2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008/03/31

ホームページリニューアル!

こんにちは。ついに3月も最後の1日を迎え、会社的には期末で棚卸しという忙しい日を迎えましたが、肝心のシャチョーは人間ドックに行くというハチャメチャな販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。(本当は3月中旬に人間ドックの予定を入れていたのだけれど、どうしてもその日、肝心な原稿を書かなければならなかったので、時期をずらしたら今日しか空いてなかったため)

今日はこのsugkik.netの話。
年明けからブログ二本だけという企業ホームページとしてはなんとも乏しいコンテンツで過ごしてきましたが、いよいよ明日リニューアルオープンします。Hp
ブログ二本はそのまま残し、新商品紹介のページ、開発部の仕事の足跡紹介ページ、そして前回のカタログから展開し始め、めちゃくちゃ好評なKIZNA(きずな)シリーズ特集のページと、コンテンツを足します。

さらにカフェのブログと、上の写真には載ってないけど「販促探偵団」というタイトルで、世の中のさまざまな販促にフォーカスし、みなさんの商売のヒントになるような特集ページも作ります。

ここまでグリットのホームページはどうあるべきかということがまったく解らず、試行錯誤七転八倒の数年間が過ぎてきました。しかし逆にホームページでしかできないことって何だろうと考え始めたら気が楽になって今回のリニューアルにたどり着けました。

様々なトライアルをし、僕ら自身も楽しめるようなホームページを作っていきます。
どうぞお楽しみに!!

2008/03/30

逆算的思考

こんにちは。今日はヨシダブチョー@奥さんと娘のナホが京都に行ってしまったので犬二頭と取り残されてしまった寂しい日曜日を過ごす販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

昨日のブログで仕事量と業績を上げながら省力化を図る。と書いた。
しかしウチの会社は広告・販促デザインが核となる業務なので、労働集約型というか、とにかく各自が時間と闘いながら納期に向かって日々過ごすという状態が現実。

まわりの仲間であるデザイン事務所もとにかく半徹、徹夜は当たり前、というのが古くからの慣習なので「やむを得ない」という認識が自分の中にもある。

しかししかしいつまで経ってもそのまんまという今の状態から脱却しないと、会社のスケールもチビチビと積み上げることしか出来ないし、働くスタッフも疲弊していくだけで成長できないまま入れ替わっていくだけという事になってしまう。

そこで去年からずーーっと考えていたが、会社の体質を根っこから変えようと、今年からチャレンジすることにした。
目の前の仕事をこなすことに労力を裂き続けると、結果的に今のグリット状態になる。
それを逆算的に考え、予めゴールを設定し、それを実現するためには、今何を行えばいいのかと考えて行動する。
具体的には今回出すカタログのケースで言えば、1月から作り始めて3月末まで這いずり回りながら作っていたものを、次回から7月スタートにして半年がかりで内容もじっくり吟味しながら今まで以上に図抜けたものを作る。そして7月からスタートするために、今のスタッフ全員が「どんなものを作ればお客さんのニーズに合ったものが作れるか」という問いかけを積極的に4月から行っていく。

今年一年で全て変えられるとは思わない。
しかし船頭であるボクが強い意志を持って逆算的思考で、より良いゴールを設定し、それを実現するためには何をすれば良いのかとみんなを導き続ければ必ず道は拓けると思う。

そんな事を考えていたさなかに、本屋で偶然手にした本があった。
Ca390132
ボクが考えていたことを、すごくわかりやすく具体的に書いてある。
早速スタッフ全員分を買い(もちろんAmazonで(^_^)、昨日みんなに渡した。

もっと働きやすい会社、能力が伸ばせる会社、待遇が良くなる会社を目指して今年は逆算的思考でがんばってみる。

2008/03/29

つかの間の休息

こんにちは。今日カタログの色校正(試し刷り)ができあがり、最後の最後の修正も無事終わり、いよいよ本印刷と製本にとりかかる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

カタログ作りが終わったということは、逆に新製品や新企画の対応を準備しなければならないし、今年からはお客さんのフォロー活動を密接に強化しようと考えているのでその仕組み作りも行っている。制作チームや開発部のスタッフはカタログが終わるや否や、待ちかまえている仕事に立ち向かっているのが今週の状況。

そんな多忙な毎日を過ごす中、先日家族三人で回転寿司に行ってきた。
ボクは親父ゆずりのせっかち男で、行列して寿司を食べようとは絶対思わないタイプなので、普段の週末外食で混雑する回転寿司を選ぶことはまず無い。

たまたまその日はポコッと時間が家族3人とも揃ったので「たまには寿司でも食うか」と行ってみた。(親だけでなく娘も毎日塾通いが続く多忙な日常なので平日ゆっくり外食というのは珍しい)
Ca390131

その店は回転寿司でも高品質指向で、味も品揃えも接客もかなりいい。
店は満席が続いていたが、特にがちゃがちゃすることもなく、久しぶりに家族3人でのんびり食べることができた。

ほんの少しの時間だったけど「平穏にご飯食べられるって幸せだな」と、しんみり感じた。
今年はなんとか仕事量も業績もアップさせながら省力化を図り、スタッフ全員とも早く帰られる日を増やしたいと心から思う。

ヨシダ家3人で食べた皿数の新記録。
Ca390130
http://www.atom-corp.co.jp/shop/302/index.html




2008/03/28

ラーメン食べて来ました

こんにちは。みなさん本屋さんでダートスポーツご覧になりましたか?Img_9197_2 としつこくアピールする販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は近所のラーメン屋さんの話。

東海地方のみで展開している「ラーメン福」というところによく行く。
濃厚だけどさっぱりしてる豚骨ラーメンで、もやしが大量に盛られているのが特徴の一つ。
めちゃくちゃ美味いというほどでもないが、かなり美味しいことも事実でグリットスタッフの多くが夜食にちょくちょく食べにいく。

Ramen2 味が美味しいのも特徴だが、ボクが気に入っているのが店の清潔さ。
グリット!の近くに三軒あるけど、どの店に行ってもピカピカに磨き込まれたオープンキッチンで換気扇のフードとか、壁のタイルとかいつも磨き込まれている。
店の造りは硬派な感じで素っ気ないが、この清潔さだけでも美味しさがグレードアップするほど。
メニューもラーメンとチャーシュー麺と餃子とご飯しかないが、いつ行っても繁盛している。

この写真はカタログ制作中に、みんなで食べに行った写真。
疲れ切って食べているので笑顔がない(^_^;)
http://www.nandemo-best10.com/f_restrant-nudle-tokai/
ちなみに上記URLでは東海地方でベスト6位という高評価を得ている。
お近くの人は一度お試しあれ。

Ramen

2008/03/27

便利が招く不便

こんにちは。しつこくて申し訳ありませんが、本屋さんでダートスポーツ見てくれましたか?の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は一般的では無いけれどマニアな人はいっぱいいる「スマートフォン」の話。
Ca390118
この写真のブツは、ミニパソコンみたいなソフトバンクケータイ。ふだんはauを使っているが、吉田ファミリー専用に一回線引いてホワイトプランでたまに親兄弟としゃべり倒している。

