2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008/04/30

モトクロス第二戦(福留選手編)

こんにちは。昨日は一日中パジャマで過ごし、2000枚以上撮ったモトクロスの写真を整理して「俺って天才じゃない?」と自画自賛しながら一人悦に入っていた販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

そんな訳で勝手ながら第2戦の写真集ということで今日、明日はブログをご覧ください。
(例によってクリックすると画像は大きくなります。

土曜日、リラックスしたムードの中、予選を迎える

Img_0631 子供たちに大人気のドメ。

Img_0639 ライダー同士も、本当に無邪気に仲がいい。

Img_0853 雨降る中で予選。#952。ドメは快調な走りで2位ゲット。

Img_2153 日曜日、レース前。スタート直前なのにリラックスしてる。

Img_1402 スタート地点のコンディションを丁寧に整える。

Img_1425 第一ヒートスタート!まずまずの上位スタート。

Img_1092 激走!

Img_1454 爆走!

Img_1186 ジャンプ!

しかしレース途中でエンジンが不調になり結果は残せず。
残念!

Img_1414 第二ヒートスタート。すごい勢いで3位くらいでロケットスタートを決める。

しかししかし、なんたることか、1周目の前半セクションで前のバイクがよろけた所へもろに突っ込み大転倒。なんとか地力で帰ってきたが、バイクから降りることも出来ず、抱えられて救護室へ。。。。

Img_2216 右腕と盲腸の手術をするあたりの下腹部を強打し、リタイヤ。でも、レース後1時間ほどで歩けるようになるほど回復して一安心。

今回はついてなかったけど、次戦に期待。
早く治してね、ドメちゃん。

2008/04/29

モトクロス続報(衝撃画像)

こんにちは。今日から三日間ほどモトクロスのことを書きまくるぞの販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

といいつつ、今日は予選中の写真1枚だけアップしておしまい。
(クリックして写真の右上をご覧あれ)
Img_0574

予選後、ご本人にも見てもらったけど大ウケ(^o^)

2008/04/28

モトクロス第二戦!

こんにちは。身の程知らずな我が社は長期連休に入りましたが、ブログは元気に発信しますの販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

行ってきました、全日本モトクロス第2戦。

細かいレポートは明日アッププっするので、今日は迫力スタート写真をお楽しみください。
(写真はクリックすると大きくなります。)

Img_2156 IA-1クラス福留選手。ゼッケン#952

Img_2206Img_2200 決勝スタート!


Img_1201 IA-2クラス富田選手。ゼッケン#59

Img_1231 決勝スタート!Img_1901


2008/04/27

自己啓発バカ

こんにちは。さあ今日は全日本モトクロス第2戦が開催されます。
どないな結果が生まれるか楽しみでたまらない販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

最近このブログで、本や社会情報のことを多く取り上げてる。
が、今日はそんなものは全く役にたたないという経験の話。

ボクが「自己啓発」というものに触れた最初は、GRIT!を始める前の年。
つまりサラリーマン最後の年に、初めて自己啓発を体験した。

それは30人くらいの人を閉ざされた空間に入れ、様々な疑似体験させることを通じ
自分の心の奥底深くにあるものを引っ張り出し、その自分を素直に認め、また他者も認めようというものだった。(メッチャクチャ、はしょってるけど3日間くらいの修行みたいなものを想像してください)

当時、ボクは成り行き任せのいい加減人生まっしぐらで、転職は繰り返すは、無駄遣いをして借金がふくらみサラ金に手を出して首が回らなくなるわ、結婚したもののすぐに離婚を言い出すわと、何をやってもダメ男だった。

そんなとき、勤めていた会社の社長が、何かのきっかけでその自己啓発セミナーに行き、触発され、ボクも強引に放り込んでくれた。
そしてそのセミナーはボクにとって衝撃的で「人生変えなきゃ」と真剣に思い、その後数ヶ月してGRIT!を始めた。

自己実現、自己啓発。そんな言葉に敏感になったボクは以来、そんな本を読み漁り、オーディオ教材や最高金額では60万円!もするプログラムにも手を出した。

しかししかし、皆さん、ここで声を大にして言いたい。
そんなものをいくら頭に詰め込んでも実行出来なければ何の役にも立たない。
本を読み終えやる気が出ても、プログラムを買い込んで意気込んでも

実践し続けなければ意味が無い。

逆を言えば、たった一冊の本でもいい。
自分が「これだ」と思う本や考えに触れ、それを徹底的に実践し続ければ
自己実現の道は拓けるだろう。

ボクは零細ながらも会社の社長であり、会社を伸ばすと同時に
自分を伸ばすことに強い強い願望を持っている。
全然そんなことに興味のないひとも多いだろう。

しかし、人は誰しも年を重ねる中で父親や夫、母親や妻となったり、部下や後輩が自然と出来てくる。さらに、事故や病気など不測の事態もドンドン舞い込んでくる。
そんな時、どう振る舞えばいいのか、どうすればより良い事態を構築できるのか。

それは、やはり日頃のトレーニングの積み重ねだし、目指す目標を何処に置くかによって違ってくるのは間違いない。

自己啓発バカになるのは時間とお金の浪費になる。
しかし自分で自分の人生の地図や設計図を持たずにさまよい続ける事はもっとムダなことだ。

幸い、現時点でのボクは自己啓発本やプログラムのムダが「塵も積もれば山となる」というラッキーな状態で心も体も会社も元気でいられる。それは家族とスタッフあってのものだ。今後ボクと一心同体である会社がどうなっていくかは、自分では決められないが、どうするかという設計図はきちんとできている。ダメ男だった30歳当時とは大きく離れることができた。

くれぐれもボクのように、サラ金の借金を親に肩代わりしてもらったり、離婚の慰謝料を何年も払い続けたり、不測の事態が起きたときふてくされたりすることの無いようハッピーな人生を自分の力で切り開いてもらいたい。

2008/04/26

トホホなデザイン

こんにちは。今日からいよいよ全日本モトクロス第二戦が埼玉は川越で開催されます。
おまけにGRIT!は明日から10連休という零細企業の分際で、後先考えない長期休みを頂きますの販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日はトホホな工業デザイン製品の話。

我が社のエース、ヒナタブチョーは、活動のほとんどが出先で打合せするか
看板の取付などを行っている。(今日も山口県まで開発部3人で長駆出張し、大量の看板取付を行っている)
当然、出先でメールを受け取りたい、送りたいという要望は強くノートパソコンを持ち歩いている。

先月、あまりにも通信速度が遅いという理由でウイルコムの通信から
auの端末に切り替えた。
Au2 本体はこれくらいのコンパクトフラッシュスロットに差してつかうもの。
しかし、僕らが使うMacにもこないだ購入した激安ノートパソコンEeePCにも
差し込み口が無い。

ということでUSBに接続できるようにしたアダプターを買い求め
使うことにした。
が、しかし。
実際に差し込んでみるとこんなブサイクなことになる。
Card1 「いったいどんだけはみ出しとるんじゃ」と一喝するほどかっこわるい。(この写真は差し込み中ではなく、目一杯入った状態。ズボン履きかけみたいな感じ(>_<))

