2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« ゼロカロリー | トップページ | 贖罪の音色 »

2007/10/27

面接

みなさんこんにちは。今日は雨で気分もげんなり気味の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダへようこそ。気分はげんなり気味だが10時11時12時と三連ちゃんで面接があるので気合いも入っている。

面接対象はカフェの調理スタッフ。現在いるメンバーがぼくの商業主義的やり方になじめないという理由で退職してしまうからだ。
ボク自身は、あたまの先からつま先まで「商業主義」(もうけてナンボ)と思ってるし、極力たくさんの人に来店してくれたほうが「ウチのおいしい食事や飲み物」で幸せになってもらえると信じている。
しかし辞めてしまう二人のスタッフは「自分たちの好きなペース」で「ココロと技」と込めて作るのが好きらしい。ほかにも色々あるのだろうけど、残念ながら根っこの部分が違うのでやむを得ない。彼女たちには辞めてからも遊びにおいでとつたえてあるので、自分の気に入る職場で元気いっぱい働いて欲しい。

さてそれで新しい人はどんな人がきてくれるのだろう。面接の時は「入りたい」人と「働いて欲しい」職場側の思いが双方にあるので歩み寄りをしがちだが、さすがに10年もいろいろな人が来て去っていくのを見ていると、面接時には、ウチのわるいところを全て言い切って、それでも「働きたい」と意志を曲げない人を採用するようにしている。
人事のベテランの人なら当たり前のことかもしれないが、設立して10年を過ぎてようやくここまで採用の基準を引き上げることができた。
さあ〜どんな人がくるんだろう。楽しみ楽しみ。

« ゼロカロリー | トップページ | 贖罪の音色 »