元々電子小物大好きヲタクなボクなのでこの機種を選んだ。
普通のケータイと違い、エクセルやワードも普通に使えるし、色々な開発ソフトをインストールしてカスタマイズできる。その「自分だけ仕様」にしていく課程が楽しくてこれを選んだのだけれど、カスタマイズしていくうちに動きがモッサリしてきたり、肝心な時にフリーズしたりすることが頻繁に出てきて、電話以外の用途には使わなくなってしまった。

手のひらに入る大きさでパソコンのような機能を持つ便利、ソフトを自由に入れられる便利が「売り」なのに、ヘビーな使い方をすると逆に不便な状態に陥ってしまう。

これは、このスマートフォンに限らず世の中じゅうで起きてる「便利が招く不便」だ。

何か一つのサービスや商品が開発され、世の中に認められると「次はどんな便利があるの?」とサービスや商品を提供する側が、自縛状態で高機能化しようとする。それが度を過ぎると使い勝手がどんどん悪くなり、結局使いたくないモノになってしまう。

電話しか使わなくなってしまったこのソフトバンクのスマートフォン、結局初期化した。そしてまっさらな状態にして予定表のみソフトをインストールし、他の 機能は一切使わないようにして復活させた。(二日ほど前のブログでケータイを買い換えると書いたけど、店に行ったら機種交換することで7万円ほどかかることが判明したので止めにした)

ボクの場合、予定表とは人と会ったりするスケジュールを書き込むものではなく、新製品や新カタログを出すための半年先、一年先までの 工程計画を日にちに落とし込むことが一番肝心なので、どうしてもパソコンで入力し、それをこのスマートフォンとリンクさせて使う必要があるのだ。

本当ならメール(パソコンと同じもの)もインターネットもでき、地図や辞書も入り、エクセルも使えるし、天気予報やニュースも自動巡回して表示出来る。さらに映画や音楽も入れられるのでバッテリーが続く限り暇つぶしも出来る。機能を高めればそこまで使えるが、そういう使い方は結局不便を招くので、親兄弟と話す電話機能、そして予定表だけしか使わない簡素な状態にすることで返ってすっきり使えるようになった。

自分の会社の商品やサービスも今、便利と不便の境目に来ていると思う。
過剰な機能を削ぎ落とし、どこまでシンプルにモノを提供できるか。
その舵取りを大胆かつ慎重に行わなければならない。

※ちなみに土、日の予定には「検便」と表示してある(笑)
31日に人間ドックなんです、、、。別に「便」つながりって訳ではないけど、、

2008/03/26

散歩

こんにちは。カタログが印刷所に回り、ようやく朝起きる度に下腹部がキュ〜〜ンとなる痛みから解放された販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日は犬話。
ついこないだまでは朝の散歩も結構寒かったが、今はもう桜待ちの陽気になってきた。

ウチのマンションのすぐ横には公園があり、そこが毎朝の散歩場所。
今は7時過ぎに散歩に行くが、それほど人も犬もいないのでリードを離し、自由に遊ばせている。Ca390120

このノーリードで犬を遊ばせるという行為は、県や市の条例違反にはあたるし、一般的にマナー違反にあたる行為だ。

犬が多いときや、子供が遊ぶ日曜日などは当然つないでいる。
しかし、犬を飼うボクからすると、犬はノーリードで遊べるようにしつけしないと返って危険だという気持ちがあるので、フリーにして遊ばせている。
リードをつけていれば、当然飼い主に繋がれているので、繋がれている限りは別に他者に迷惑をかける事は無い。
しかし、なにかのはずみで首輪が外れたり、去年のヨシダブチョー@奥さんのように犬に引っ張られて電柱に激突し、気絶してしまうという不測の事態が起きた場合、犬が自主判断できるようにしつけられていないと道路に飛び出したり、犬とけんかしたりという事態を招きかねない。

Ca390123
木の枝で遊ぶLeo

ウチのHalとLeoは、ノーリードのままで、歩道と車道が分かれている道路では、絶対車道に出ない。他の犬と出会っても友達犬では無い限り「違うよ」「バイバイだよ」というコマンドで近寄らないようにほとんど自主規制できるようになっている。(何故か不思議だけれど同一犬種のゴールデンレトリーバーやラブラドールにはまっしぐらに行ってしまう)

現在の日本では犬は繋いで散歩するものと決まっているが、ヨーロッパのように犬が深く人間との生活に関わる国ではノーリードできちんと生活できるように犬と人との暮らしが確立されているところもある。

Ca390125 写真左上隅っこにHalがのんびり歩いてる。

リードに繋がれたままゼーゼーハーハー思いっきり引っ張りあいしながら散歩したり、他の犬を見るとギャンギャン吠えまくる犬も少なくない。
人と犬と犬同士が仲良く穏やかに過ごせる世の中になって欲しいなと思いながら散歩している。

Ca390119 見上げれば、ついに桜がほころびはじめた。

2008/03/25

Amazon大好き

こんにちは。カタログがついに印刷所へ渡される日が来ました。精神的にはようやくひと息ついたけど、すでに次の仕事がバンバンあるので今週もがんばる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。
昨日のダートスポーツさまさまさま!というブログ見てくれました?良かったら本屋さんでせめて立ち読み、よければご購入ください。

今日はインターネットビジネスの成功モデル、Amazonの話。
www.amazon.co.jp
Amazon2

ボクはこのAmazonをちょくちょく利用している。
買う物は99%本だけど、売っているモノはありとあらゆる範囲のものが売られている。
利用する理由は二つ。

●とにかく買いやすい。
1clickという買い方が出来、事前にクレジットカード情報を登録しておくとホントに1クリックするだけで商品購入が可能なのだ。他の買い物サイトで商品を買うことがあまりないので、よく知らないけど、セキュリティのためにパスワードやIDを毎回請求されるサイトが多く、買い物する前にめんどくさい想いをすることが多く、そのめんどくささがイヤで買わない事が多い。
ボクが知る限り、このAmazonとパソコンメーカーAppleが展開する音楽配信サイトiTune Music Storeは、完全1クリックの超速攻で買い物が完了できる。

●買い物するとき他の商品を自動的にお勧めしてくれる
このAmazonで買い物するとき、自分で本のタイトル名を検索して購入するのが基本だが、「マイストア」というコーナーがあり、そこにはボクが今まで買った商品と同じ傾向の商品紹介が更新され続けている。さらに本を選んで「レジへ進む」というコーナーへ進むと「この本を買った方は他にもこんな本を購入しています」と様々な本を教えてくれる。Amazon3

画面左上に吉田俊明さんへのおすすめ商品というタイトルが見えるだろうか。

本を買うとき(どんな買い物をするときでも同じだけど)、例えば「勉強したい」とか「探偵小説が読みたい」という「動機」がある。そしてある一品を取り上げた時、「この本を買った方は他にもこんな本を購入しています」とその動機をさらに強めたり、欲求を満たしてくれるお勧めをしてくれるとついつい「じゃあ買ってみようかな」「これは買わなければ損だ」という心理になり、ついで買いをしてしまう。

今回買ったのはこの2冊。Book
カタログ作りが終わった今、初心に帰ろうと、中国名言集で心の奥底をしっかりさせるためにお勉強。もう一冊はソフトバンクのケータイが壊れたので買い換えようかなと思い、そのガイドブックを購入。

2008/03/24

ダートスポーツさまさまさま!