何故にこんなかっこ悪いことしかできないんだろう。
日々仕様が変わり、商品が更新されていく今の世の中で
サードパーティと呼ばれるメーカーたちの苦労は大変だろうなと類推する。

この商品もコンパクトフラッシュ型の通信カードでだけでなく
PCカードタイプににも共用できるよう設計されているので、
こんなブサイクなはみ出し方をしてしまう。

「二度とこのメーカーのものは買わんからなー」
と、そんなことを思わせるようなものは作ってはいけない。
人が使う以上、機能だけでなく使うときに満足を感じるデザインや
使い勝手は、最低限のラインを引き上げなくては、結局焼き畑農業のような
荒れ果てた未来しか描けないような商売のスパイラルに入ってしまう。

落ち着いて、いいものを作る。造る。創る。私たちGRIT!に与えられた使命を忘れちゃいかんなと、改めて感じさせてくれたトホホなものの紹介でした。





2008/04/25

視点の違い

こんにちは。昨日はプチ台風のような天気で、散歩の時傘が役に立たず、ずぶ濡れになってしまった販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は新聞の話。
我が家は、新聞を四紙採っている。
東海地区の揺るがぬローカル覇王、「中日新聞」
日経新聞本紙は採ってないけど「日経流通」「日経産業」
SS業界なら必読「燃料油脂新聞」

正直言って、それほど熱心に読んではいない。
中日新聞はテレビ〜社会〜スポーツ〜経済欄を斜め読み
流通と産業はタイトルだけ見て気になるものだけ取り上げ読み
燃料油脂は30秒読み、、

自分にとって一番役にたっているのは日経流通。
「どうやってモノを売ろうとするか」という視点で
さまざまな商品やサービスをニュースとして取り上げるので
「なるほど〜〜、そんなやり方があるのか」とヒントになることが多い。

さらに最近気に入ってるサイトがある
http://allatanys.jp/
Aratanis 朝日・日経・読売三紙が共同で作っているサイトだ。
毎日見ているわけではないが、気になる出来事があったとき
それぞれの新聞が、どう取り上げるか、さらに社説として
どんな切り口で見ているのか視点の違いが浮き彫りになるので
参考になるというか、頭の中にどうしまいこむかの判断材料になる。

新聞代を払わなくても無料でこんな貴重な情報が1サイトで入手できる。
便利な時代になったものです。

※ちなみに、ニュースとして取り上げられる社会的事件は悪事がほとんどだ。でもそんなことに関心を持ち、掘り下げても自分にとって何も益は無いし、むしろ「不幸せ探しの習慣」が身についてしまうだろう。
何故悪事ばっかり取り上げることが多いのか、正直不思議だがボク的にはそんなものは観ない方がいいとお勧めする。

2008/04/24

なんで?

こんにちは。今日は不思議な買い物をしてきた販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

不思議な買い物とは、お客さんのイベントで景品として使う任天堂DSを買いにいくため、事務所の斜め前にあるヤマダ電機へ行ったとき。(6個必要だった)

一頃の供給不足も一段落して在庫もちゃんとあるのに、なぜか「一人様一個限り」という制限が設けられていた。電話で事前確認してはいたものの「ほんまかいな」と思いながらとりあえずスタッフ3人と一緒にぽちぽち歩いて店に向かった。

するとやはり一人一個だけと確かに書いてあるし、交渉してもあっさりだめと突き放された。
(その言い方がまた憎たらしいというか、こちらを敵視するような言い方でムカッときた)

結局さらに二人呼んで合計6個買い求めた。
メーカーからの指示なんだろうけど、何故に??と疑問が残る買い物だった。
別に一人で何個DS買おうが勝手だし、余分に売れるならそれでいいじゃん(>_<)

ちょっと今日は短めで、、、
ではまた明日!

2008/04/23

しるし

こんにちは。グランパスは調子いいわ、中日ドラゴンズも調子よく今夜は阪神に快勝したのでご機嫌うるわしい販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

2008年度版SUGKIKカタログがリリースされて約2週間。おかげさまで連日大変多くの注文や問い合わせを頂きベリーハッピーな毎日をスタッフ全員噛みしめています。(出したものの、し〜〜んと反響が無いことを想像すると鳥肌モノの恐ろしさがあったけど、ちょっとホッとする今日この頃)

Ca390008 タイミング的にはちょっと遅れてしまったが、今日恒例のIDタグを作ってみんなに配布した。
3年前からカタログを発行する度に記念として作ってる。

全然高いモノでは無いが、カタログの発行番号とスタッフ自身の名前が刻まれているものは文字通り世界にたったひとつ、その場にいたものしか手にできない。
がんばってくれた「しるし」としてスタッフ全員の首にかけてもらう。

みんな喜んでくれるので、アナタの会社やチームでもぜひどうぞ。
ボクがいつも作っているのはココ
www.surplus-imai.com/dogtag.html
通販で作ってもらえます。

彼氏や彼女と「愛のしるし」としてペアで作ってもいいかもねheart01

2008/04/22

監督力

こんにちは。パソコンや大型プリンタの熱で、事務所内が外気温よりはるかに暑く、すでにスタッフ全員夏仕様で働いている販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今年我が地元名古屋のグランパスが、万年中位〜下位を脱し、トップを快走し続けている。最初はまぐれかと思ったけど、すでに7戦して6勝1分けと負け無しで来てて、まぐれでこうはいかないだろう。(未だ鹿島や浦和とあたってないので何とも言い難いけど)

ボクにとってサッカーは疎いスポーツなので、何も語れない。
でも今年グランパスがトップを快走している大きな要因が、監督のストイコビッチにあることは間違いないだろう。
わずか数ヶ月でこうも変われるか?と思うほど強くなっている。

「監督力」
チームを率いる監督が何を見据え、どう導くかによって、プレイヤーの潜在力が顕在化し、結果に結びつく。それは現状からの積み上げ努力ではなく、監督の「見える世界」をどう浸透させるかによって現実化することが可能な論理でありミラクルワールドだ。

強引な我田引水だけど、我がGRIT!も今年、具体的にどのように変わるか明確に提示してある。まだそれが全員に浸透しているとは言い難い。しかしすでにヒナタブチョーやヨシダブチョーが「それなら実現できる」「それが実現出来なきゃダメッしょ」とグイグイと「見える世界」が高く、広くなってきている。

ボクもグランパスを見習って、短期間で強いチームを作ることを心から信じ、今年度の終わりにはみんなに「がんばってよかったぁ」と達成感のある会社にしてみせる。

2008/04/21

読書力

こんにちは。いよいよGW突入まで秒読み段階。我が社は日頃の激務を慰労する意味を込めて「休むときは休む」方針にしたので、なんと10連休という、ちょっと前では考えられない休みを取ってしまいますの販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日はボクの読書の話。

物心ついたころから本の虫だったボクは、恥ずかしながら昔の子供の基本技である、メンコも独楽回しも釘刺しもまったくできない。
そんなヒマがあれば本を読んでるという子供だったようだ。(でも秘密基地とかは作って遊んでいたし、雪深い地域に転校していた頃は鎌倉遊びなどもしていたので、まったくインドア引きこもりって訳でも無かったとも思うが、、、)

