2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

ブログ:ココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007/10/29

新しい流れ

こんにちは、瞬きする間もなく瞬間高速的に10月も過ぎ去っていく忙しさの大人気販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。

今年も例のごとくお客様の締め切りに合わせ、どたばたと過ごしてしるが、その底流が大きく変わり始めている。
Img_6233 この夏に入社したGRIT!初の中間管理職のカミヤ氏がその威力を発揮し始めていてくれてるのだ。元々は超超超ビッグな会社のハウスエージェンシーに勤めていたのだが、何を間違えたが、ウチのような超ゲリラな会社に入ってしまったのだ。
最初の一週間くらいはおとなしくしていたが(笑)慣れたら仕事スルスル、しゃべるしゃべる。
会社の仕事の流れが乱れきっていたものが今、徐々に整流されてきているのだ。
会社の中がパニックになるのが少なくなり始めている、とも言える。

正直40歳台の人を雇用するのは勇気が必要だった。
自分も含めてある程度の「型」がすでにできあがっているのでウチの会社に合うかどうかギャンブルだった。

でもこの人のおかげで仕事がうまくいくのはもちろんだが、40歳以上の人を雇用する勇気が不要になった。「はいってみなきゃ、うまくいくかどうかわからん」(笑)なのである

2007/10/28

携帯からの投稿

皆さんこんにちは。携帯から初投稿してみる販促ツールメーカーよしだぶろぐへようこそ。とりあえず試し投稿ですがこれ(ケータイ)で電波のことを気にせず日本中どこからでも投稿できるようになりました

贖罪の音色

みなさんこんにちは、今日は家族イベントもモトクロス観戦もなく非常に穏やかな一日を過ごした販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。
ごろごろと値転がっていると娘がピアノの練習を始めた。
娘は中学に入ってからピアノを習い始めたので大したレパートリーもなく、まだまだ発展途上の真っ最中。しかし彼女の弾く音は常に余裕があり、「ああいい先生に教わっているな」と思う。
ところが彼女がピアノを弾く時いつも贖罪の気持ちが湧いてくる。
それは自分の妹が習っていたころいつも「うるさい!」「へたくそ」と怒鳴ってばかりいたからだ。ボクと妹は6歳年が離れているので受験の時など当たり散らしていた。今思えば「悪いことしたなあ」と娘が弾く度に贖罪感にさいなまれる。(ちょっと大げさだが)
妹よ、今一度ピアノを習う気があるなら塾の受講料くらいは出させていただくので遠慮なく申し出てください。ホントに悪い兄貴だったね。

2007/10/27

面接

みなさんこんにちは。今日は雨で気分もげんなり気味の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダへようこそ。気分はげんなり気味だが10時11時12時と三連ちゃんで面接があるので気合いも入っている。

面接対象はカフェの調理スタッフ。現在いるメンバーがぼくの商業主義的やり方になじめないという理由で退職してしまうからだ。
ボク自身は、あたまの先からつま先まで「商業主義」(もうけてナンボ)と思ってるし、極力たくさんの人に来店してくれたほうが「ウチのおいしい食事や飲み物」で幸せになってもらえると信じている。
しかし辞めてしまう二人のスタッフは「自分たちの好きなペース」で「ココロと技」と込めて作るのが好きらしい。ほかにも色々あるのだろうけど、残念ながら根っこの部分が違うのでやむを得ない。彼女たちには辞めてからも遊びにおいでとつたえてあるので、自分の気に入る職場で元気いっぱい働いて欲しい。

さてそれで新しい人はどんな人がきてくれるのだろう。面接の時は「入りたい」人と「働いて欲しい」職場側の思いが双方にあるので歩み寄りをしがちだが、さすがに10年もいろいろな人が来て去っていくのを見ていると、面接時には、ウチのわるいところを全て言い切って、それでも「働きたい」と意志を曲げない人を採用するようにしている。
人事のベテランの人なら当たり前のことかもしれないが、設立して10年を過ぎてようやくここまで採用の基準を引き上げることができた。
さあ〜どんな人がくるんだろう。楽しみ楽しみ。

2007/10/26

ゼロカロリー

こんにちは、今日の名古屋は雨がしとしと降っていて、沈滞気味の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。
さてダイエット、予定でこの時期10キロくらい痩せてるはずなのに、未だ3キロしか痩せてない根性無しダイエッターです。
今回は運動しながら痩せるという目的でジム通いも始めたのに残念ながら、いくらヒマ人社長でもなかなか定期的に通うのは難しいというのが実態
食事療法のほうは朝晩豆腐の白和えと昼は隣のカフェでマクロビ食をたべているので「ご飯」に関しては問題ありません。
しかし、問題は間食。
チョコとクッキー好きでそれを食べながらでないと脳みそにエネルギーが行き渡らないという悪習慣をどうしても絶つことができません。

