« 痛い すぎの | トップページ | 京都2 おーやま »

2017年9月 5日 (火)

おいしいコーンスープの作り方。 水野

まずは牛乳500mlを鍋で温めます。
電子レンジでもいいですが、
この量となるとガスの方が早いでしょう。
 
温まるまでに、とうもろこしを蒸かします。
皮ごとお皿に置き、電子レンジ600Wで5分ほどチンします。
チンできたら根本を包丁で落として、皮をむきます。
 
そろそろ牛乳も沸騰する頃でしょうか。
ここで、この料理の肝が登場します。
 
テレレレッレレー
「コーンスープの素~」
 
インスタントじゃないかと言うツッコミは不要です。
これなくしておいしいコーンスープはできないのです。
 
とうもろこしをフードプロセッサーにかけたり、
缶詰タイプのコーンクリームを使ったりしても、
ここまでおいしいコーンスープはできません。
自信を持ってインスタントを使いましょう。
 
 
牛乳500mlにはコーンスープの素を3袋使用しますが、
面倒臭がってザザッとお鍋に入れてはいけません。
 
ダマが残って子供から
「コーンスープの赤ちゃんが残ってる!」
と、謎のお叱りを受けます。
 
小皿に素を入れて、温めた牛乳を少しずつ注いで
溶きのばすのが良いでしょう。
 
 
溶きのばしたコーンスープの素をお鍋に入れて、
よーくかき混ぜます。
 
いい具合に混ざったら、蒸しておいたとうもろこしを
モギモギしながら鍋に入れます。
 
「とうもろこし ほぐし方」で検索すると
簡単な身のほぐし方が出てきますが、
私はモノグサなので、2列ほど手でブチブチ引きちぎった後、
列ごと押し倒すようにモギモギしています。
 
 
そんなこんなでおいしいコーンスープができました。
 
とうもろこしの旬が終わってしまったので、
とうもろこしの代わりに冷凍コーンを使ってもいいでしょう。
コーンは多ければ多いほど、満足感が高まります。
 
「手を加えない方が美味しい」と言われる私の料理の中でも、
ピカイチに美味しい料理です。
 
 
インスタントじゃないかと言うツッコミは不要です。
(大事なことなので二回言いました)

« 痛い すぎの | トップページ | 京都2 おーやま »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