とにかくボクの人生で本が無い時など考えられず、寝る前、風呂、トイレ、運転中の信号待ちと、寸暇を惜しんで読んできた。サラリーマン時代は給料が出ると古本屋を回り、30冊くらい買って帰るのが楽しみだったし、今では新刊本でも小遣いを心配せずに買えるほどには豊かになれたことがとてもうれぴー。

そんな本の虫だが、読む本には波がある。
基本線としては小説を読み倒したいのだが、さすがに30歳中盤くらいから自己啓発とかビジネス書と分類される物に興味を持ち始めた。10年近く前から大ブームになったコンサルタント系の本も何人か読み倒していて、特に神田昌典という人には傾倒していた。

先週、突如として発作が起き「読まなきゃ!」と導かれるまま本屋とAmazonで買い漁り、四日ほどでこれだけ読んだ。

Ca390033 「飲食店メニューと集客の黄金ルール」は実用的でおもしろく、カフェのスタッフにも渡して読んでもらっている。「短期間で組織が変わる行動科学マネジメント」もGRIT!に適用できる。「宇宙スイッチ」と「引き寄せの法則」は自己啓発本に分類されるだろうけど、ちょっと変わった「宇宙からのチカラを使って成功しよう」という、見方によってはアブナイ、スピリチュアルな本。だが、「引き寄せの法則」は自分で実践すべしと、試してみる。

この勢いでモアパワーを!と意気込んで日曜、再び本屋に行き今週の本を買ってきた。Ca390032
ピーター ドラッカー。この人はボクの導師に位置する経営学者。何冊も読んでるが「洞察力」という点でこの人の右に出る人は未だ知らない超巨人。
「ザ・シークレット」は「引き寄せの法則」と同じジャンルの成功への糸口を見つけてくれそうな本。ナポレオンヒルの「思考は現実化する」超超超ベストセラーで、以前持っていたがどっか行ってしまったのでもう一回読んでみることにした。

これだけの本を一週間で読めるというのは、並外れているわけではないが、ボクの能力の一つだと思う。そして最近読書するだけでなく「本は使う物」という考えも頭に浸透してきて、気になる文章のページを折ってメモしておいたり、会社の計画の中に折り込んだりしている。

たった1000円〜2000円で、偉大なる先人が遺してくれた貴重な経験や考えのエッセンスを手に出来る読書は、素晴らしい活動だと思う。3月30日のブログに掲載したレバレッジシンキング(社員全員に配布した)は見事にスベッた(ほとんど反応無かった)
しかし、それに懲りずにスタッフにはいい本を提供して学びの習慣を身につけてもらいたい。



2008/04/20

一流の人

こんにちは。今日はヨシダブチョー@奥さんのお姉さんの娘、つまり姪っ子が泊まりにきているので賑やかな吉田家ですの販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は一流の人はやっぱ、ちゃうなという話。

先週の全日本モトクロス初戦で、チームBASのパドックに思わぬ人が訪れてくれた。
それはバリバリ現役プロレーサーの脇坂薫一という人。
1

四輪レース界では超有名な「脇坂兄弟」として知られているし、特にお兄さんの脇坂寿一さんは、F1の解説などでテレビにもかなり出ているので知っている人も多いだろう。

個人的にも脇坂兄弟が走っている「スーパーGT」というレースは毎回録画して必ず見るようにしていたので「実物」が目の前に現れてびっくらこいた。

名刺交換し、挨拶したくらいで特に長く話をしたわけでも無かったが、レースを終えた翌日の月曜日、脇坂薫一さんからメールを頂いた。

メールの内容は、次戦、関東大会では自分もBASから二輪のレースに出るのでドメ・トッチとともに3人とも表彰台へ上がれるといいですね。というものだった。

ボク自身がモータースポーツに傾倒しているので、バイアスがかかって感じるのかもしれないが、一流の流れの中で泳いでいる人は、人の縁に対して一流の心遣いができるのだなーと感銘した。
レースの世界に身を置く以上、スポンサー活動は走るのと同じかそれ以上に頑張らないと永くレースを続けられない。メールにはスポンサーになって欲しいような事は微塵も書いていなかったし、ウチごときがスポンサーに成れないのは瞬時に判っていたと思うが、長年の活動で、反射的に出会った人へのお礼メールを打てるように習慣づけられているのだろうと推測する。

その後返信したボクのメールに対してもさらに返信をもらった。忙しいのに大した人です。

ボクも早速見習おっと。

http://www.js-style.com/index.html
脇坂兄弟のホームページはこちら。

2008/04/19

GRIT!のできること

こんにちは。「ちょっと待ってくれ」と腹の底からお願いしたいほど一週間が光速で過ぎてしまう販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日はモデルチェンジした我が社の名刺の話。

今まで使っていた名刺は名古屋でも有名なデザイン会社に作ってもらった名刺で、とても評判が良かった。しかしGRIT!とは何者か?ということが、かなり正体不明な存在になっていることを感じ始めてきたので、思い切って今年変えた。

Ca390063
名刺をお渡しするときはこんな感じ。

Ca390064 この新型名刺は二つ折りになっていて、開くとGRIT!ができることが書いてある。(クリックすると拡大されます)
ちょっと慌てて作ったので、正直言葉足らずというか、もう少し補足したいことがある。しかし、これで少しは出会った方々に理解してもらえるのではないかと願いながらこの名刺を使っていくことにした。

改めましてみなさん、どうぞよろしくお願いします!!

2008/04/18

苦手の克服

こんにちは。そぼ降る雨で犬の散歩がうらめしい、販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は苦手なことを克服するとハッピーになれるという話。

とても些細なことだが、ボクは洗濯物を干すのは全然苦にならない。だけど乾いた洗濯物を取り込んで畳むのはとても苦痛に感じる。

ここんところ、気合いを込めて原稿を書くのは家の中で行うことがほとんどなので、自宅にいて主婦のように夕方になると洗濯物を取り込むことが多い。
そして畳むのはイヤなので、ソファの横のテーブルにどさっと置いて放置することを習慣にしていた。

しかし、ヨシダブチョー@奥さんの仕事量がハンパではなく、夜中過ぎに帰ってくることが最近ほとんどだ。さらに娘の弁当を朝作るので5時半くらいには起きている。そんな過労状態が続いて、タフネスが売り物のヨシダブチョー@奥さんも目で見て判るくらい憔悴していることが増えてきた。

さすがにそんな姿を見てると「洗濯モンくらい畳まなきゃ」と思い、最近2,3週間畳むようにしている。
正直言って今でも克服はできていない。
しかし、「いつかは終わる。いつかは終わる」と心の中で唱えながら畳んでいると、当たり前だが本当に畳み終わる。