そこでせめてもの対策としてペプシNEXというカロリーゼロの飲み物と低カロリーのクッキーを食べるようにしてます。ペプシにかんしては1日1リットルくらい、低カロリークッキーは3〜5袋くらい(1袋100〜130キロカロリー)

なのでもう少し痩せてもよさそうなモンなのに、なかなか体重減りません。
なにか良いダイエット法ご存じのかたはhappy@grit.co.jpまでおしらせください。

2007/10/24

ミーティング

みなさん、こんにちは。今日は1日家でゴロゴロしながら来年の計画を立ててた不埒な経営者の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。

最近社内でミーティングが多い。今日も(10月24日午後6時半)7時からミーティングがある。議題は隣に作ったカフェをどうしていくかというミーティング。
今年の夏前くらいから細かな少人数でのミーティングが増えてきたが、ここへ来てみんなで話し合う機会がグッと増えてきた。しかも主催は社員側の誰かが音頭をとって行うことが多く、ボク抜きのミーティングも非常に多い。

これは会社的にかなり成長している証なのではないだろうかと、期待している。
一つの出来事に対しきちんと意思疎通と問題抽出を行い、業務を行いながらまたミーティングを行いカイゼンに努める。

ミーティングを増やせと指示したことは過去に無いので、スタッフの自発的活動で「ミーティングやらないとうまく仕事が進まない」「ミーティングをやることでよりよい仕事が出来る」ことを体験的に会得し始めているようだ。

その効果は、実際に看板制作や取付が恐ろしく効率的になっていたり、今までよりメリハリのある空気が社内にみなぎっている。総じて言えばみんながそれぞれの部分でプロフェッショナルになりつつあり、プロ同士のミーティングで仕事を進行させていけるようになってきたようだ。

これはとても素晴らしいことだし、これから人数が増えて行く時も「一人前」になる時間が短時間になっていくだろう。
シャチョーイラズの会社になっていくのが楽しみでたまらない

2007/10/23

残念無念

こんにちは、空は秋晴れなのになんとなく暑苦しい社内の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。
暑苦しい原因は20台以上ののパソコンと、3機のコピー機、3台の大型POP出力機、さらにそれをホットラミネートする機械たちがじわじわと発熱し続けるためだ。エアコンを強くすれば寒いし、止めれば熱いし、という不快な季節の変わり目を迎えています。

先週末は、全日本モトクロスの最終戦だったため、長躯宮城県は菅生サーキットまで遠征したのに、思うような結果は手元に引き寄せられず「トッチ残念」という結末で今シーズンを終えました。来年からどのような体制になるかはまだ未定ですが、チームBASを応援することは変わりないので来シーズンに期待です。

さて、赤福問題。
毎日毎日ビックリ仰天するような新事実が出てきますが、もはや若社長では支えきれなくなっているのは明白なので、先代社長か番頭さんたちが出てきて、「正直な所」を洗いざらいぶちまけてきちんと謝り、1ヶ月くらい休んで、新体制でもう一度のれんを出し直すしか無いでしょう。そして各店に一人づつ「説明係」を用意して、どのようにカイゼンしたか、きちんと説明出来る人を配置すべきだろう。

まともに考えればそんなことが考えつく所だが、そのまま放置すればブラックジョーク好きの土産物として、ちびちびは売れてくだろう。伊勢市長や三重県知事がうまそうに食べるパフォーマンスくらいでは通用しないと思うので、TVチャンピオン赤福早食い競争とか、デブヤたちを呼んで「まいう〜〜」と絶叫する番組一本作ることくらいは必要だろう。

あ〜〜、今日は頭がまとまらない。明日はあたまをまき直して、おもしろブログを考えます。

2007/10/20

ええじゃないか

こんにちは、今から仙台は菅生サーキットまで全日本モトクロスに車で向かおうとしている無謀なオタンチン経営者の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。

中部地区ではテレビコマーシャルで深くなじみのある「赤福餅」が日付を不正に偽ったり、冷凍したりかなんかして、とにかく連日地元紙中日新聞はトップ記事として「えらいこっちゃ」として騒いでいる。これが全国に流れているかどうかは知らないが、「不二家の次」であることは間違いない。
若社長が深々と頭を下げているらしいが、当然のごとく、「昭和の負の遺産行動」だろうことは容易に想像がつく。(昨日今日の話ではなく大昔から、ひっそりと行われていた日常業務だったと思う)