こんにちは。今日は目出度いことがあって超上機嫌な販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

超上機嫌の理由はこれ!Img_9197

ダートスポーツというモトクロス専門雑誌に昨年から応援しているモトクロスチームBASの大大大特集が組まれているのだ。上の写真は表紙。みなさんハンドルカバーにご注目!
白地にドッカーンとGRIT!とロゴが目立ちまくってる。
中を開けば18ページから33ページまで16ページに渡って今年IA-1という日本最高峰のクラスで闘う福留選手のライディング講座特集が組まれている。Img_9199
Img_9200 記事的には福留選手にフォーカスされているのだが、どのページを開いてもとにかくGRIT!〜GRIT!〜GRIT!〜GRIT!といたるところにロゴが出まくり千代子(古)状態!Img_9201

ま、これで直接売上が上がるとか上がらないとかの広告効果は置いといて、自分の会社の名前が全国誌でこれだけ露出されるというのは大変ご機嫌麗しいことなのだ。Img_9204

バイクのカラーリングやライダーが着ているジャージは我が社のチーフデザイナー@本田がすべて携わっている。Img_9205

なんとカフェグリット!も名前こそ出ていないものの、カフェ内で撮った写真が掲載されてるし。

さらに個人的にうれしいことに、ボクが撮った、ピット内で整備中の福留選手の写真が小さいながらも掲載されていることもコーフンなのだ(笑)

いずれにしても、これだけ大特集が組まれるほど福留選手が今年IA-1クラスの台風の目である大物選手であることを改めて感じたし、応援しているBASもプライベーターとしては日本有数のチームであることを実感!

Img_9202 4月12日開幕する全日本モトクロス、#952福留選手、#59富田選手に大注目なのだ!
それにしてもダートスポーツさまさまさま、たくさん掲載していただいてありがとうございました。

買いたいもの

こんにちは。いよいよ3月も最終週。カタログも完成に向けゴールがはっきり見えてきましたが、そういえば3月は我が社の期末だったので今期の売上が締めておいくらまんえんかも気になりだした浅はかシャチョーの販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

週の始めですが、今日も脱力系の実生活ネタです。

今一番買いたいもの。
それは靴下。

穴が開いてるものは一足もないけど、なぜかゴム部分がどれもこれもビロビロに伸びてて履くたびに情けない想いをする毎日。

別に高級なものでなくてよくて、4足980円とかのものしか買わないけど、どうやら前回買ったどこかの靴下の品質が良くなかったらしく、全滅状態。家庭内でも当然話題にはなってるが、ついつい買いそびれて数ヶ月経ってしまった。

4月になってひと息ついたら、靴下買いに行こ。
月曜から情けないネタですみません(>_<)

2008/03/23

耳かきイノチ!

こんにちは、休むときは休む。というか疲れ果てて体が動かない(^_^;)販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日はボクが肌身から離せないグッズの紹介。
Mimikaki

ボケボケの写真だけど、ご存じ耳かき。
この耳かきで耳をホジホジするのがいつの間にか癖になっていて、家の引き出し、会社のペン立て、車のサンバイザー、鞄のポケットと至る所に配備してある。

あんまり掻きすぎて去年、耳に炎症が起きしばらく医者通いをしたほど。
この耳かきという行為は、くせになればなるほど掻きたくなる性質のものらしく、やめられない止まらないの耳かき人生になってしまった。

しかし今持っている耳かきはどれも耳を掻くスプーン状の所の造りがあまく、今ひとつ気持ちよくない。どこかいい耳かき売ってるサイト知りませんか?

あ〜〜そういえば、今はもうマイバリカンで丸刈りータなので床屋に行かないけど、床屋で耳かきしてもらうと気持ちよかったなあ〜〜。

2008/03/22

あえぐカフェ

こんにちは、頂上まであと少し、ながら未だ登り切れずの販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

今日はカフェグリット!の話。

先月初旬から売上ががっくり落ち、「これはまずい」と青ざめたものの、後半盛り返し、11月のオープン以来、初の売上80万円超えを果たした2月。

2月を過ぎて暖かくなってくれば客足も伸びるだろうと予測していたものの3月こそぱったりと売上が伸びない。(事実2月は名古屋にしては極寒の日に売上が激減していた)

まずいなあと思うものの、焦ったところで仕方がないし、今日入れて3月は週末あと4日しかない。

4月以降にこんな活動をしようと今仕込んでいる。

1,メニュー改変。ピザなどの新メニューを追加したり、パーティメニューをきちんと提示できるように料金体系と内容をはっきりさせた。パーティ予約が取れると売上がグイッと伸びるのでチラシを作って積極的に店頭配布。

2,ご近所の店へ営業開始。A4三つ折りのパンフレットを印刷してご近所のあらゆる店、美容院、病院、スーパー、クリーニング店、同業の飲食店まで営業に回り、パンフレットを置かせてもらうように頼んでみる。交換条件としてその店のチラシやショップカードなどをカフェグリット側にラックを作って店頭に置き、相互紹介の形を取る。ご近所の店主と仲良くなることで、口コミ効果も期待できるし、パンフレットから新規客獲得に努める。

3,ケータイメルマガ発信開始。オープン以来コツコツと取り続けてきた名取りカードがある程度まとまってきたので、ケータイメルマガを月3〜4回発信。売り込みメールやディスカウントは一切行わず、来店してくれたお客様との心のつながりをつけられるようなメール内容でリピーター固定化に努める。

4,店頭看板にパトライト設置。今のところ昼間のランチは堅調なものの、夜の伸びが足りない。カフェにパトライトとはムードを考えると「?」な感じはするものの、灯台効果は大きいと考えられるので遠方から視認できる高い位置に設置。

月間の売上が100万円をいつ超えるのか?というのが当面の目標。当然新規客とリピーターの増加が命題だ。(おかげさまで客単価は1000円以上ある)そのために極力販促費を使わず、しかも使う販促費が息の長い効果を発揮できるように工夫して4月に活動してみる。

その結果がどう花開くか?
桜には間に合わないが、ゴールデンウィークぐらいには結果が出始めているかもしれない。

特に2と3は、うまく行けばSS業界にも絶対有効だと思うので、きちんと推移を計り、有効な仕組みを作りたい。

2008/03/21

脱稿

こんにちは、カタログ作りがついに最終段階に突入した販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

ボク自身の仕事、カタログ全体の構成を考え、各ページの商品に魂を吹き込む役目は終わりました。後は、最終段階でみんなで検討して「あと一息こうしたほうがより良くなる」という部分を直したり、1000点以上ある商品の間違いチェック、印刷所に入稿するためのデータ整理など細かな部分を繰り返し繰り返し200ページの紙面を仕上げていくのです。