そして畳み終えると、なんだか気持ちが高揚する。少しだけれど。

苦手なことでも臆せず手を出し、完遂すれば結果的に自分にとってプラスになるのだな、と、プータロー無職のお父さんのように今日も洗濯物を畳んだのでありました。


Ca390059 しかし問題の本質はボクが洗濯物を畳めるかどうかではなく、ヨシダブチョー@奥さんの負担軽減を果たしてあげないとマズいということくらいは、いくらボンクラシャチョーのボクでも理解している。

Ca390061 ゴムが伸びた「例の靴下」(3月24日ヨシダブログ参照)見た目はたいしたこと無さそうだが、履くとずるずる、、、。

2008/04/17

自立するスタッフ

こんにちは。GW前の活動が最終段階で発狂的に忙しい販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は、ようやくモトクロ話から離れて我がGRIT!スタッフの自慢話。

ここ数週間でスタッフがグイグイとたくましくなってきているのを実感する。カタログを乗り越えて無事発行できたこともあるが、制作には直接携わらなかった出荷チームやカフェのスタッフも重心を前のめりにし、積極的に活動してくれている。

どの時点で、なぜスイッチが入ったのか、正直言ってその瞬間は経営者として見逃してしまった。(そういうところをきちっと見られるかどうかが大きなチェックポイントなのに、、、まだまだ五流経営者だ)しかしみんなが「もっとがんばらなきゃ」という意志を表に出し、行動し続けてくれている。

開発部はヒナタブチョー筆頭に、数ヶ月先を見通しながら活動し始めている。今週ボクの仕事として、開発部とはどんな仕事ができる部署なのかという紹介を兼ねた提案書を作っている。しかし月曜から打合せして、すでに3回「もっと魂のこもったものを」「もっとお客さんに迫るものを」というリクエストを出され、全面改稿を繰り返し、突き返されている。今までだったら「社長の作ったものならそれをそのまま使います」というのが基本線だったのに、今はまったく空気が違う。

カフェも喫煙者席を作るといってホームセンターで大量の材木を買ってきてデッキを自作するし、5月からは月替わりで3シリーズも(フランス料理・パン料理・デザート)特製メニューを提供していくと、自分たちで企画して実行に移そうとしている。

制作チームは、成長著しいチーフ@ホンダを筆頭にデザインしたり看板作ったり「ほかの人の仕事」を積極的に取り組んでくれている。

出荷チームも新カタログに変わって在庫も増え注文量も飛躍的に増えているのに、お客さんに丁寧に対応しつつ一生懸命出荷してくれているし、ボクからリクエストを出した「お客さんの質問・苦情・要望をひたすらノートに書き残して欲しい」というお願いを忠実に果たしてくれている。

ヒナタ、松浦、竹内の開発部。ホンダ、鎌田、富田、石川、藤井の制作チーム。松本、島田の出荷チーム。熊崎、石黒のカフェチーム。そして忘れちゃいけないヨシダブチョー。

みんなすごい。
読んでる人には甘ったるい話しに見えるかもしれないが、ホントに自慢のスタッフです。

みんなのチカラを借りてきちっ、きちっと毎月の目標を果たしながら1年後には今とは比較にならないほど凄い会社にしてみせるので、正しいと思ったことをディスカッションしながらガンガン進めてください。

今年のGRIT!は目が離せません!





2008/04/16

ホンダパワー炸裂

こんにちは。しつこくて申し訳ないけど今日も続くよモトクロ話の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。(昨日も今日も写真はクリックすると大きくなるのでお楽しみください)

今年GRIT!はTeamBASのスポンサーとして協力させてもらってる。
スポンサーと言ってもお金をポンと出せる余裕は何処にもないので、あらゆるツールのデザインやユニフォームなど、GRIT!だから出来ることで盛り上げようと取り組ませてもらった。

とにかく「どこにも無いかっこよさ」を追求し、オーナー兼監督の吉野さんと、GRIT!からはチーフデザイナー@本田を任命し、全力を出してみた。

今回レース会場を訪れ、初めて全てのツールが揃った状態を見た。
断然、ぶっちぎりでかっこいい。バイクメーカー直営のファクトリーチームよりさらに上を行く文字通り「どこにも無いかっこよさ」を実現できたと実感した。

585f8766 まず、バイクデザインと、クルーのシャツがコーディネイト。柄部分をプリントしてから裁断・縫製した完全オリジナルウェア。ライダーのジャージは既製品だが、柄的には合ってる。

585f8727 そしてドーーーンッ。トランスポーターの右サイド。ドメの超低空横っ飛び写真が大迫力。

585f8734 さらにドカーーンッ。トランスポーターの左サイドは整備ピットになっている。こんなクールなピットはどこにも無い。

585f8724 ピット内。かっちょええ〜〜。

_mg_9414 さらにテーブルカバーも作った。

_mg_9506 サイン会も大賑わいだし、渡されるポスターもめちゃかっこいいので大好評。

585f8726 今年一年、全チームから羨望のまなざしで見られる環境を全てデザインしたホンダ@GRIT!(左から二人目)

気がつけば彼自身のデザイン力・対応力も大きく成長し、これらを作らせてもらったことで、本田自身がすごくチカラをつけることができた。ビジュアルデザインを徹底して追求すると、どんなものが出来上がるのか。本田の中に貯まったパワーは大きな財産として残すことができたとレース会場で強く感じた。

Img_6806 夜な夜な本田を引っ張って、こだわりを追求してくれた吉野さん。
よくがんばったね、本田くん。

さあ〜〜次は誰の番だろ?
スタッフ諸君、こだわり抜いてがんばろうぜ!

2008/04/15

激走二人

こんにちは。興味の無い人には申し訳ないけど、今日も続くよモトクロ話、の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

「あいつは将来日本のトップになれる」とチャンピオンライダー成田選手に認められた高校生ライダー富田俊樹。(ニックネーム=トッチ)しかし昨日お伝えしたように、今回のレースはノーマルエンジンで走ることを強いられ、苦しい展開だった。

Img_7476 スタート。横一線できれいに出てる。

Img_7483 本来、スタートが得意なトッチだがほんの20mくらいで遅れ始めてる

Img_7491 第一コーナーでどんじり。エンジンが伸びないと格下の選手にすら置いて行かれる状態。

585f9485 しかしレースの中の闘いではめちゃめちゃ切れ味鋭い走りを見せ、後方からどんどん抜いていく。カウンターを当てながら強引に立ち上がるトッチ。

585f9429 壁にタイヤをぶち当てながら追い上げる。
結果第一ヒート、最後方から脅威の20人抜きで9位。続く第二ヒートは17位。苦しい中めっちゃ頑張ったね。

続いてエースライダー福留善秀(ニックネーム=ドメ)
彼の人気は本当に凄く、撮影のために陣取った第一コーナーの山肌でも「福留が今年すごいらしで」とか「昨日の予選で一番かっこよかったの福留だった」とかとにかくあちらこちらから声が聞かれた。(思わず「ありがとう」と握手しよかと思ったくらい(^_^)v)

彼も今回2ヒートとも苦しいスタートだったが、いかにも凄い写真をボクの兄貴が撮っていたので連続写真で紹介。

Img_7444 3台で左コーナーに進入。

Img_7446 次の瞬間ドメだけクルッとバイクの方向を変え出口に向いている。

Img_7450 コーナーを出るジャンプではすでに3mくらい引き離してる。
ボクのモトクロスノウハウは全く無いので写真から見る事実しかわからない。でも素人目に見てもこの技量の差は凄い、と思う。

585f9309 30mくらい飛ぶジャンプ。隣のライダーが話しかけてるように思えるほど滞空時間が長くシャッターを切ってても「どんだけ飛ぶんかい」と思える超人的世界。

再来週4月27日の関東大会では大暴れしてくれそうな期待大。

http://www.mfj.or.jp/

2008/04/14

モトクロス第一戦終了!