不二家とちがって、やばいぞーと思うのが、赤福を販売する店がデパートを筆頭に地下街、ドライブインなどが流通ルートであることだ。つまりこの騒ぎがどれだけの騒ぎになって収まりが付いても、「赤福餅」を置くことそのものが、デパートなり、ドライブインなりののれんに傷が残ってしまうからだ。

不二家の場合は製菓メーカーとしてスーパーに復活する分にはそれほど「乾き菓子」なのでカントリーマアムなどは市民権を取り戻すだろうし、路面チェーン店の不二家は「ご近所」が応援の意味も含めて自家使用してくれることが想像出来る。

しかし赤福の主な使用用途である「土産物」として復活出来るかどうかは、かなり疑問視されるし、上記にあげたデパートやドライブインから閉め出しを喰らう可能性も高い。(乾き菓子ではないだけに、余計に忌避間が強いだろう)

以前このブログで昭和初期を幼年期に過ごした経営者は「ルール無用のなんでもあり」のところがあるのではないか,、と書いたが、たぶん、今回の不祥事も先代あたりの画策ではないかと推察できる。

この問題がどう収拾がつこうと、赤福ファンではないボクにとってはどうでもいい。しかし類似商品を販売している会社や赤福本店のある伊勢市にとってはきつい一撃になるだろう。

えじゃないか♪ えじゃないか♪えじゃないか♪のテレビコマーシャルも、これにておしまいかもしれない。食品産業全体の企業、作り手の皆さん、襟を正しておくなら今のうちですぞ。

2007/10/19

犬まみれ生活

みなさん、こんにちはだんだん「涼しさ」が「寒さ」変わり始めてきた名古屋の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。
今日は我が家の犬バカ話をひとつ。
うちの黒ラブ二頭は完全な室内飼いだ。マンションでも、会社でも入ってはいけない場所は無い。 そんな風に育てているので、寒くなると布団の中に入れてくれとそれぞれが、自分で開発したやり方で布団の中に入りぬくぬくとしながら眠る。
「長男」のハルのほうはボクに腕枕されて眠るか、娘の胸元、ないしは喉、または頭を「枕に」して眠る。娘も娘で、頭や喉に頭を載せられながら平気で眠っている。
それに対し「次男」のレオ(ハルとレオは血縁関係はないので単に家族構成上長男・次男に分けているだけ)は、人間が迎え入れてくれるかどうかなんか、かまっちゃいない。枕元までくると強引に頭からぐいぐいと「おらおらー、レオ様が寝るんじゃー」とばかりに布団にはいってくる。そして十中八九のわりあいで、ボクかヨシダリエの「股間」にはいってくる。
そしてそこからも2パターンあり、へそに向けて股間にあごを載せ「伏せ」の姿勢で寝るパターン。もう一つは股間の間でくるっと丸くなって寝るパターン。これをされるとなんとも情けない気持ちで眠ることになる。人間は仰向けのまま寝返りすらうてず、がにまたに足を開かされ、その足の間で寝る体重30キロの犬、、、、。 こうなってしまったのは、全部ボクが悪い。小さい頃にそんなしぐさがかわいくて許してしまったせいだ。ゴメンね、奥様。
そして悪夢はまだ続きがあって、丸くなって寝るレオは、必ず20分くらいで自分で熱くなって出て行く。その時も強引に出て行くので掛け布団ごとベッドから降りていく(悲)残されるのは掛け布団が無くなって寒さに凍える遮光式土偶のような形で眠る自分たち、、、ということになる。 あ〜〜今年もそんな季節になってきたと布団をはぎとられて季節の移り変わりを感じるヨシダ家なのでした。 今日は書こうとしていたことと全然違うことを書いてしまったが、長くなったのでこれにておしまい!

