙の手帳だとパラパラ見回すには適しているが、その思いつきを書き換えたりしたらぐっちゃぐちゃになってしまうし、書き直す手間が必要なのでやり続けられない。

しかしこのX02HTというこの機種を手にするまで、今まで何台のモバイルグッズを買ったことか。恥ずかしながら10台はくだらない。趣味だと言えばそれで済みだけど、使いこなしきれないままジプシー状態で8年くらい過ごしてきた。

では何故、このX02HTという機種が手に馴染んでるかというと、片手で全てのキーを打てることにつきる。運転中(走行中ではない)とか読書中に片手に持ち、思いついたことを片手で打てることの快適さはこの機種しかない。さらに、たまたまだけどこの機種はハイフン=音引きがファンクションキー無しで打てるのだ。

Ca390107 オレンジ色した数字のゼロの横にちょぼっと細い白い線が見えるだろうか。これがハイフンキー。

Treo これは以前愛用していた名機Treo90
このTreo90はハイフン=音引きは左側の水色キーを押しながらFキーを押さないと打てなかった。スーパー、とかリーダー、とかコーナー、とかとにかくハイフン=音引きはカタカナの中で頻繁に使われる。それを単独で打てるか何かのキーと併せて押すようにするかは、片手で済むか両手を必要とするかの大きな違いがある。壊れた時の予備用にもう一個買おうかと悩むくらいの愛機である。



と、長々としょーもない話を続けたが、こんな話を書く下敷きには例の、、、iPhoneを買うかどうか思案中というバカは死ななきゃ治らないという深層心理があるから・・・・(^_^;)

« ローンの恐ろしさ | トップページ | 優れ営業マン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 使い勝手:

» ドイツでは、iPhoneの価格がなんと1ユーロ!! [徒然なるままに]
前にこのブログでもアップルのiPhoneの新型は、全世界で199ドルという発表があったことを書きました。iPhoneの記事ドイツの携帯会社T-Mobileが、月額69ユーロのサービスプランに加入すれば、「3G iPhone」を1ユーロ(約1.55ドル)で発売する準備を進めていると発表したそうです。(6月16日発ロイター)日本円にして200円足らず、驚きの価格です。もし、日本でその価格なら、絶対に買いたいですね。ソフトバンクは�... [続きを読む]

« ローンの恐ろしさ | トップページ | 優れ営業マン »