こんにちは。いよいよGWに向けてあと二週間。遊びに行く人もがっちり稼ごうとする人も、もう計画の最終段階に入らなくてはいけません。が、我が家は何も予定を決めてない販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

さて、と言うわけで行って参りました全日本モトクロス第一戦。

_mg_9497 会場を囲む山に観客がびっしりと埋まり尽くしていた。
気合い十分入りまくりのチームBAS。
このブログでも紹介してきた福留、富田両ライダーに期待が集まる。

写真を撮りすぎて整理しきれないので、まずは速報。

富田選手はレース前の車検で騒音規定をオーバーしてしまうという不測の事態が起き、せっかくのチューニングエンジンを使えず、ノーマルエンジンで出走というつらい開幕を迎え、敢えなく中位に甘んじた。(それでも走りは凄かった)

エースライダー福留選手もヒート1のスタート一コーナーで(モトクロスの決勝レースは二回あり、ヒート1、ヒート2の成績で結果が残る)なんと転倒してしまうというアクシデントに見舞われ、かなりナーバスな展開になったものの、ヒート2では、五位走行中、ラスト二周で一位、二位の選手が絡んで転倒という劇的な展開になり、見事三位入賞。

585f0027 歓喜のゴーーーーッル!!

585f0042 開幕戦表彰台という吉野監督の公約を果たし、万全とは言えぬものの好スタートを切ることができた。
細かなレポートはまた明日以降。
まずは福留選手、おめでとう!

585f0084 自分では納得いかない走りだったらしく表彰台でも固い表情だったが、子供たちへプレゼントする帽子を投げ上げる笑顔は最高だった。次はどんな展開になるのか?

2008/04/13

計画完了

こんにちは。このブログは12日深夜、レース本番まであと半日という時間に書いています。自分が走るわけでもないのにキンチョーし始めた販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

こないだのGRIT!全体ミーティングは、我が社における年度初めのミーティングということで、今期1年分の計画を渡してその内容を議論した。

Keikaku 横軸に会社全体・開発部・制作部・出荷、経理・カフェと並べ、縦軸に4月から来年3月までの各部門の行動計画が記されている。

今年はとにかく成り行き任せの行動を減らし、仕事の負荷を減らしながら、なおかつ大きく売上(というより粗利益)をあげようと目論んでいる。
そんな都合のいいことを実現するためには、相当会社のカイゼンを推し進めなければ絶対出来ない。そのために今までになく細かな計画を立てた。(とはいうものの、各部門とも毎月の目標と、その月にやってもらうことを3つ書き、各月の到達点が書いてある程度)
立てただけでは計画倒れになるのも目に見えてるので、みんなに理解してもらい、今までの習慣から新しい習慣を身につけてもらい効率的に働いて、実りある一年にしようと思っている。

この「習慣を身につける」ということが誰にとっても峠を越えて自律的に出来るようになるまでとても苦痛なことが多い。
人間誰でも好きなことに気が向くし、逆にやらなきゃヤバくなることも一生懸命やる。
しかし、明日のため、来月のため、来年のために新たな習慣を身につけよと言われてもそれですぐ何かが目の前に拓けるわけでもないし、給料が上がるわけでもないので???なメンバーもいる。

しかしボクの目にははっきりと来年3月どうなっていれば、この会社がよりよくなっているか見えているので、やり抜く。そしてみんなに新しい習慣を身につけてもらうためにあきらめることなく伝え続けるし、行動してもらう。

先月までのカタログ作りのような、消耗戦を続けるのは誰にとっても益のあることではない。理性的、計画的にひとつの仕事が、複数に、そして連鎖するように仕事して結果的に多くのお客さんに喜んでもらえる会社作りにじっくり取り組む。

今年GRIT!は、ヨシダ商店から大きく脱却します。乞うご期待!

2008/04/12

幸せ探しの名人

こんにちは。今日は全日本モトクロス第一戦を応援するため奈良県の名阪サーキットまで出動している販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は我が奥さん@ヨシダブチョーの不思議な才能の話。

彼女は散歩の最中によく四つ葉のクローバーを見つける。
それも探しながら歩いてるのではなく、何気なく歩いていて
「あっ、四つ葉のクローバー、また見っけ」とつまんで取る。

今朝も犬どもの散歩中に「お」と言って一つ見つけたかと
思いきや、連続して「あ」「またあった」とわずか3分くらいの間に3つも見つけた。
Ca390046

四つ葉のクローバーと言えば、幸福がかなう兆しと言われるうれしい見つけモノだ。彼女にはそんな四つ葉のクローバーを探す不思議な才能があるらしい。
(道理でボクも幸せな訳だ、、、と、ノロけて見せたりして(^_^;))

今朝はさらに五つ葉のクローバーまで見つけた
Ca390047
写真の真ん中をよーーくご覧下さい。
真ん中にちっちゃな葉っぱ見えますか?

幸せが来て欲しいなあと願う方がいたら、ぜひヨシダブチョーとクローバーの生えてる公園を散歩してみてください。きっと見つけてくれるはずです。

明日のレースはどうなる!?
クローバーの御利益あるか??

2008/04/11

歯医者

こんにちは。4月に入って早くも二週間目が終わりを迎え、GW前の納品に向けて制作チームも開発部も出荷チームも大車輪でフル稼働の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は大嫌いな歯医者の話。

歯医者嫌いな人は多いと思うが、あの「キーーン」という高周波な音と、脳に伝わる振動がどうにも馴染めず、30歳くらいに一度通った後、なんと15年も歯医者の門をくぐったことは無かった。

その間、歯に詰めていたものが取れたり、歯槽膿漏になってリンゴはおろかバナナを食べても出血するほど、歯茎も弱っていた。しかし虫歯がひどくなって歯痛になることは不思議と無く、ずるずると15年も引っ張ってきた。

しかし数年前から行き始めた人間ドックで歯科検診を受ける度に「今ならまだ間に合うから悪いことを言わないから治療をしなさい」と勧められ、ついに一昨年秋から治療を始めた。

虫歯の治療とクリーニングで11回通い、無事に治療を終えた。
以来歯槽膿漏も治り、バリバリとリンゴを食べられる歯を取り戻すことが出来た。
Ca390040

嫌々必死に通った診察券の記録

今年の人間ドックで「ヨシダさん、歯石が溜まり始めてるよ」と指摘され、早速予約を取り1年ぶりくらいに歯医者に行ってクリーニングと検診をしてもらった。幸い虫歯も無くクリーニングも一回で終わり、すっきりと出来た。

「やらなきゃいけない」「やったほうがいいに決まってる」「やらないとヤバイ事になる」など、人生の中、仕事の中、日々の生活の中で「やるべきこと」は数々あるし、途切れることなく課題や問題が出てくる。

それらを溜めてしまうか、すっきりさせるかを一つ一つコツコツと進めることで、心の中の澱が増えるか減るか年数が経てば経つほどその差は大きく開く。

おかげさまでボクはここ二年ほどの間で、自分の身の回りのことは随分すっきりできた。
元気を取り戻した歯と同じように、心も体も澱の無い生活を営むことができている。

そうさせてくれた家族とスタッフに感謝である。
みんなありがとう!