2007/10/18

アップルのしたたかさ

071018103742
みなさんこんにちは。今日もおだやか日差しの秋晴れの名古屋からお届けする販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。

話題のiPodタッチがボクの手元に来て一週間ほどになる。使い心地は非常によく、音質もiPodナノ(旧型)より高音部の音の抜けが若干良いような気がする。

しかし初代のiPod(40ギガモノクロ液晶)もそうだったが、背面の銀メッキしてあるところが、たったの一週間で傷まるけ(名古屋弁)である。
昨日の夜も眠りに落ちていく前に「なんでこんな傷つく仕様なんだろう」と考えていたが、今朝起きがけ(名古屋弁?)に気がついた。
アップルとしては一度買ったものは傷まるけになって価値が下がったほうが得なのだと理解した。傷がつくことで中古市場が成立しにくくなるだろう。世の中で今ヤフオクなどのネット中古市場がどれだけあるかは知らない。しかしiPodの中古市場は傷つきやすい本体背面であるかどうかで数倍数十倍の規模で変わるだろう。
とにかく新品を売りまくりたいアップルとしては一人の顧客に二台三台と複数所有してほしい。しかし手元にあるiPodを気軽にネット中古市場に流すことができてしまえば、アップルの利益にはならない。
さすがスティーブジョブズおじさん、あんたはえらい!

はなから中古で売ることなんか考えないし、液晶さえ保護されていればいいボクのiPodはご丁寧に背面に自分の名前まで刻んでしまってある。アップルからみれば「おいしい無邪気な客」なのだ。

日本の自動車メーカーも車が売れない売れないと嘆くより、もっと脳天貫く車を出したり日本自動車工業会で中古車は新車と違うナンバーをつけさせられる。とかの法案を通して日本人の見栄っ張りゴコロをくすぐるようなことをしてみたらいいんでないかい、と傷まるけのiPodで音楽を今日も楽しむ販促脳味噌おじさんなのでした。

2007/10/17

プージャー

みなさんこんにちは。秋晴れの名古屋はエアコンいらずの快適陽気ですの販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。
昨日スポーツショップでジャージのパンツを二本買い求めてきた。

粛々とダイエットが進行中の秋冬着としてはどうしてもウエストがゴムで伸び縮みするパンツが必要だったのだ。別にブランドなんかどうだって良かったので、適当にサイズだけ合わせて買ってきた。履いてみて気がついたが裾が絞られていないストレートタイプのジャージを買うのは生まれて初めてだった。(昔のは裾がすぼまっていてジッパーがついていた)ジャージそのものも、高校時代を最後にそれ以来買ってないと思う。
ボクは外出時にチノパンかジーパンか短パンの3種類しか履かない人なのでジャージには縁が無かった。(室内着はスエットのパンツをはいているが最近はほとんどパンツいっちょで歩き回ってる。)

そんなジャージだが、東海地方だけなのか全国的なのか知らないが、ここらの中高生は、やたらにプーマブランドのジャージを着ている。そしてそれを着ているのはほとんど、「ちょっとアウトロー」的不良のにおい漂う子が多い。娘に聞いたら「プージャー」と短縮されて呼ばれているらしい。
幸いなことに娘からは買ってくれという要望は無いので「不良の道には進んでいないな」と胸をなでおろしているが、プージャーを着ている子を見ると少し、というかかなりかわいそうだなあと思う。親がしつけをさぼり、きちんとした社会性を身につけさせず、学校側も正面から向き合わず、ただ無事に卒業していくのを待つばかり。という具合では本人が社会からドロップアウトするのは目に見えているからだ。

プージャー好きの青少年諸君、着るものはなんでもかまわない。ピアスだってタトゥーだって喫煙だって背伸びして体験してみるのはいいだろう。でも学校で「学びつづける習慣」「やり遂げる経験」だけは、なんとか身につけておいで。その二つだけは身につけておけば社会にでてもなんとかなる。

そんなオヤジ臭いことをここで書いても誰一人として学生なんかは読んでいないだろうから意味ないけど、ホント上に書いた習慣と経験だけは積ませてあげたいなと思う。もしよければウチの会社にバイトにおいで(笑)すさまじい経験積ませてあげるから。

2007/10/16

筋肉質

みなさんこんにちは、日に日に涼しくなり寒さすら感じることがちょこちょこでてきました風邪など引かないように注意して下さいねと優しいイントロからはいる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。

最近なんとなくであるが社内の空気や制作しているものの質がグルーンと変わってきた。
もちろん良い方向でだ。顧客であるみなさんが閲覧することが前提のブログでこんな事を書くのは気が引けるが、春先頃はパソコンの画面をひょいとみると「あーそれはまずいでしょ」とか「なんでそのコピーにその色や字体を指定するの」ということがしばしばあった。決して間違えているわけではないのだが「感性の問題」としてプロの領域かどうかのボーダーラインで踏み外してしまっているものもあったのだ。※下手にそこで個別指導に入ると全体のバランスが変わるので納期が間に合わなくなったり、ほかに抱える仕事ができなくなったりするのでエイヤッと目をつぶらざるを得ないことがあった。まことにかたぢけないことです。
それが夏を過ぎ10月に入り、ひょいひょい見てると「いいねえそれ」「そうきたか、おもしろい解釈だねえ」と思えるようになってきた。

みんながんばれ!今の調子で伸びていって月給で50万60万とれるようなデザイナーにまで育て!(最短でも4~5年かかるかもしれないけど、確実に育って良い芽が出てるのは間違いない。)そんな高給取りがぞろぞろいて、筋肉質な会社になれば、GRIT!は確実に「世直し」を担える会社になれるだろう。みんな、がんばろう!

