2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« うぃぃ〜〜 | トップページ | スーパーに行ってみた »

2008/03/17

戦慄の洗車不況の原因発生

こんにちは、すっかり春めいた陽気に包まれる名古屋からブログをお届けする販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

昨日のF1は今シーズン終わったときに振り返ると、佐藤琢磨が唯一ポイントゲットできたかもしれなかった壮絶なサバイバルレースだったのに誠に残念なリタイヤだった。

F1を見る前、娘が録画していた「学校へ行こうMAX」という番組をなにげに見ていたら、驚愕のコーナーがあった。

それは男子高校生のかわいい子を選び、化粧バリバリ、女装完璧にして女子高生相手に人気を競うというコーナー。
Koukou2

出てくる子、出てくる子、気持ち悪りぃが、確かにかわいいといえばかわいく出来てる。
「これは世も末だわ」と見てたが、この男の化粧や女装が今の高校生、これから高校生になる中学生、小学生世代にとって、ひょっとしたら「当たり前」になるかもしれない。

まさかと思う人は多いだろうけど、ボクの子供の頃、髪の毛を染めたりする男は全くいなかった。それが今やカラーリングはもちろん、エクステンションとかいう付け髪などでヘアスタイルを演出するようになってる。(ウチの某男子スタッフもやってる)

女装まで行き着くかどうかは疑問だが、少なくともファンデーションや口紅などで化粧することが「身だしなみ」になる可能性は十分ある、と思う。

それが一般化してしまうと、当然化粧品代に出費がかさむし今より服飾代もかかるだろう。それがどんどん進むと結果的に車の洗車市場に影響が現れることは十分予想される。

携帯電話の普及が、音楽やスポーツ関連市場に大きな影響を与えていると言われて久しい。(携帯をいじる若者が増え、音楽やスポーツに対しお金を落とす余力が無くなっているという現象)それが、「男の化粧」「男の女装」などが一般的になる世代が社会人になった時、どういう行動パターンになるか、5年から10年後ぐらいに答えが出ているだろう。

ボクは数年前に丸刈りータになってから、シャンプーすら使わない。固形石けんで頭・顔・体すべて共通して洗うだけでその他にはリンスとか一切不要だ。そんな人間からすると、「学校へ行こうMAX]のコーナーは、アンビリーバボーな世界だが、現実に起きてることはきちんと認めて、それが未来のマーケットにどう影響するかは冷静に見なければいけない。

それにしても、、、恐っ!

« うぃぃ〜〜 | トップページ | スーパーに行ってみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦慄の洗車不況の原因発生:

« うぃぃ〜〜 | トップページ | スーパーに行ってみた »