« マツコ様とミッツ様/そぶえ | トップページ | デジタルフォトフレーム。 水野 »

2012年3月17日 (土)

バリアフリー

おはようございます。五島@開発部です。

システムを担当させていただく機会が多い私は、
出張の際には、まるで海外旅行者のような大荷物。

そんなときは、地下鉄などいまだ、
バリアフリー施設の導線が
ひどい駅も多々あることを実感させらます。

「バリアフリー」という言葉が日本でも
よく聞かれるようになって10年以上。

「バリア(障壁)」を「フリー(のぞく)」
つまり障壁となるものを取り除き、
生活しやすくすることを意味します。

普段は、あまり使うことがなかったりして、
意識してないことも多いですが、
特に駅などの階段は、高齢者や障害者の方々だけでなく、
ベビーカーで子連れのお母さんたちにとっても大きな障壁。
大抵の場合、エレベーターやエスカレーターが整備されていますが、
案内看板も結構、不親切。
エレベータやエスカレーターまでの導線も悪かったりと
フットワークの悪さに本当に苦労されているのではないかと思います。

SSさんのドライブスルー案内とか病院みたいに
通路に色線をつけるとかしてわかりやすくして欲しいです。

田舎ものの私にとって、東京駅みたいな大きな駅はいまだ迷路。
普段行き慣れていない路線に乗ることになると四苦八苦。

先日の出張の際も散々迷ったあげく、
階段を上っては下りを繰り返し、
カートの荷物に苦労していたところ、
「半分持ちますよ~」と後ろから、天使の声。キレイな女性が二人。
「この駅大変ですよね。私も同じ思いしたからわかるんです」と
と優しく微笑んで、駅のホームまでお付き合いしてくれました。
ほかにも、わざわざ上りきった階段を降りてきてくださった
仕事帰りのサラリーマンの方も長い階段を2往復もさせてすみません。
さりげない親切心がとてもありがたかったです。

どろどろに疲れてましたが、
気持ちはとてもすがすがしい思いでした。
本当にありがとうございました。

子連れでベビーカーで移動するのって想像以上に、
本当に大変だと思います。
かえって迷惑?って思い、声をかけづらいという
最近の風潮もあり、老婆心という言葉もあるけれど、

私もそんなときは、素直に声をかけてあげたいって思います。
心もバリアフリーで!

東京メトロのバリアフリー設置場所
http://www.tokyometro.jp/safety/barrierfree/progress/index.html

« マツコ様とミッツ様/そぶえ | トップページ | デジタルフォトフレーム。 水野 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