2008/04/10

犬バカ一家

こんにちは。いよいよ全日本モトクロスの初戦を今週末に控え、早くもお尻がモゾモゾしてきた販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は犬バカ話。

今週の日曜、4月6日にLeoの実家に里帰りしてきた。
Leoは岐阜県関市にあるペットショップのオーナーが飼う、雌のラブラドールレトリーバーを親に持つ。

ボクは犬を飼うとき、ペットショップの箱の中に入っている仔を買ってくるのがいやで、親犬と、その飼われている環境を見て兄弟犬の中から選んで譲ってもらうようにしている。
(確かなのかは判らないけど、ペットショップに売られてくる犬たちは、人間で言えば1歳くらいの時に親兄弟から引き離され、箱に隔離されて何週間も過ごすので情緒がよろしくなくなるらしいし、子犬を売って生計を立ててる人の中には非道い環境で犬を生かしているのを現実に目の当たりにしてる経験があるので、家まで押しかけてちゃんと育てられているかどうか見て譲ってもらう)

犬好きが高じて始めたというそのお店は、犬の販売とトリミングが主だけど、とにかく犬に優しく、売られる前の犬も店内にいる仔と遊ばせてもらったりしている。(売られていくほとんどの犬は、オーナーの飼い犬から生まれた子たち)店内は犬が走り回れるように開放されていて、宿泊している犬や、そのオーナーの犬たちがいつも自由に遊んでいる。www.dogsalon-lala.com/main.htm

Img_0725
店の名前にもなってるラブラドールのLALAちゃんが出迎えてくれる。
年に数回Leoを連れて行って成長ぶりを見てもらってるが、今回たまたま犬の服屋さんが来ていたので「ご自由に試着してください」という声に釣られ、まずHalに着せてみた。

Img_0734 黒にピンクがよく似合う。9歳のHalもエロ親父っぽくていいんでない?

Img_0742 と言うわけでLeoにも着せてみた。POPな星柄。でも今イチ。
Img_0751 やっぱりお揃いがいいんでない?ということになってこういう絵面に、、、。

Img_0747 気がつけばLALAちゃんも同じ服を着ていたので3頭仲良くお揃いに、、、。

Img_0767 お揃いの服を着て仲良く遊ぶHalとLALAちゃん。

Img_0760 昨年末に生まれたLeoの兄弟。写真でもわかるようにまだ3ヶ月なのでHalと比べるとめっちゃ小さいし、素直で優しい仔だった。生まれた時の様子はこのURLでhttp://www.dogsalon-lala.com/liliy2008.htm

ほんの30分余りの里帰りだったけどLeoもHalも犬バカ3人家族も大満足で帰ってきましたとさ。

2008/04/09

一難過ぎれば、また一難

こんにちは。昨日は月に一度のGRIT!全体ミーティングで、ケンケンガクガクの議論が飛び交った販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

昨日のブログでバックアップは、一安心と書いたが、今直面しているのはみんなが使っているパソコン。今年に入って頻繁に壊れるようになり、ちょこちょこちょこちょこと修理を繰り返している。

今GRIT!で使っている製作用のMacはWindowsで言えばWindows98の世代にあたるものを、未だに使い続けている。理由は、デザインするのに使うイラストレータというソフトを旧世代のまま使い続けることが必要だったからだ。

MacがWindowsXPに相当するOS,X(オーエス、テン)に移行したとき、広告デザイン業界はそのアウトプット先の印刷業界がOS,Xに対応出来ないという理由で足踏み状態がここ数年続いた。
その状態からは、すでに脱したが、今度は制作する現場で、肝心のイラストレータのソフトが旧世代のイラストレータで作られたものを開こうとすると、デザインが崩れてしまうという現象が起き、ずるずると新世代のイラストレータに切り替えることが出来ずに来てしまったのだ。

これはGRIT!だけの問題でなく、印刷物を取り扱うデザイン事務所は同じ問題を抱えている。さらにGRIT!固有の問題として、ここ6年間で積み上げてきたSUGKIKカタログのデザインは全て旧世代のイラストレータで作られているということだ。もし、今全てのパソコンが壊れ、新しいパソコンに買い換えると、掲載されている商品をチラシなり、看板なりに出力しようとするとデザインが崩れてしまったものをレイアウトし直すという二度手間が必要になる。
(デザインが崩れるというのは、主に文字のレイアウトが変わってしまうということ。ボクらはデザインするときに文字間の隙間を詰めたり、コンマの位置を微妙にずらしたりして、できるだけ見栄え良く、見やすく作るようにしている。その情報が受け継がれないのでぐちゃぐちゃになってしまうのだ。さらに旧世代では問われることの無かったファイルの拡張子問題。ウインドウズユーザーの人にはびっくりだろうけど、今までのMacは拡張子などつけなくても問題無かったのだ)

パソコン本体は16万円で買える。しかしイラストレータのソフトが9万円弱、さらにフォントを買いそろえると数万円かかる。そしてそれを社内で使えるようにセットアップしてもらう費用も必要だ。これを最低でも5台は揃えなければいけない。

う〜〜ん、どこからそのお金を捻出するか?
そして旧世代で作られたデータを作業するのはどうすればいいのか?
バックアップ問題の後に控える大きな問題で、今、頭を悩ませている。

さらに細かくマニアックなことを書くと、せっかく最新のMacに変え最新のイラストレータをインストールしてもイラストレータそのものが最新のMacに、根っこの部分で追いついてなく、動作がもっさり遅いことが判っているので、やかんの蓋が飛びそうなほど頭の中がチンチンしている。現状でも目一杯作業しているのに、その作業が遅くなるのを避けられない「最新ソフト」とはどないやねん!といういら立ちも重ねてあるので或る。
どうするGRIT!
どうするヨシダ。
どうする?みんな。


2008/04/08

バックアップ

こんにちは。愛知県はなんとか入学式まで桜が保ち、今日はヒナタブチョーん家のご子息も無事超セレブな幼稚園にご入園なされたようです、の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日はパソコンのデータバックアップ話。

ここ数年、GRIT!はデータのバックアップに頭を悩ませてきた。
全員で共有するハードディスクはすぐセットアップできるのだが、それをバックアップ取る際に、名前が同じファイルがあったりなんやらかんやらで、共有ハードディスクをバックアップ取るのに人一人1日以上かけて行ってきたりしていた。

