2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« 全日本モトクロス第3戦(ベストショット) | トップページ | 全日本モトクロス第三戦(BASレポート) »

2008/05/14

Dくん

こんにちは、今日から娘が修学旅行に行ってしまうので寂しい夜を過ごす販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。(奥さん@ヨシダブチョーは、ボクが寝る頃帰ってくる激務が続いているので家に帰るとボクひとりぼっちになってしまう。。。というホントはあってはならない勤務体制になっている)

さて今日はボクが尊敬する素晴らしい人の話。

先週金曜日、打合せが終わると携帯に着信履歴が残っていた。
番号しか表示されていない。誰だろうと思ってかけてみた。
出ない。しかしその後また打合せをしていたら同じ番号で着信履歴が残っていた。

またかけた。
出ない。

土日をモトクロスで撮影しまくっていたので、その電話のことは忘れていた。
そしたら月曜日、またまた間が悪く気づかぬうちに同じ番号で着信履歴が残っていた。

気になるので火曜の朝イチ、九時すぎに電話してみた。
そしたらようやく相手が出て「Dです!Dです!おはようございます!」と親しげにしゃべってくる。(誰だぁ?)と思いながら「あのぉグリットのヨシダと言いますけど、、」と間違いではないかと確認したら「○○店のDですよ!ヨシダさん!」と名乗ってもらってようやく気づいた。

「ああ〜〜ごめん、ごめん!どうした?」と聞きながらボクは腹の内で(営業成績に苦しんでいて誘いの電話かな)と思いながら、どう励まそうかと言葉を探し始めた。

そしたら「いや店は調子いいですよ。先月も前年比170%行きましたし、今月も昨日で(つまり月の半ばで)前年度実績はクリアしました」「でもまだまだヒマなんで遊びにきて欲しいんですよ!」と元気よく切り返された。

前年度比170%???
5月12日で、月間売上の前年度実績クリア???
なんじゃそりゃ、すごい数字ではないか!!!

Dくんは、その店に今年の3月半ばから配属されている。つまり、ひと月と経たず店を大改革し、劇的な売上アップに成功しているのだ。
しかも彼は、その前に勤務した店を3店舗か4店舗、短期間で大幅売上増に成功している。
その会社にとっては、エース級のマネージャーだ。

(こりゃ、一回話を聞かせてもらわなきゃ)と思いながら電話を切ってふと気がついた。

ボクが朝イチ、9時に電話した火曜日は、その店の定休日。
つまり休日の朝に、知らずとはいえ電話してしまったのだ。
もちろんDくんは経営者ではなく、一店舗を任されているマネージャーにすぎない。

その彼が取った行動は、
●彼は自分の携帯電話で、客であるボクに電話した。
●あえて留守番電話は吹き込まなかった
●つながらなくても日を置いて電話を繰り返しかけた
●休日であるにも関わらず、元気120%の営業モードで電話に出た
●客として来て欲しいのではなく「遊びに来て欲しい」と言う言葉しか言わなかった。

とてつもない成功法則を持っている人物だと正直(負けた〜)と思いながら電話を切った。

Dくんは、まだ、たった、22歳。
素晴らしい資質とエネルギーを、正しく使いこなせる凄い人物だ。

一社会人として、心から尊敬する。

Dくん、色々教えてね〜〜〜!

« 全日本モトクロス第3戦(ベストショット) | トップページ | 全日本モトクロス第三戦(BASレポート) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dくん:

« 全日本モトクロス第3戦(ベストショット) | トップページ | 全日本モトクロス第三戦(BASレポート) »