そして一点の漏れなく完璧になってようやく印刷所にデータが渡され、後は出来上がりを待つのみということになります。

ここまで来ると欲目が出てきて「あーすればよかった」「ここが足りない」などいろんなことが頭をかすめます。しかし今のグリット!の全ての力を文字通り振り絞って出来るカタログが今の実力です。

もうすぐゴールを迎えるカタログ作りが新たなスタートになります。
完成したらスタッフみんなには一息ついてもらって、取り上げてしまった休みをきちんと取り直してもらったり、潤いを失った心にみずみずしさを取り戻してもらおうと思います。

しかしボクは「次のステージ」へ向かって、淡々と新たな闘志で向かうのみです。

それにしても、、、
脱稿翌日の今日、早朝7時集合で某企業のプロモーションビデオ撮影の現場監督仕事、、、。
つらい、、、(笑)

2008/03/20

不思議な木曜日

こんにちは。今日は祝日だけれどスタッフ全員休み返上でカタログ作りに出てきてもらってる修羅場な販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

唐突ですが、このsugkik.netがもうじきリニューアルします。
リニューアル日は4月1日。

満を持して大改造というほど大げさなものではありませんが、グリット!からインターネットを通じ、皆さんに提供していくものが多少見えてきたので少しづつリニューアルを繰り返して展開しようという目論見です。

このブログだけという超貧弱コンテンツにした後退リニューアルが今年の1月。
ヨシダブログも毎日書くようにしたのも今年の1月から。

こんなキャラの定まらない、書き散らしブログでもじりじりとアクセス数がおかげさまで伸びつつあり、今は多いときで200アクセスくらいあります。
この多いときというのが不思議で毎週木曜日が一番アクセスが何故か多いのです。
土日が少ないのは当然解る。
月曜日や金曜日が少ないのも仕事してる人が圧倒的多数であろうこのブログだから、理解できる。

しかし何故に毎週木曜日にアクセスが多いのか?
とても不思議な気持ちです。

いずれにしても、もうすぐ、あと10日くらいでブログだけのホームページからは脱却できます。コツコツと楽しいコンテンツ作りにいそしみますので、ぜひお楽しみに!

2008/03/19

こんにちは。せっぱつまってるので今日は短いぞの販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

Sakura 近所の、高級指向うどん屋さんのレジにあった、一足早い桜。

もうすぐ桜の季節がやってきますね!
九州とかはもう咲いてるのかな?

短いけど今日はこれだけ!

2008/03/18

スーパーに行ってみた

こんにちは。カタログ作り最後の9合目を迎えてラストスパートに燃える販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

先日の日曜日、珍しくヨシダブチョー@奥さんと一緒にスーパーに買い物に出かけた。
ボクの家周辺はスーパーが乱立する激戦地だが、彼女がいつも行くスーパーは決まっている。野菜の鮮度や品揃えが並のスーパーより充実しているらしい。

Super 日曜日だったので朝からレジ前は大賑わい。

Reitou1 店の賑わいとは対照的に人が全く寄りついてなかった冷凍食品コーナー。結構根が深い問題であることを身をもって実感。

Rie2 「たまにはすき焼きが食べたい」とリクエストしたら、つつましい生活好きの我が奥さんが「牛バラ肉切り落とし」とか雑な肉を選びそうになったので、頼むからどうせ食べるならすき焼き用の肉にしてと頼んで選んでもらっているところ。(かなり迷って買っていた(笑))

会社仕事を優先させてるので、ヨシダブチョー@奥さんにはあまり手料理を作ってもらう時間を持たせられないのが我が家の実態。もうちょっとがんばって家族団らんの時間が週一日二日増やせたら、料理好き彼女に好きなようにじっくり料理を作らせてあげられたらと思う今日この頃なのでした。

2008/03/17

戦慄の洗車不況の原因発生

こんにちは、すっかり春めいた陽気に包まれる名古屋からブログをお届けする販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

昨日のF1は今シーズン終わったときに振り返ると、佐藤琢磨が唯一ポイントゲットできたかもしれなかった壮絶なサバイバルレースだったのに誠に残念なリタイヤだった。

F1を見る前、娘が録画していた「学校へ行こうMAX」という番組をなにげに見ていたら、驚愕のコーナーがあった。

それは男子高校生のかわいい子を選び、化粧バリバリ、女装完璧にして女子高生相手に人気を競うというコーナー。
Koukou2

出てくる子、出てくる子、気持ち悪りぃが、確かにかわいいといえばかわいく出来てる。
「これは世も末だわ」と見てたが、この男の化粧や女装が今の高校生、これから高校生になる中学生、小学生世代にとって、ひょっとしたら「当たり前」になるかもしれない。

まさかと思う人は多いだろうけど、ボクの子供の頃、髪の毛を染めたりする男は全くいなかった。それが今やカラーリングはもちろん、エクステンションとかいう付け髪などでヘアスタイルを演出するようになってる。(ウチの某男子スタッフもやってる)

女装まで行き着くかどうかは疑問だが、少なくともファンデーションや口紅などで化粧することが「身だしなみ」になる可能性は十分ある、と思う。

それが一般化してしまうと、当然化粧品代に出費がかさむし今より服飾代もかかるだろう。それがどんどん進むと結果的に車の洗車市場に影響が現れることは十分予想される。

携帯電話の普及が、音楽やスポーツ関連市場に大きな影響を与えていると言われて久しい。(携帯をいじる若者が増え、音楽やスポーツに対しお金を落とす余力が無くなっているという現象)それが、「男の化粧」「男の女装」などが一般的になる世代が社会人になった時、どういう行動パターンになるか、5年から10年後ぐらいに答えが出ているだろう。

ボクは数年前に丸刈りータになってから、シャンプーすら使わない。固形石けんで頭・顔・体すべて共通して洗うだけでその他にはリンスとか一切不要だ。そんな人間からすると、「学校へ行こうMAX]のコーナーは、アンビリーバボーな世界だが、現実に起きてることはきちんと認めて、それが未来のマーケットにどう影響するかは冷静に見なければいけない。

それにしても、、、恐っ!