しかし昨年暮れ、SUGKIKのモデルであり、ファッション誌にもモデルとして登用され、さらにコンピュータのシステムエンジニアでもあるという超うらやましい男、M君によって、ついに安心してバックアップを取れるシステムを組んでもらった。(個人的にはモトクロスの先輩にもなる)※昨年7月28日のヨシダブログ参照

詳しいことはよくわからないのでうまく説明できないが、常に共有するハードディスクを4台同時に記憶させ、どれかが壊れたとしても残りのハードディスクでデータの保全ができるというもの。Ca390003

さらにGRIT!の社屋が火事で焼けた場合でも最悪な状態は免れるよう、毎月1回4台のうちの一台を家に持ち帰り、保管しておく。これにより、ひと月分は無くなってしまっても、それ以前のものは守ることができるようにできた。

写真は、その「命の綱」とも言えるハードディスク。会社が動き続けていられるのはスタッフのがんばりのおかげに尽きるが、その源になるのが、このデータ。

ボクが広告業界に入ったころはパソコンはおろか、たしかFAXすら無い時代だったし、制作物は「写植」という文字を紙に打ち出したものを糊で台紙に貼り、色の指示も数字の掛け合わせで指示して、試し刷りするまで、どんな調子のものができあがるかわからないという超原始的な時代だった。当然それを保管するのは紙の封筒。
それから1/4世紀が過ぎ、今や会社の全てのデータは手のひらに載る時代になった。

時代の移り変わりはすさまじい。
とにもかくにもデータ保全で頭を悩ますことは無くなったので、改めて感謝してますMくん!




2008/04/07

意志のチカラ

こんにちは。昨日の日曜日は夫婦揃って4時間近く昼寝、というか気絶というか、ここまでの疲れがドッと出てぐっすり休んでしまった販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

土曜日のBAS体制発表会での福留選手の言葉が心に残ったので、今日はその話し。
Img_0682

ライダーウェアに着替えてトークライブで、今年にかける意気込みなどを司会の女性から聞かれてしゃべっていたが、途中の質問で「モトクロスを始めるきっかけはどんなことでした?」と聞かれた時、福留選手の返事が印象的だった。

「ボクは中学まで巨人に入ってプロ野球をやることを決めていました。でもボールを投げすぎて肩を壊し野球は断念せざるをえませんでした」と答えた。

このブログの文章からはその「決めていた」というニュアンスまでは伝えきれない。
でも、それが本当に本気だったことは彼の様子で十分伝わった。

ボクは中学の時はおろか大人になっても、会社を始めた当初でも「将来こうなろう」と決めたことはなかった。ようやく最近「将来」を定めたくらいだ。

「こいつ(福留選手)には負けたな」と、聞いた瞬間思ったが、人間はその意志と意志から導かれる行動で結果が生まれる。もちろん福留選手が肩を壊して野球を断念したように思った通りに行くとは限らない。

しかし、漂流するように人生を過ごすか、未来に対する夢や目標を明確にして生きることができるか結果は大きく違う。

今年、福留選手は日本チャンピオンになることを「決めて」いるはずだ。
そんな彼から学ぶことは一杯あるだろう。

2008/04/06

よしだとしあきご乱行!?

こんにちは。昨日は東京は六本木でモトクロスチーム、BAS2008年度体制披露パーティで、ハメを外し、あいさつもはずしてしまった(予想通り)販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

そのパーティは六本木ヒルズのすぐ近くにある、ナイトクラブで行われ、マスコミの方やBASを支える企業のみなさんなどなど盛況に行われた。

Img_0642 この写真でおどけてバイクをにらみつけポーズを取ってるのが、GRIT!をモトクロスに引き込んだ張本人CARVEC代表浮田氏、www.carvek.jp。その後ろの温厚そうなジェントルマンは、今回のsugkik.net改変を全て行ってくれたSHION代表桑山氏。www.shion-ltd.com

Img_0645 自分のデザインしたバイクを前に満足げなGRIT!チーフデザイナー@ホンダ

Img_0660 左に福留選手、右に富田選手、そしてボクの右にBAS代表吉野氏。

と、ここまではおだやかに凛々しく体制発表会は行われていた。
しかし、キャンギャルが登場し、場内の空気は一変。
Img_0653 両ライダーがキャンギャルとからんでいるのをうらやましく指をくわえていたが
ついに我慢できずImg_0661 「スポンサーさまとも撮ってくれ!」と懇願してこんな満面の笑顔ではしゃいでしまった。

このはじけてしまった自分は、あいさつの内容も頭からすっ飛んでしまい、なんだかよくわからない挨拶をしてしまった。(アガリ症なのでいつものことだけど)

Img_0668 写真は瞳孔開いてカラオケを歌ってるようなボクの挨拶シーン。

今回この体制発表会には娘も連れていった。
今年、中3になる娘と少しでも一緒にいたいので、モトクロスには興味ない娘に、少しでも親しみや楽しい空気や、そしてボクがBASの中でどんな役割を果たしているか少しでも理解して、今シーズン出来る限りレースに同行してもらいたかったからだ。

しかしキャンギャルとはしゃぐ親父の写真を撮り、額に汗しながらしどろもどろに話す父親を見てどう思ったことか、、

ま、そんな吉田家のことはさておき、いよいよ来週末から全日本モトクロスシリーズが開幕する。頑張れ福留!頑張れ富田!全力で応援するぞ〜〜

2008/04/05

BAS2008年度体制披露パーティ

こんにちは。ガソリン狂騒曲も一段落した感のある名古屋の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日はGRIT!が応援するモトクロスチーム、BASさんの2008年度体制発表披露パーティが東京であります。(マスコミやらバイクメーカーの人たちが一杯いらっしゃるみたいです)
10時の新幹線で向かうのですが、何故か「挨拶をしてくれ」と依頼されていて、
今から吐きそうなほど緊張しています(^_^;)

帰ってきたらまた報告します。

では!

2008/04/04

恐るべしグーグルマップ

こんにちは。あっという間に今週も金曜日。明日は応援するモトクロスチームBASの体制発表会が東京であり、スポンサーの一員であるという理由で、なんと参列者の前で挨拶をしなければならないという依頼をされ、今日から下腹部がキュ〜〜ンとなってる小心者な販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

さて今日は皆さんよくご存じの検索サイトの巨人、グーグルの話。

Googletop1 これは一般的なトップ画面http://www.google.co.jp/

ボクはiGoogleというのを使っていて、それをインターネットを立ち上げると表示されるホーム画面に設定している。Igoogle Yahooでも同様なことができるが、自分で使いたいツールを並べて「自分仕様」のトップ画面ができるので便利だ。(一般トップ画面の右上隅にiGoogleと小さく表示してあるので使ったことないひとは試してみてください)

他にもメールサービスや4月1日の「最強スケジュール帳」で紹介したカレンダー機能など使い込んでいけば色々なサービスが無料で利用できる。
とは言うものの普段は自動で更新されるiGoogleのニュース類をチラチラ見たり、やはり検索することで使うことが9割くらい。ところがこないだグーグルマップの「航空写真」というサービスを使ってたまげた。