2007/10/15

クライマックスシリーズ?

こんにちは、パソコンのキーボードが壊れたので買い換えたらえらく使いづらくてへこんでいる販促ツールメーカーグリット吉田のブログへようこそ。

ふだんから僕は浮世離れした生活をしているので、知らなかったのも自分の無知さ加減にも驚いたが、
あれですか、えーとクライマックスシリーズというのがセリーグにもいつのまにか導入されているんですな。
パリーグに何年か前に導入されダイエーが毎年のように煮え湯をのまされているのはしっていた。しかしセリーグにも導入されるとは全く寝耳に水だった。目的としてはあれこれ大儀をつけても「増収」というお金にからんだところが最重要視されるのだろうけど、それにしても1年間必死にがんばってきてもこのクライマックスシリーズを導入することで3位のチームが、まんまと日本シリーズに出て日本一を勝ち取るということがあり得ちゃうわけだ。

日本野球の頂点であるプロ野球がそんなことをすれば、(そしてそれがうまく行けば行くほど)アマチュアの社会人や大学、高校生、中学生野球も「そんなうまいはなしがあって少しでもお金が稼げるならありがたい」と屁理屈をつけて社会人クライマックスシリーズとか作っちゃうかもしれない。

どう考えてもリーグ戦をやって順位が確定しているものをひっくり返すようなシリーズは行ってはならないと強く訴えたい。もしそんなことをやるのであれば、いっそのこと12球団を4つに分けて4リーグにして4つのチームで日本一を争うようなことをしたほうがよっぽどいいだろう。

なんども繰り返していうが、今年に限っていえば、阪神や中日は巨人よりへっぽこだった訳であり、そのへっぽこチームがパリーグのへっぽこチーム(かもしれない)と日本一を争っても、全然日本一の価値はないだろう。そんな日本シリーズには価値がないし、今以上に観客離れや視聴率低下による、テレビ放送無しとかになってひどい目にあうのは目に見えている。
コミッショナーさん、悪いことはいわないので、今のやり方は今年限りで止めましょう。

2007/10/14

労働条件

こんにちは、珍しく日曜日に出社して仕事をしている販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。
早い物で、今年もあと二月と少々になってしまった。今日は来年に向けたお休みカレンダーを作っている。

ここでも何度か書いたが、僕ら広告・販促のデザイン業に従事する人は基本的に夜遅くまで働く人々が多い。コソコソしか言えないが12時間15時間労働は当たり前、18時間、20時間、22時間という日も決して少なくない。(ひどいときは36時間以上ということも現実的には無いとは言えない)
ボク自身は、寄る年波に勝てず、今や徹夜なんて絶対できないし、夜も11時くらいまでには「みんなごめんね」とつぶやきながらベッドインしてしまうことも多い。

そんな過酷な労働条件は誰もが幸せになれないし、独身者しか働けないというのが現実としてのハードルとなる。
なんとかならないものかと思案を重ねて来たが、仕事はどうしても締め切り間近になると、チカラづくでやり遂げるしかない。しかし「仕方がない」とあきらめ、若い子たちの生き血を吸うような会社になっても最終的な末路はロクな会社として全うできないのは目に見えてる。

何かいい手はないものかと思案中の昨年、社労士のH先生からの指導で、「長時間労働がしかたないなら、せめて年間休日をきちんと取らせてあげましょう」という指導を頂き、今年からその仕組みを採用している。
現実には年間105日を有給休暇の他に取るようにした(もちろん日・祝日は含めて)
それだけ休みを取ると実質的に、毎月3連休がどこかであったり、お盆や年末年始をたっぷり休んでもらえるようになった。
これで労働時間問題が解決したとは思っていない。しかし休みをきちんと取って出て来るスタッフの顔はやはり元気だし、妻帯者も旅行や実家への顔出しなどもできているようだ。

