2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« ビジョナリーカンパニー | トップページ | カフェ脱皮! »

2008/06/02

紳助大好き

こんにちは。昨日はカフェグリット!でマーケティング本を読みふけり、気合い十分、アイデアタップリの休息をとらせてもらった販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今年の1月からテレビをよく観るようにしている。
ここ10年格闘技とF1くらいしか観てなかったが、ドラマやバラエティ、クイズ番組、NHKと幅広く観ている。(よく観ると言っても一週間で10番組もないけど)

土日とか平日帰ってからハードディスクレコーダーに録画したものを観る。絶対ナマでは観ない。時間のロスになるからだ。CM飛ばしとおもしろくないところを飛ばすので1時間番組が半分近くで観られる。

で、気づかされたのがクイズ番組の多さと、吉本系お笑い芸人の番組の多いこと。
テレビという媒体がこのままでいいのかと思えるほど、どこも似たり寄ったりの造りをしてる。サラ金やパチンコなどのCMが少なくなっているので、各局とも予算が苦しいのかなあと思うけどスタジオにセット作って若手タレント寄せてポンと楽な番組作りをしている感じ。

まあテレビがどうなるかという話はおいといて、「さすがだなあ〜」と大ファンなのが島田紳助。何がすごいって、タレントだろうが素人だろうが、こき下ろしていじめるものの、視聴者に好感持たせる能力。今観てる番組が「クイズヘキサゴン」「クイズ紳助君」「開運なんでも鑑定団」という3番組。それらの番組で出演者をバッサバッサと痛いところついて「落として」行く。

でも、決してその出演者がイヤな想いをさせられたり、好感度が下がるようにはしていない(と思う)

ビートたけし、明石家さんま、タモリと同世代に世に出てきた芸人の中で唯一「こき下ろし名人」「毒吐き名人」な感じがする。こき下ろしたり、毒を吐くことが良いことだとは思わないが、テレビを観てて、ほとんど水戸黄門のような「予定調和」のとれたお決まりパターンの中で、唯一「え〜〜、そう落とすか」と楽しませてくれる。もっともそれが「紳助パターン」と言えばそれまでなんだけど。

ひところ日曜朝の報道番組の司会やってたころは政治家になるんかなーと思いながら眺めてたが、楽しそうに出演者をいじめてる姿を観て「枯れずに毒吐けよ〜〜」と笑わせてもらってる。

でも、、、本人そのものの好感度はたぶんあんまり高くないんだろうな〜。
女性や高齢者にはウケ悪そう。

« ビジョナリーカンパニー | トップページ | カフェ脱皮! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紳助大好き:

« ビジョナリーカンパニー | トップページ | カフェ脱皮! »