Mansyon これはボクん家のマンションの写真。赤く丸で囲んであるところが我が家の駐車スペース。

Mansyon2 ちょっと拡大するとマンションの隣の公園が映ってる。ここが毎朝の散歩コース。

このグーグルマップの存在自体は知っていたが、我が家を上から見たのは初めて。
すごい会社だなあ。すごいサービスだなあと改めて実感。

ちょっと今から追いつくのは無理かもしれんけど、こんなおもしろいサービスを提供できる会社になりたいなあとしみじみ思った。

2008/04/03

スイッチ

こんにちは。いよいよ今日、今期のスグキクカタログが刷り上がって来る予定で、ドキドキしている販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。(すぐ見たい!というありがたきお申し出はhappy@grit.co.jpまで送付先と必要部数をご連絡下さい)

今日はココロの動きの話。

ボクだけかもしれないが一旦ココロにスイッチが入ると、それが気が済むまでそれに執着し続ける。
●欲しいモノが出てくると、それを買うまであらゆる情報を探し回って「買う理由」付けを行って買ってしまう。
●本が読みたいモードになると、バカみたいに本を買いまくり四六時中読みまくる
●聞きたい音楽が出来ると耳にタコができるほど同じ音楽を聞きまくる
●同様に「これだ」と思う食べ物ができるとそれを連続して食べ続ける
などなど。

ちなみに今、本は「お勉強モード」にスイッチが入っているので、経営やマーケティングなどの本を読み漁っている。音楽は山下達郎の「ずっと一緒さ」というドラマの主題歌だった歌を聴きまくっている。食べ物は昨年夏、マックフルーリーにハマってかなり太った(>_<)

これは売り買いの側面から見ると「買う側」の話。
逆に販売させる側から考えると、このココロのスイッチをどういれるか、いれさせるかのポイントが解れば販売成功につながる。

ベテランの営業や販売スタッフだと売り込みではなく、お客さんが「買ってもいいな」と思わせる質問や何気ないトークを織り交ぜることで販売につなげることができる。
しかし押しの一手でセールスすると気の弱い人には売り込みできるかもしれないが、それはその場限りの話しであって、大抵の場合失客につながってしまう。

販促ツールを頒布し続けてもココロのスイッチを入れる確率は低いし、潜在的に「車をきれいにしたいな」とか「そろそろオイルを変えなきゃ」と思ってる人に渡ってこそ購買につながるというのが実態。

そこでココロのスイッチを、より高い確率で入れられるようにKIZNAコンタクトカード、略して「きコカ」というツールを作ってみた。
チラシや看板に記載されている情報や料金は一般ユーザーにとっては「よそ事」としてしか目に映らない。それを「我が身の事」と認識してもらうために、見た目はお茶目な名刺の形をとってスタッフが情報や料金を書き込み、さらに販売スタッフの名前を印刷してアイコンタクトしながら渡してもらうというものだ。

実績は無い。

しかしボクが客だったらこれは捨てずに取っておくし、洗車やオイル交換をしたいなと思った時必ず思い出すなという発想で作ってみた。

「販売促進の個人戦。」
アルバイトスタッフでもベテラン並の実績を上げられる必殺ツールとしてこれは活かせるのではないかと睨んでいる。ぜひお試しあれ。

・・・ちなみに・・・3月27日のブログ「便利が招く不便」でスマートフォンというパソコンみたいなケータイを買い換えるのはあきらめたと書いた。。。
Ical4 が、欲しいモノはどうしても欲しいという物欲狂なボクは結局ヤフオクでケータイ本体のみを28000円で落として今週から使い倒している(^_^;)
恐るべしココロのスイッチ!





2008/04/02

桜満開

こんにちは。いよいよホームページもリニューアルし、新たなスタートを切る販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。
ヨシダ家が住むマンションの隣の公園も桜満開!朝の散歩の度に花見を楽しんでいます。Sakura1
寒い地域の方たちは、まだまだ桜の蕾も固いでしょうが、この写真で花見を楽しんでください。Sakura2


ちなみにこのブログにあげてる写真はほとんどケータイのカメラで撮っています。
最近のケータイの性能はすごいですね〜。Sakuara3
ほんの一週間くらいだけしか楽しめませんが、ホントに日本に生まれてよかったなあとしみじみ感じる今日この頃です。

2008/04/01

最強スケジュール帳

こんにちは!今日からsugkik.netがリニューアルしました。突然のお知らせメールが届いた方はびっくりさせてすみません。そんな訳で今日から年度も変わり、ホームページも新しくなり、気持ち新たに頑張る販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

以前書いたこともあるけど今日はスケジュール管理の話。
ボクはappleのMacbookというパソコンに入っているiCalというスケジュール管理ソフトを使っている。気に入っているのは、まず、とにかく見た目がきれいなこと。ひたすら使いやすいこと。スケジュールをフィルター別に分けられるので自分の行動予定が混乱しないこと。

このフィルターを分けられるというのは、強力に自分の行動をきっちり前倒ししながら管理できる。ボクのフィルターは以下の通り。
□社長業務
□GRIT!社内業務
□スタッフ業務
□SUGKIK
□CAFE
□個人活動
□売上/粗利
これらを全部表示するとこうなる。
Ical3
まるで仕事びっしりの超多忙人みたいだ。

しかしこれを□社長業務だけで表示させるとこうなる。
Ical2 スカスカでヒマヒマ社長だ(^_^)

今までスケジュール帳というと人と会ったり、どこかへ行くとか「忘れてはいけない用事」を書き込むことがほとんどだった。
しかしそれは受動的なスケジュールであって、人と会うため、どこかへ行くため、何かを作るための「そのための準備」を何時、どうやって行えばいいかということまで落とし込まないと土壇場になって慌てたり、人の予定に自分の予定を合わせることしかできなくなり、本来目標としていることが結局後回しになって「忙しかったから」という自分への言い訳で終わってしまう。

これはボクが社長業を営んでいるから行う必要があるだけでなく、誰にでもあてはまることだ。例えば主婦が「授業参観に行く」という用事ができる。そうするとその授業参観に着ていく服を何時買いにいけばよいのか?という予定が必要になる。そしてそのためにデパートに行くことになれば、ついでにダンナの実家へ何か贈り物をしようという予定を立てると、嫁姑の関係まで良くなるという循環ができる(う〜〜ん、ちょっと変な例え過ぎたか、、、)

このiCalというスケジュール帳をケータイ電話にシンクロさせているので、いつどこにいてもスケジュール管理が楽々できる。
ちなみに全国95%以上のWindowsユーザーにはこれをお勧め。
Google

検索サイトgoogleの無料で利用できるサービス、グーグルカレンダー。
自分のアカウントを入力すれば、どこのパソコンでもケータイでも見られるので、そういう意味ではMacでしか見られないiCalより便利だと思う。
が、その使い勝手や見た目のきれいさでは、やはりiCalに勝るモノ無しというのが正直な感想。

新年度を迎えた今、皆さんもスケジュール管理方法、一度見直してはいかがですか?