本音の本音を言えば、広告・販促業界の人間ならば1年365日、頭のスイッチを切ってはならない。いついかなる時でもアンテナを張り巡らせ、よいものに巡り会えば写真やメモをとり、アイデアを考え企画にまで育て、優れたサービスに接したら、それを顧客企業に伝授すべきだ。と思う。そのエネルギーが、並か尋常でないかで、アウトプットされる制作物の優劣が長い年月を経ると大きな差となってでてくる。

しかしそれはあくまでも広告・販促にこの身を捧げんと決意した人に求められるだけであって「会社勤め」をする普通の感覚の持ち主には理解しがたいし、家族や友人が迷惑至極だ。
ボクは今のGRIT!の甘ったるい家族主義的な空気が好きだし、このままの空気で成長してとりあえず年商10億規模の会社に育て上げたいと考えている。そう考えるのであれば、やはり働く人に「人間らしい」環境を整えてあげないと働き続けられないので休みをたっぷりとってもらってメリハリのついた生活を送ってもらいたい。
週末を迎えるスタッフにかける言葉は「良い週末を」と声をかけるようにしている。本当に良い週末を過ごして欲しい。皆さんも「良い週末を!」

2007/10/13

カフェ危うし!

みなさん、こんにちは、あっという間に土曜日を迎え、ちょっとオタオタしてる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。

突然ながらカフェの調理部門にスタッフ2人が今月いっぱいで辞めることになってしまいました。
まだ大々的な告知活動をしていないうちだから傷は浅いと思う反面、「イタタタタ」と頭を悩ませている。一体全体オープン前に念入りにディスカッションを重ねて意志を固めていたあの日々はなんだったのと恨み節を唄いたくなるほどの残念無念。

しかし辞めると決めてしまったココロは翻らないことは、今まで数多くの人々に去られていった経験上容認せざるを得ないので受け入れることにした。

まあそれでも元居酒屋店主のボクがいるし、おしゃれな料理はGRIT!本体のスタッフでカバーしていけばいいので調理スタッフがいなくなるイコール店を閉じると言うことにはならない。
一日でも早く新しいスタッフが決まればいいなあと思う。

そんな訳で飲食店としては珍しい「日曜定休」にして新しいスタッフに任せられるようになるまで、カフェとGRIT!本体は休みを揃える(今までカフェは火曜定休)

3月オープンの積もりが9月に伸び、たった2週間でスタッフに嫌気がさされ、散々なスタートとなったカフェGRIT!だが、これも産みの苦しみととって前向きにがんばろー。

ふ〜〜〜、それにしてもたいへんだあ。Img_7562
写真は今月求人サイトに掲載するデザイナー募集用の写真。本体は今ばっちり足並みそろっているのでそれがせめてもの慰め

2007/10/12

史上最強のミーティング

みなさんこんにちは。秋晴れの空がとても気持ちいいですね、の販促ツールメーカーGRIT!ヨシダブログへようこそ。

昨夜、久しぶりに社内ミーティングを行った。
上半期の数字を振り返っていろいろ分析をおこなったり、カフェをどうやって育てていくかなど過去と現状と未来についてかなり白熱したミーティングになった。

みんなたくましくなったなと思うが、意見を求めると必ずきちんとした自己意見をはっきり出すし、ボクがなにかのテーマの話題を打ち切ろうとすると「ちょっとまった」が平気でかかりボクの意見に反対や修正が加えられる。

みんなそれぞれの立場や経験、年齢を越え、自分の利得は捨てて会社やお客さんのためのディスカッションが続いた。気がついたら11時を大きく回り12時少しまえまでミーティングが続いていた。さすがのボクも、こりゃまずいとあわてて打ち切ったが昨日のミーティングは間違いなく史上最強のミーティングだった。たくましくなってきたね、みんな。心から頼もしく思うよ

2007/10/11

産みの苦しみ

こんにちはみなさん、先週からブログアップのペースが乱れがちでごめんなさいの販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。
実は今、来年2月発行予定のSUGKIK新カタログのコンセプト固めに「うんうん」とうなりながら、必死になって考え中なのである。
おかげさまで、ここまで6年くらい右肩あがりに成長してきてカタログも内容を濃くしながら厚みを増してきた。

どんなカタログにするか?
このコンセプト固めだけは、ボク一人で決めるようにしている。
なぜなら「来年」(つまり未来)顧客であるみなさんが喜んでもらえるようにするために、濁りのない澄んだ心で一心不乱に考えないと「生まれて」こないのだ。柱であるコンセプトさえ決めれば枝や葉になるところはスタッフ全員の意見やSSのみなさんからご意見ご要望を聞きながら制作作業に入っていける。そのときは学園祭をやるときのような必死で大変だけど楽しくてたまらない時間になれる。