2008/03/16

うぃぃ〜〜

こんにちは、いよいよ3月も後半に突入。カタログ作りが最後の8合目9合目にさしかかる最もシビアな一週間を迎えた販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

先週、出先から会社に戻ったら一階の作業台の上に大量の「うぃぃ〜〜」(もちろん小島よしおではありません。任天堂のゲーム機です)が置いてあった。
Ca390088002

我がヨシダ家は、あまりテレビゲームには熱心ではなく、娘のナホがたま〜にDSで遊んでるくらい。ボクは車のレースゲームにハマった時もあったけど今は昔。まったくやらない。それでもこの「うぃぃ〜〜」が売れまくっている人気機種だということぐらいは知っている。

何故こんなに「うぃぃ〜〜」が置いてあるのか?それはもちろんグリットが販促会社であり、これらはお客さんのイベントの景品に使われるという訳。

会社に入った瞬間にこんな風にドバッと置いてあると思わず「一台くらいいいかな(爆)」という気になったが、所詮3月1日のヨシダブログの通り、我が家には極小テレビしかリビングに無いので使いようもないだろう。

人気商品だった、たまごっちや、DSが品薄だった時は、近所のトイざらすに早朝から並びに行ったりしてこういった景品を確保したりもするのでありました。

2008/03/15

開幕!モータースポーツ

こんにちは、今週もあっという間にぶっ飛んでしまいまいました。販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

さて、興味のある人ない人きっぱり分かれるモータースポーツが、いよいよ今日から全世界的にシーズンインします。

毎戦15億人以上の人がテレビを観ると言われるモータースポーツの最高峰、F1がオーストラリアから、そして日本のモータースポーツで現在最も観客動員数が多いスーパーGTが三重県は鈴鹿サーキットから第一戦が開催されます。

F1の方は、純日本人チーム、スーパーアグリが資金不足でテストは出来ないは、スポンサーは決まらないわで本当に今シーズン参加できるかどうかぎりぎりまでやきもきさせてくれたけど、なんとかイギリスの会社がバックボーンに着いて参戦は可能になりました。

スーパーGTのほうは、今年から日産が車をスカイラインGT-Rに変えたり去年ホンダでチャンピオンを獲った伊藤大輔というドライバーが、トヨタに移籍してしまったりと、こちらも目が離せません。

「おんなじところをグルグル回るテレビ観て何がおもしろいの?」と興味の無い人からは横目で怪しく見られるモータースポーツ。でも一旦入り込んで車やドライバーに感情移入してしまうと楽しいのは間違いない。

誰が、どこのチームが活躍するのか全く予想がつかないけれど、今年もどっぷり観ることになりそうです。。。。がしかし、観るより走るのがもっと楽しいのは絶対間違い無いので、早くサーキットに行って走りたい〜〜〜〜。

カタログ完成したらその日にサーキットまで行ってやる!

2008/03/14

流行ると廃る

こんにちは。お菓子メーカーの陰謀により、クッキーを大量に買い込まされ小遣い激減の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。(買い込まされってのは、いかにも失礼な言い方だけど)

去年だか一昨年だか、ちょっと記憶が定かではないが、近所のスーパーに「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」というネーミングで豆腐が売られていたことに衝撃を感じ、パッと買ったことがある。

会社の中でもちょっと話題になったりシリーズ品を買ってみんなで試食したりしてみた時期がある。それからぱったり買わなくなってしまったが、先日ヨシダブチョー@奥さんが、そのメーカーの新製品?を買ってきた。
Gurasan_2
その名も「グラサンマブ」
マンガのゴルゴ13がかけるようなサングラスの形をしたパッケージで「相変わらずよぉやるなあ」と感心したが、商品自体はなんてことなくパック入りの豆腐を二つ買わせるようになっている仕掛けのものだった。

ネーミングの奇抜さと、商品展開の果てしなさは凄いなと思いホームページをググってみた。
http://otokomae.jp/index.html
Otokomae ホームページも商品以上にエキサイティングだ。(ぜひ見てください)

豆腐という商品を、これだけ「軸」をずらし、エンターテイメント性を持たせることに成功したことは正直凄いと思う。「思わず買ってしまった」人も相当いるだろう。

しかし日常的に使われる食品でこれだけ流行りモノになると、次に来るのは「廃りモノ」になってしまう宿命だ。この会社は当然そんなことは百も承知だろうし、対策もあるのだろう。これから先、この男前豆腐がどんな展開を見せてくれるのか、応援の意味も含めてちょこちょこ食べ続けてみようと思う。(といいつつ、ちょっと甘めな味が、がっしり木綿豆腐大好き男のボクからすると今イチなんだよなあ)

2008/03/13

餃子問題を逆手に取って

こんにちは。毎日下腹部がきゅ〜〜んとなるほど緊張する毎日を送り続ける販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

こないだの日曜日、朝からはりきってさらに原稿を書きまくるかと決意していたものの、カラダも脳みそもまったく稼働せず、ぐったりソファやベッドで寝こけてました。

そんな日曜日の折込チラシ、めったに見ないスーパーのチラシを眺めていたらこんな企画が組まれていた。
Ca390083001

なるほどなあ〜、冷凍餃子が今や全く売れないこの時期、「餃子が食べたい」という潜在意識をうまく汲み取り、手作り餃子に挑戦、と来たかとちょっと感心。

それもただ餃子に使われる具材を並べてハイおしまいではなく、このスーパーからの提案として「春の筍餃子作りレシピ」まで掲載されてる。実際にこれを見て「今夜は手作り餃子ね」と買い物しに行った主婦がどれくらいいたのかちょっと想像はつかない。チラシの作り手のプロ(自称(笑))からすると、チラシ全体の中での面積が少なくインパクトは弱かった。
しかし食品スーパーのチラシはどれだけたくさんの商品を載せるかというのが焦点になるのがセオリーなので、やむを得ないとも言える。

ただ、せっかくこういう具合に冷凍餃子が売れないという逆風を逆手に取って手作り餃子を作ってみようと提案するのであれば、店内の商品配置を「手作り餃子スペシャルコーナー」としてレイアウトしたり、POPや手作りチラシなどで「チラシには書ききれなかった、もっと美味しい餃子作りのポイント」などを置いたりして、主婦をその気にさせるまで徹底しないと中途半端ないわゆる「企画倒れ」になってしまう。

ウチの会社の販促カタログSUGKIKは、商品点数が1000点以上ある。しかしそのツールを使えば効果が上がるかと言えばそうはとてもじゃないけど言い切れない。
消費者の買う気をそそり購入決定に至るまで、どれだけ店からの「本気度」が醸し出されているかが勝負の分かれ目になる。

そして今の時代、これが売りたい!と叫び続けても、それは「ノイズ(騒音)」となって消費者が耳を傾けてくれない。
「これを買うとあなたにこんないいことがある。」と提案することで、瞬間的にバーーーーっと購買に心が傾くのだ。

それはテレビCMは見ないけど、通販場組はついつい見てしまうという現象に凝縮される。

売り込みから提案へ。
手間ひまかかるし、面倒くさいのが本音のところだが、買う側の「買う理由が無ければ買わない」という時代になった今、売り手の手法も変えて行かなければムダな販促費を使うことになってしまう。

ムダな販促費を使わせてしまう販促ツールメーカーでは存在意義が無いので、ウチの会社には未来が無くなる。提案型の販促を、そして本気度をきっちり醸し出す販促をどうグリットからt提案できるのか、、、そこのところが毎日下腹部がきゅ〜〜んとなる悩みどころなのであります。


2008/03/12

思念・想念・執念

こんにちは。今週末はいよいよF1も始まるし、土曜日には格闘技の新イベントDREAMも開催される。(2月15日のヨシダブログ参照)週半ばにして週末が楽しみな販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

