2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« 白熱灯と蛍光灯 | トップページ | おひさしぶり »

2007/10/03

燃料電池

こんにちは、今日もせっせとジムに通い、ブログを書いて仕事してるのかさぼってるのかよくわからんラインにいる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。

燃料電池っていったいどうしちゃったんだろう。
もう今年あたりは一般市場に普及しそうな勢いだったのにいっこうに市販化は進まない。電力会社の意地悪でもあるんだろうか。
燃料電池が普及すれば、まず第一に劇的な変化を遂げるのが掃除機だろう。これがコードレスになれば家中の掃除はずいぶんラクになる。
SSでもコードレスで吸引力の強いモデルがあればずいぶん機動力が増すし、「薄くて背負い型」があれば車内清掃が劇的にラクになるだろう。
続いて期待するのがテレビ。ボク自身は一般のテレビをほとんど見ない人なのだけれど、燃料電池で見られるテレビがあれば、好きな場所で好きな姿勢で見られるから、これも暮らし方を大きく変えるだろう。パソコンは燃料電池で軽くなるならありがたいけど、それ以前に脆弱なハードディスクがパソコンから無くならないことには話にならない。※SSDって記憶装置が普及中だからノートパソコンから数年後にはハードディスクは無くなるはず。
ほかにも昨日話題にあげた間接照明も燃料電池があればコンセントに縛られずに使うのが楽しく使える。あと自転車、ドライヤー、扇風機・クーラー、などなど燃料電池で小型でパーソナルなものが開発されれば、全体で年間数兆円市場が生まれるのは間違いない。もっと電機メーカーがやっきになって規格統一とかコスト低下にチカラを注いでもよさそうなもんだけれど未だ市販品はお目にかかれず。ロボットと一緒で日本が世界をリードできそうな分野なので期待してるからがんばってね。

« 白熱灯と蛍光灯 | トップページ | おひさしぶり »