そのお祭りの命題を決めるのが今なので今だけは自分一人で我欲を捨て、耳をすまし目線を水平線にもち、あらゆる五感を使って書いては消し、考えてはやめることを繰り返す。そんな訳でヨシダは普段と違い珍しくはたらいているのだなあと思っててください 

2007/10/09

最強ブチョー

こんにちは、モトクロスの広島行きで、ブログアップをお休みしてしまった販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。

今日は我が社の総務部長にしてボクの愛妻であるヨシダリエのことを記す(ま、オノロケですわな)彼女は入社後6年の今日まで数々の伝説を残してきたがそれを敬意をこめて紹介しよう。

●今回の広島行きで往復1600キロ近くあったが、彼女は1570キロくらい給油以外の休憩なしで往復した(その間、ボクは寝っぱなし)それ以前にも千葉行きを一人で運転したりしている

●最近はさすがに減ったが3年くらい前まで、週の半分くらいは徹夜で働き、朝、娘の登校に合わせて一時帰宅し、弁当を作ったり洗濯をしたりしながら仮眠30分くらいで働き続けた。

●今は「丸くなった」と評されるボクだが、彼女の入社当時は半狂乱に怒りまくる絶頂期で彼女にも非常にきつく当たり続けたが、それでも堪え忍んで笑顔を絶やさず働き続けてくれた

●彼女の職務履歴の中には「広告」も「販促」も全く無かったが、今やベテランディレクターとして、仕事を割り振りし、デザインに対しても筋の通った「目利き」として指示・指導を行えるようになった。

●今年「総務部長」の肩書きをつけたが、その役職に恥じぬ堂々たる責務を果たして会社の成長に大きく貢献してくれている

このように会社の中では年々チカラをつけレベルの高い仕事をそつなくこなしてくれているヨシダブチョーだがプライベートでも全く同様にエネルギッシュに妻や母としての役目を果たしている。
日向部長とともにまさに「会社の両輪」として八面六臂の活躍があってこそ今のGRIT!があるし、明日これを読んでくれているあなたが彼女宛に電話をしてくれたら「ホッとする」あたたかさにココロ穏やかに電話ができるだろう。

Imgp1372_2 多芸な彼女はトランペットもなかなかのもの。

Imgp2186 そっくりを通り超えそうなくらいそっくりな三代そろい踏み。

2007/10/06

おひさしぶり

みなさん、こんにちは。木金とブログを休んだら、ずいぶん久しぶりにキーボードに触る気がする販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。

ひさしぶりな気がするのも当然で、月・火・水とあげてたブログは全て先週の日曜日に書いた物で、今週は、それをアップするだけの状態で週を迎えてた訳です。
なんかインチキくさいぞって匂いもしますが、これでも一応社長なので、陰でこそこそ動いてみたり、ついに到着しちゃったiPodタッチをねぶるようにさわりまくったり忙しかった訳です。
(iPodタッチの話はまた今度。ホントすごいマシンだよん)
そんなこんなであっという間に土曜日を迎えた今日は今から広島に向かって車で出発します。向かう先はモトクロスの全日本会場。

厳しく激しいプロの世界で上位入賞とか表彰台なんて普通で考えれば無理に決まっているのに、それでもなおかつ「ひょっとしたら」という気がして応援に行くわけです。
そのひょっとしたらが起きた時、その場にいて時を共にし、歓喜の雄叫びをあげちゃったりしたいなあと思うので、今からちょっくら行ってきます。

まずはとにかく怪我無く無事に走り終えること、なによりそれが一番の願い。
リザルトは周りのライダーの動向があって、それからついてくるものだから自分の走りに徹してがんばって欲しい。

そんなわけでひとっ走り行ってくるので、乞うご期待なのであります。

2007/10/03

燃料電池

こんにちは、今日もせっせとジムに通い、ブログを書いて仕事してるのかさぼってるのかよくわからんラインにいる販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。