あらゆるスポーツや企業、仕事、趣味、人生などなど、なんでもかんでも何をどのように行うかということは、それをする人の決意と行動で決まる。もちろん周辺環境の変化もあるので思い通りに運ぶかどうかの結果は最後までわからない。

8割方うまく行ってても最後に逆転してうまくいかないこともあるし、追い風が吹いて順風満帆ということもある。

しかし何事もうまくできるようにやれる人(場合)と、何をやっても裏目に出る人(場合)がいる。うまくできるようにやれる人(場合)は、成功へのプロセスをきちんと歩み続けた結果だろうし、逆に思いつくままに行動すれば結果が伴わない事が多い。

へっぽこ会社のシャチョーが何を言おうと、ちゃんとした実績も無い青二才が何を言う、ということになる。しかしあえて断言するけどうまくいくかどうかは、思念・想念・執念といった、心の奥底に流れるものがきちんと連続して流れ続け、ひたすらゴールのイメージを追い求める事ができるかどうか、それにこだわり続けられるかどうかの違いだと信じる。

会社を始めていよいよ13年目に今年は突入する。
昔は無かった「寝ても覚めても新しい事・楽しい事探し」の思念・想念・執念が自分の中に脈々と流れ続けている。何年かかろうとも絶対ゴールに行ってやる。ゴールについたらまた新しい事・楽しい事探しを始めるだろう。

一度しか無い人生だから、ボワ〜〜ンと過ごしているのは本当にもったいない。
さあ、がんばるぞぉ!

2008/03/11

5万円ノートパソコン

こんにちは。いよいよ今週はやることだらけで、錯乱寸前の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

カタログ作りと年度末仕事に忙殺される中、先週末ひょこっと5万円ノートパソコンが届いた。http://eeepc.asus.com/jp/

Ca390081 愛機MacBookと比べるとこんな感じ。大きさはちょうどMacBookの半分。
想像以上に剛性感もあるし、動作も鈍くない。
インターネットとメールのやりとりだけなら十分使えそう。

だけど、今はこれをなぶりまわす時間もなく、とりあえず文鎮代わりにしておくしかない。
さらに残念なことにauのデータ通信端末と接続できるようになったら出張の多いヒナタブチョーに取り上げられてしまう運命なのだ。

久しぶりに電機小物好きのボクの心をワクワクさせるものが来たけど、目の前をスルーしていくだけ。。。

いずれにせよ、今年はこういう超低額ノートパソコンが大普及しそうなので、楽しみだぁ。

2008/03/10

好きな事

こんにちは。名古屋はどんどん春めいて暖かい週明けになっています。今週もがんばるぞ〜〜の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

先週も今週も我がグリット制作チームは泊まり込みや徹夜をしながらがんばってくれています。毎日が山場を迎えながら体力の保つ限界まで造り続けています。

なぜそんなにがんばれるのか?とよく聞かれます。

その答えに対しては、きれい事も、裏事情も色々ありますが、
最終的には「好きだから」ということに尽きると思います。

深夜まで働く中、大抵はヒナタブチョーが牽引してますが、みんなハイテンションになり宴会状態でしゃべりまくりながら仕事をしていることもしばしばあります。(あります、とはいうものの最近のボクは体調管理のため深夜までは会社にいないので、その様子はヨシダブチョーから聞いてるのが現実)

文化祭前夜の雰囲気が会社に充満するといえばいいでしょうか。
そこには仕事に対する犠牲者はいません。自らがMacに集中し、自分のイメージする物を造り上げる情熱で自らを突き動かしています。

デザイン好き、モノ造り好き、販促好き、お客さん好きのココロを持っているスタッフたちでグリット!は支えられています。

Ca390079
「会社の備品の引き出し」を勝手にステッカーチューンナップしてしまうお馬鹿スタッフ。

Ca390080 「会社のパソコン」をマイワールドのフィギアで飾り立てる、これまたお馬鹿スタッフ。
普通の会社なら一喝されるようなことだろうけど、シャチョー自らが、こういうことが好きなバカなので、みんな堂々と仕事しながら遊んでる。

2008/03/09

ハイテックC

こんにちは。日曜日にも仕事の原稿を書きまくる、せっぱつまっちゃった状態の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

2月26日のブログで「悪筆御免」というのを書きました。
その悪筆というか原稿を生み出す元になるペンは、自分の中でかなりこだわりがあり、「このペンが無きゃ書けない」というくらい固執してます。

Ca390078
ここ2〜3年はこのハイテックCという水性ボールペン。
一番細いのは0,25ミリという米粒にでも書けそうな細さだけどボクが気に入っているのは0,4ミリ。
●油性と違って書き始めからきっちりインクが出る
●筆圧が低くてもかすれたりしない
●ひたすらインクの出具合が安定していてなめらか
と、いいことづくめの理想的なペン。

ただ、インクの消費量が激しいというか燃費が悪いというか、下手すると一日保たないことがあるほどだ。

幸い、数年前から入れ替え用のリフィルが発売されて中身だけ代えれば済むので多少経済的にはなったが、今年に入ってからすでに10本は優に使っているので、かなりのお布施をパイロットに支払っていることになる。

ただ、このペンで相性が合うのはアスクルから購入しているコピー用紙で、普段取材や打ち合わせで使うスケッチブックになるとぺんてるの水性ペンか、0,9ミリのシャープペンシルを使わないと気が済まない。スケッチブックだと表面が凸凹しているのでハイテックCだと多少ひっかかるし、打ち合わせ中に思いついたアイデアを相手に確認してもらうためには、ある程度の太さが必要だからだ。(スケッチブックはF6というA3サイズより若干大きいバカデカサイズを使って打ち合わせ中その紙一枚にあらゆる事を書き散らすようにしている)

こだわりがあるといっても、100円200円のペンなので大したことはないと思われるかもしれないが、本人にとっては文字通り死活問題くらい大切なことなのだ。なので、家や会社の引き出しの中にはハイテックCの本体数本づつとリフィルが10本くらい常備してある。

神様に書かせてもらっている数多くのアイデアは、この文房具に託されているのです。

2008/03/08

黴びるパン、黴びないパン

こんにちは。ついに今週も土曜日を迎えてしまいました。本当に光速で時間がぶっ飛んでしまいます。目がくらくらする販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

先月の23日にブログアップした「プーフレカンテ」さんから買ってきた食パンが、昨日見たら黴びてました。。
Ca390075

お食事中の方、ごめんなさい。

2週間も経つので黴びるのは当たり前と言えば当たり前。(プーフレカンテの狩野さん、ゴメン!)

