2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« 乞うご期待! | トップページ | 6179文字 »

2008/06/29

羞恥心

こんにちは。今日もカフェグリット!でやってる叔母さんの絵を見に従兄弟家族が集まってくれるのでとてもハッピーな販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。
カフェという「場」があり、叔母さんの絵という「動機」があることで十年以上合ってない血縁者が集まるなんてすごい事だ。何でも行動してみると思わぬ結果が生まれることを実感。

今日は今、話題の「羞恥心」ネタ


Ca390134 娘の奈歩がずっぽりハマって、彼女にしては超珍しく自分の小遣いを出してCDを買った。(ふだんは誰かに借りるか、レンタルするだけ)所有していたいらしい。

娘ばかりか、3〜4日前に大阪〜名古屋〜川崎と1日弾丸プロモーションを行い、当日朝の告知だったのにも関わらず、3カ所とも大盛況というか将棋倒しで事故寸前くらい大フィーバーしたみたい。

たまたまだけど彼ら羞恥心がデビューするきっかけになったクイズヘキサゴンという番組は司会が島田紳助と、ボクの好きなタレントのため娘と一緒に見ることが多い。

「おばかキャラ」というくくりで人気爆発してるみたいだが流行る理由は正直わからん、というのが本音。

でも島田紳助が違う番組で「今、世代の違う人間がカラオケ行っても各世代で歌う歌はバラバラで年寄りは若い子の、若い子は年寄りの歌を全然聴かずに知らん顔。10歳違うだけで、もうバラバラ。それをなんとかしたかったから80年代チックなノリで作ったら売れた」と言っていた。

なるほどなーと、なんとなく納得。
音楽業界は雑誌業界と並んで今どんどん下降線をたどり続けている。
演歌は流行らんわ、国民的アイドルはいないわ、安定したアーティストは年取ってパワー無くなるわでいいとこなし。テレビ番組や映画・CMとのタイアップもさっぱり。確か年8〜10%づつくらいCD販売数は減ってるはず。

そんな状況で「みんなで歌える歌いやすい歌」それが羞恥心なんだろう。

今年の年末はみんなでカラオケ行って「しゅーちしん、しゅーちしん♪」って手を振り回しながら合唱しますか(^o^)

世の中ちっとは明るくなるかも。


« 乞うご期待! | トップページ | 6179文字 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羞恥心:

« 乞うご期待! | トップページ | 6179文字 »