燃料電池っていったいどうしちゃったんだろう。
もう今年あたりは一般市場に普及しそうな勢いだったのにいっこうに市販化は進まない。電力会社の意地悪でもあるんだろうか。
燃料電池が普及すれば、まず第一に劇的な変化を遂げるのが掃除機だろう。これがコードレスになれば家中の掃除はずいぶんラクになる。
SSでもコードレスで吸引力の強いモデルがあればずいぶん機動力が増すし、「薄くて背負い型」があれば車内清掃が劇的にラクになるだろう。
続いて期待するのがテレビ。ボク自身は一般のテレビをほとんど見ない人なのだけれど、燃料電池で見られるテレビがあれば、好きな場所で好きな姿勢で見られるから、これも暮らし方を大きく変えるだろう。パソコンは燃料電池で軽くなるならありがたいけど、それ以前に脆弱なハードディスクがパソコンから無くならないことには話にならない。※SSDって記憶装置が普及中だからノートパソコンから数年後にはハードディスクは無くなるはず。
ほかにも昨日話題にあげた間接照明も燃料電池があればコンセントに縛られずに使うのが楽しく使える。あと自転車、ドライヤー、扇風機・クーラー、などなど燃料電池で小型でパーソナルなものが開発されれば、全体で年間数兆円市場が生まれるのは間違いない。もっと電機メーカーがやっきになって規格統一とかコスト低下にチカラを注いでもよさそうなもんだけれど未だ市販品はお目にかかれず。ロボットと一緒で日本が世界をリードできそうな分野なので期待してるからがんばってね。

2007/10/02

白熱灯と蛍光灯

みなさん、こんにちは、今日は電気の話をするのでしびれないようにしてくださいの販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。

我が家の光源は、99%白熱灯を使用している。理由はボクが蛍光灯が嫌いだからだ。蛍光灯のほうが電力が少なくすむし、フラットに照らせるので便利だし視力のためにもいいだろう。しかし蛍光灯にするとムードは無くなり、光と陰のコントラストが無くなるので、ぺたーっとしたように何でも見えてしまう。
日本は蛍光灯大国で、ひたすら「明るさを」求めてきた。しかしボクはムード重視派なので白熱灯をつけてるし、マンションの改装時にスイッチもわざわざ調光機能がある物にしてもらった。

さらに間接照明も部屋の中の光源として重要な位置を占めている。いちいち点けたり消したりはめんどくさいので、タイマースイッチで夜間だけ点灯するようにセットしてある。夜遅い時間や、ふと目覚めてしまったときなどは、暗い明かりで物思いにふけったり、夫婦や親子の会話があったりする。さらに秋冬は、夕方5時頃家に帰っても暗いが、そのタイマー付き間接照明は点いているので、ホッとする気分になれる。※ホームセンターで3000円くらいでタイマースイッチが売られているからぜひお試しあれ
カフェGRIT!も当然ながら調光機能つきの白熱灯にしてある。

今は蛍光灯でも白熱灯と同じ色を出せるものもあるので皆さんの店もゲストルームを一度白熱灯色にしてみたり、間接照明を取り入れてはいかがだろう。ぐっとムードが変わって「なんかいい感じ」になるのは間違いない。

2007/10/01

対決!

みなさんこんにちは、名古屋弁で言うと「あんたらもーひゃぁー下半期になってまったでかんわぁ」の10月1日を迎えた販促ツールメーカーGRIT!ヨシダのブログへようこそ。

さ、て、と。

ワタクシヨシダトシアキは、今日からデブな自分に決別すべく人生4回目か5回目の大幅ダイエットに取り組む所存であります。今朝計った体重は 94キログラム<<マジかよ<俺(恥)
これを12月31日までに70キロまでに落とします。方法はジム通いと食事療法。
はっきり言って今の体重では身重すぎて動きが鈍く、予想される東海大地震の時にも一人だけ机の下に入り損ねて昇天(笑)なんてことにもなりかねません。

スタッフ諸君、あなたたちのしゃちょーは「肥満」という病気になったと思ってください。そして毎日ジムに通うことを病院に行くのと同等にとらえてください。間違っても「しゃちょーだけずるい」などと考えないように。(考えるのはいいけど「しゃちょーが行くなら私も付いていきます」という都合いいときだけ忠実な社員がかなり多いので(笑))

今までのダイエットは食事療法だけで成功させて来ましたが、今回は筋力アップも同時に図りたいのでジムに通うことにしました。
販促ツールメーカーとカフェのしゃちょーをやり、父親と旦那と犬の飼い主の責務を果たし、なおかつモトクロスやスーパー7でのサーキット走行しながらジムにも通うというのは、ちょっとムシがよすぎるので、とりあえずモトクロスは封印します。(おっと、書いてしまったが、ホントに我慢出来るか<自分)
でも、なにか自分に対してタガをはめないといけないと思うので最低限70キロ台になるまで、今一番好きなモトクロスは我慢することにします。


さーーー、書いちゃったぞ、ここに書いたからにはもう後戻りはできない。がんばってダイエットしよ。みなさん応援よろしくね!