しかし、普段スーパーで買い求める食パンは黴びない。恐ろしいほど長期間黴びない。当然保存料や防カビ剤などの添加物が使われているからだ。
どこかのホームページで見たが、今の日本人で、外食やコンビニ中心の食生活を送っていると、年間何と30キロ!!も食品添加物をカラダの中に取り込んでいるらしい。

偽装問題や毒入り餃子など食の安全が取りざたされる昨今だが、30キロもあれこれ添加物を摂取していれば何十年か、何世代後かにとんでもないことが起きるだろう。
一つ一つに含まれる添加物の量や種類は規制されている。(それもどんな基準かは怪しいものだが)しかしそれらを何度も何年も摂取し続けたらどうなるか、誰も知らないか、知ってても公表されていないのが現実だ。

一般市民レベルでは、どう防衛しようと思っても限度がある。
どこかで、黴びるパンのほうが正しいのだ、という社会認識にならないものか。
ボクはもうタップリ数百キロ摂取してしまっているだろうが、これからの子供たちにはそんな食べ物を食べさせ続けたくない。

2008/03/07

お国変われば

こんにちは。3月も第一週を終えようとしていますが、ここへ来てカタログ作りが難航中で、ちょっとあせり気味なものの、持ち前の楽天さで「なんとかなるさ」と開き直り気味でもある販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

先日、会社にボクの姪っ子のカオリが遊びに来てくれた。先月末まで半年間スペインに語学留学してて帰国したのでおみやげを持って会社に遊びに来てくれたのだ。

色々とハプニングはあったらしいが、とても楽しく過ごしてきたみたいだし、半年前よりずいぶんべっぴんさんになって帰ってきたのでいい経験を得られたのだろう。

そんなカオリが選んでくれたおみやげにオリーブの缶詰があった。
Ca390070 こんな感じ。

で、びっくりしたのがその缶詰のふたが、何とアルミホイルの分厚いもので封印されてるだけだったのだ。Ca390072 指で押せばへこむし、尖ったものでも当たれば破れそうだ。
ずいぶん気軽な封印方法だなあと思ったが、かの国ではこれで十分と判断してのことだろう。国が変われば、物の処理や判断基準が大きく変わる。それは国が変わればだけではなく、十人十色の言葉どおり、人が違えば価値観も違う。アタマの中をいつも柔軟にしていなければいけないなあと思いながら、オリーブ好きのボクはあっという間に一缶平らげてしまったのでした。
Ca390076

ちょっと酸味が効いてて、あ〜〜うまかった。カオリ、まだある?(笑)

2008/03/06

破れかぶれ販促!?

こんにちは、昨日とは打って変わり、週の半ばで早くもへばってきた販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

こないだの日曜、モトクロスの撮影に行った後、近所のラーメン屋に行った。
その店はここ10年くらいでよく見かけるようになった巨大看板と数十台の駐車場を完備した大型ラーメン店。開店当初はいつも行列ができていたところだ。

ボク的にはそんなに好みの味では無かったので、一度行ったきりだったが、たまには食べてみるかと入ってみた。

結果的に味はとくに不味くもなく、かといってまた来たいと思う程ではなかった。

が、座ったテーブル近くの壁に貼ってあったPOPにたまげた。
Marugen

「ラーメン食べてテニスしよう」

なんだこの無茶なコラボレート企画は!

実はこのテニススクールには、わが家族3人とも半年近く通っていたところでラーメン屋と我が家とテニススクールは3㎞商圏くらいの輪の中に入っている。

日本毛織という絨毯メーカー(確か)が運営するテニススクールで非常に営業に積極的。近所の店にはかなりの確率で、ポケットティッシュやパンフレットが置いてあるし、ポスティングもよく入ってくる。

しかしラーメン食べてテニスしよう!と来るとは、ちょっと想像出来ない組み合わせだ。

これが成功するかどうかはわからない。
だが、あらゆる手段を考えてチャレンジする試みはすごいと思う。

あなたがもし、社長なら、店長なら、販促担当者なら、こんな具合に近所の他業態の店と、工夫してアイデアを出し合って相互の繁盛につながるようなコラボレートを試してみるのは大きな価値があると思う。

もうすぐしたらウチのカフェグリット!も近所の店回りの営業をしかけ相互紹介をして集客を図ろうと準備中だ。またその経過、結果、エピソードも随時紹介したい。

膝を痛めてしまったので辞めてしまったけど、また行きたいなぁ〜テニス。

2008/03/05

マックのコーヒーは美味いか?

こんにちは、「元気ですかぁーーーーーっ!」と気合いを入れて今日も元気はつらつの販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

マクドナルドのコーヒーが美味くなった、というか今年の春から全店舗でプレミアムコーヒーと銘打って「コンビニなんかでコーヒー買うよりマックにおいでよ」と原田CEO率いる絶好調マックの新戦略が、あちこちのマスコミで紹介されている。
Maccoffee
なにやら、コーヒー道数十年のベテランも引っこ抜いてきて、とにかく美味しいコーヒーを出すんだとがんばっているらしい。。。

という訳で先日マックのコーヒーを飲んでみた。

が、しかし。
「何が変わった?」というのが正直な感想。
Cup
昔の泥水のようなひどい味からはとうの昔に脱却してるが、別に去年までの味と変わった気がしない。これをプレミアムと詠うとはいかがなものか、と思われる。

たぶん、という推測であるが、美味しくなったというより不味いコーヒーを出す店を無くしたと捉えるほうが正確な所だろう。全国数千店のマックで設置してあるコーヒーマシンは店の開店時期により、てんでバラバラだったらしい。中には古〜〜い機械で泥水のようなコーヒーを出していた所が残っていたかもしれない。そんなコーヒーを出す店を根絶し、平準化したと考えるほうが妥当だと思う。100円で出すコーヒーに「美味しい!」というところまでは望めまい。

ちなみに、、、強引に自社宣伝するが我が社の誇るカフェグリット!は、コーヒーの味にはかなりこだわっていて四国は香川県にある「プシプシーナ」というお店から豆を卸してもらっている。
Pussy

この店は登尾さんというキュートな女性が個人で開いている店で「とにかくコーヒーが好きでたまらない」という情熱が昂じて店を出してしまったというこだわりの店だ。わざわざ香川から足を運んでもらい、何種類も飲ませてもらって決めた豆を「グリットコーヒー」という名前で出している。
本来なら手できちんと蒸らしながら出さなくてはいけないが、基本的に二人という絶対的少人数体制で営業しているためコーヒーマシンで今は出している。
それでも飲み口はすっきりクリアだし、後味も舌に妙なえぐみが残らずとても美味しい。

マックに行くならグリット!へ(爆)

プシプシーナさんのホームページ。通販もしているので是非一度お試しを。グリット!の紹介でと名乗ってもらえば熱いコーヒーへの想いと入れ方を教えてもらえると思います。
http://pussy-pussy-na.com/

2008/03/04

修羅場

こんにちは。いよいよ今週〜来週にかけてカタログ作りが山場にさしかかる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

ペンで、のたうちまわるような悪筆で原稿を書くことしかできないヘボ社長、私ヨシダはまだたっぷり睡眠を取らせてもらいながら書き続けています。

ところが、カタログ作りと世の中的に年度末に向かう3月はおかげさまで仕事も多く、スタッフは全員夜を徹しての仕事が続きます。

朝ボクが出社するとこんな感じ。
Hinata
徹夜してマッサージ椅子でわずかな時間だけ仮眠するヒナタブチョー。

Tomita 机に突っ伏すトミタ。

Nebukuro 大型出力機の間に寝袋で眠る、、、誰だろう、、、

とにかく修羅場な状態です。
スタッフの貴重な青春を犠牲にしながら、「お客さんのために」「自分自身の存在意義をかけて」ひたすらがんばってくれています。

ボクがもっと有能な人間ならこんな犠牲を払いながら仕事させることは必要ないでしょう。しかし今登りきって峠を越えないと、せっかく働くみんなのがんばりが中途半端なものになってしまいます。

みんなのがんばりには本当に尊敬します。目頭が熱くなることも頻繁にあります。彼らのがんばりを実らせるためにも、船頭であるボクがしっかり未来を見据えて舵を切らなければなりません。

がんばろうみんな!
ありがとうみんな!

2008/03/03

プロだぁあ〜〜

こんにちは。正月明けたと思ったらあっという間に雛祭りを迎える今日この頃の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

昨日、一昨日と、去年から応援しているモトクロスの日本有数のプライベーター、チームBASの撮影会に行ってきた。3月末に発売されるモトクロス雑誌「ダートスポーツ」に、超大々的に紹介されるため、取材が行われたからだ。雑誌社のライターとともに、バリバリプロのカメラマンもいらっしゃったので、かなり萎縮したものの、せっかくのチャンスなのでボクも張り切って二日で500枚くらいシャッターを切ってきた。

一日目は生憎の雨のため、コース上での撮影は行われず、なんとカフェグリット!で撮影が行われた。01
左がIA1クラスの超プロフェッショナル福留選手、右が去年から応援しているIA2クラスの高校生スーパーライダー富田選手。

そして日曜日、愛知県の足助という山の中にあるコースで福留選手の撮影が行われた。
Dome1

そこで見たリアルプロフェッショナルのスーパーテクニック!!

Ura この写真、まるで転倒寸前みたいでしょ。

ところがジャンプを跳ぶのにできるだけ低くジャンプ台を飛び出し低空ジャンプをした方がスピードを高く保てるらしい。

Yoko2 この写真が反対側から。すんごい勢いでジャンプしていく。

ちなみにぼよ〜んと跳んでもらったりもした。Massugu1
Massugu2 確かにこれだと山なりのボールを投げるように滞空時間が長い。

ボクがBASさんと縁が出来、モトクロスを見たり乗ってみたりしてまだ一年。まったく知識も技術もないのでここで紹介することがどれくらい凄いことか基準が無いので偉そうなことは語れない。
だが福留選手はアメリカでの武者修行を終え、今年日本に帰ってきてシリーズチャンピオンを争うと太鼓判を押されている超大物選手。

だからこの水平横向き飛び出し、滅多なことでは見られないスーパーテクニックなのだ!と思う。

03 モトクロス、チームBASのことはこれからも色々書いていくが、皆さん、機会があればぜひサーキットに来てください。間近で見るとホント凄いですから。

BASさんのホームページhttp://www.bas-2001.com/

2008/03/02

創意工夫せよ

こんにちは。今週も休まず日曜日にブログアップに努める、けなげな販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

先日「やぶや」という居酒屋の販促DMを紹介した。
今日は、そのやぶやと逆に「もうちょっと工夫しないと」という例を挙げる。

その店は名古屋のど真ん中繁華街にあるフランス料理店。

Photo まず、いかにも優しげな封筒。でもポストに入ってても目立たないだろう。

封筒の中には四種類の紙が入っていた。

Photo_2 カラーで印刷された春メニューのチラシ

Photo_3 白黒コピーで作られた個室利用案内のチラシ

Photo_4 一応カラー印刷の文字だけ羅列の春メニューチラシ

3 コピーされたはがき大のコース料理案内。

残念ながら工夫が足りないなあと思う点をいくつかあげる。
●全体が文字だらけで何がいいたいのかさっぱりわからない
●四種の同封物がどれもぺらぺらで質感が無い
●カラーで印刷してあるものの、写真の色が悪かったり、文字の色を変えてあるだけでそそらない。
などなど。

先日の「やぶや」は、アンケートに対するお礼〜店のアピールチラシ〜再来店につながる無料券と、封筒に入っているものがすべて物語になっていてストーリーができていた。

しかしこのフランス料理店のDMはそれぞれ入っているもののテーマが重複していたり、つながらないブツ切り状態の案内が「混在」しているだけで、正直言って訳がわからなかった。

さらに、この店の客単価は8000円以上くらいだ。はがき大のコース料理も価格は7500円。
それがコピーしてあるペラペラの紙で表示してあるだけだ。高価格レンジの店なのに貧相なツールを使って「売りたい」「売りたい」といろいろ入れても反応は極めて悪いだろう。

さらに、話はそれてしまうが、この店にボクは4年くらい前に一度訪れただけで、いわゆる「一見客」にすぎない。その一見客のボクに、この店は4年間、年に数回こうしたDMを送り続けている。無駄な販促経費を使い続けていることになる。

「やぶや」とこのフランス料理店、DMでの好感度としては正反対の結果を生んでいる。
DM販促はうまく使えばレスポンス率も20%近くいく場合もあり有効な戦術だ。しかしそこにはやはり「創意工夫」「お客の立場にたったストーリー作り」がとても大切なことだと思う。

人は誰しも消費する時、その「理由づけ」を必要とする。たとえ100円の商品でも理由はいるし、高級・高額であればあるほど、その理由づけは大きな要素となる。販売促進は、その理由づけを後押ししたり、きっかけとなったりする手法だが、冷静で客観的に仕掛けないと裏目に出ることも多い。このフランス料理店の販促は、軸がぶれ、もったいないことをしているなあと感じた。

明日は我が身。しっかりとしなければ!

2008/03/01

我が家のテレビ

こんにちは。今日は色々あって疲れ果ててる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダです。

以前我が家のテレビの話に少し触れたが、「いったい、どんな奴で見てるの?」と聞かれたので写真公開。ジャ〜〜ン。

Tv

隣のノートパソコンMacBookより画面はかなり小さい。確か8インチ。
今や日本全国探しても家族3人でこんな小さなテレビで番組を見てるのはウチくらいなものだろう。

しかししかし、このテレビが小さいということはとても大きなメリットがいくつもある。
●画面が小さいので三人が寄り添って見ることになり団らんが生まれる(笑)
●持ち運び自由なので食卓で見たり、ソファで見たり自由な角度で見ることが出来る。
●テレビの位置が固定されていないので部屋のレイアウトの自由度が劇的に高い
●さらに、このテレビはワイヤレスかつ防水なので風呂まで持っていって見ることが出来る
などなど「小さいことはいいことだ」の理由はいっぱいある。

時代の流れは大きく薄く精細になる一方のテレビ。しかし考え方を変えれば小さいことのメリットも多い。何でも固定概念にとらわれるな、ということでしょうか。
という訳で今夜も頭をくっつけながら小さいテレビを楽しむヨシダ家なのでしたぁ。